「更年期障害克服記」~4つの禁忌の巻~

公開日: : 最終更新日:2014/04/12 東洋医学で更年期障害の予防と改善

NewImage.png

私はかつて更年期障害の主な症状である「性欲減退」「ホットフラッシュ」に悩んでいた。

当初は出産後から続いていた「性欲減退」から始まり、ほてりのぼせが急激に起こる「ホットフラッシュ」でイライラしていることが多く、旦那との言い争いや子供に強くあたってしまい落ち込む日々。とうとう、長年努めていた会社も上司と喧嘩し辞めてしまった。

気持ちは30代でも身体は着実に老化していることを正面からなかなか受け止めることができない。

恐る恐るネットで調べた病名は「更年期障害」

「まだまだ先の事だし、自分は「更年期障害」で苦しむことなどある訳がない。」と思っていた。

しかし、「更年期障害」と思われる症状で苦しく、誰にも言えない、辛い現実がここにあった。

治療法を調べても、副作用のあるホルモン療法や効果が期待できないサプリメント達。絶望的な気持ちになっていた時に奇跡的に東洋医学(中医学)の権威である「双龍門」第76代掌門(継承者)黄龍英先生に出会い。伝授して頂いた「更年期障害セルフヘルプ」で忌々しい「更年期障害」を克服することを誓った。

4つの禁忌

この「更年期障害セルフヘルプ」はそれぞれの症状に応じて食事・生活習慣・ツボ押し・気功体操で「更年期障害」を改善するので比較的難しくない。むしろ、こんな簡単で良いの?と思うくらいなのである。

しかし、どの症状にも共通する禁忌が4つある。それは、

  1. 砂糖NG
  2. たばこNG
  3. 酒NG
  4. 薬物NG

以上の4つ。たばこ、酒、薬物の3つは個人差があったとしてもまあ何とかなるのではないでしょうか。

(ちなみに私は薬物は元々あまり服用しない。たばこは値上げを機会に約2年程前に辞め、お酒は浴びるほど飲んでいたが結婚後は旦那が飲まないので自然と飲まなくなっていた。)

ただ、「砂糖」だけはスィート系大好き女子には結構キツイ。大好きなダンデライオンのケーキもお別れなのね…

そういえば、子供の頃は甘いものが苦手な子供だったのに、いつの間にかジャンクフード・コーラ好きの旦那の影響で甘党になっていた私。

完全に砂糖中毒だ!

私の「更年期障害克服記」はこの「砂糖断ち」から始まったのであった。

ちなみに甘いものが好きな人や甘いものが体内に多く取りすぎている人に多い症状がこちら↓

うつ病、花粉症、冷え症、喘息、生理痛、各種アレルギー、神経痛、便秘、集中力低下、記憶力低下、ヒステリー、骨粗鬆症、虫歯、てんかん、低血圧、中耳炎、盲腸炎、痔、腎臓病、低血糖症、糖尿病、精神病、膠原病、リウマチ、関節炎、眼病、偏頭痛、肥満、ガン、消化器系異常、ナイトメア(悪夢)、湿疹、昼食後の眠気、不眠症、家庭内暴力、鼻炎、不妊症、肌荒れ、慢性疲労、物忘れ、アルコール中毒、肝臓病、子宮筋腫、月経困難、奇形出産、心臓機能低下、肩こり、貧血、静脈瘤、アルツハイマー、不安障害、帯状疱疹、皮膚炎、自律神経失調症、パニック障害、眩暈、立ちくらみ、夜尿症、水虫、高脂血症、脱毛症、白髪、白内障、耳鳴り、難聴、メニエール病、気管支炎、歯周病、歯槽膿漏、浮腫み、乾燥肌、ニキビ、シミ・ソバカス 等々…

ほとんどでないかーーーーい!!!となりますね。

ちなみに私は「更年期障害」の症状の他、酷い手湿疹で強い塗薬を塗っていたのが、現在ではまったく必要ございません!!はいっ(^-^)/

そして、無理やり母に付き合わされ「砂糖断ち」をさせられた7歳の息子くんの視力とおねしょ(夜尿症)が治りました!!(パチパチパチ)

この「4つの禁忌」が守れない方はこれ以上このブログを読んでも残念ながら、不快な症状からは逃れることはできないでしょう。

みんなでやれば怖くない~♦♫♦・:..。♦♫♦゚¨゚゚・*:..。♦砂糖断ちの仲間達があなたを待っている!↓

【10年若返る】活動の肝臓腎臓強化部

昼も夜もパワフルに活動して、男性にはもちろん、年齢・性別・職業・趣味を超えた”人間にモテる女”を共に目指そう。

参加人数は現在900人超。日々活発な意見交換がされている。

10年若返るには『肝』と『腎』の強化が必須!!強く!美しく!なりたいなら『肝臓腎臓強化部』へ!!!

  肝臓腎臓強化部に

無料動画プレゼント

夜中に子供が急な発熱!その場ではおでこを冷やし、翌日病院で解熱剤をもらってくる・・・なんてことしてませんか?

実は、東洋医学の知識が少しあれば、『スプーン』を使って、しかもたった10分程度で熱を冷ますことが可能なのです。

今すぐ無料メルマガに登録して、動画プレゼントを確認してみてください。

無料動画プレゼントを今すぐ確認する

関連記事

「更年期障害は治るの?」~更年期障害治療法の巻~

「更年期障害は治るの?」~更年期障害治療法の巻~

現在、更年期障害の治療法として、大きく3つの方法(下記参照)が主流となっているが、 wikiちゃん

記事を読む

更年期障害と自律神経失調症の違いって!?

更年期障害と自律神経失調症の違いって!?

更年期障害と自律神経失調症の症状はとても似ており、自律神経失調症はホルモン分泌と密接に関係している。

記事を読む

「西洋医学と東洋医学の違い2」

「更年期障害の治療法」~西洋医学と東洋医学の違い②~

「西洋医学と東洋医学の違い①」で、西洋医学は戦争のための医学であり、その場だけしのげればいい、「さ

記事を読む

「【双龍門流】更年期障害セルフヘルプ」の効果⑥

「【双龍門流】更年期障害セルフヘルプ」の効果⑥

西洋医学的に『更年期障害』は、「閉経(50歳前後)をはさんだ約10年間の女性の多くが、エストロゲン欠

記事を読む

更年期障害・寒型には「玄米」こそすべて!

更年期障害・寒型には「玄米」こそすべて!

更年期障害・寒型のおかず、ゴボウ、ニンジン、カボチャ、つまり根菜であった。 次に寒型の主食、それは何

記事を読む

更年期障害の不快な症状はいつまで続くのか?

更年期障害の不快な症状はいつまで続くのか?

更年期障害の不快な症状は苦しいが病院に行ってもホルモン療法なので副作用が怖い。副作用があるくらいなら

記事を読む

仮想更年期障害例 その2

仮想更年期障害例 その2

今日は昨日に引き続き「仮想更年期障害症例その2」です。 「子供に暴力を振るってしまう50代の母」

記事を読む

「更年期障害が治せる!?」~東洋医学との出会いの巻~

「更年期障害が治せる!?」~東洋医学との出会いの巻~

忌々しい「更年期障害」を撃退する為、私はネットはもちろんのこと、知人・友人に聴きまくった。 返答は

記事を読む

更年期障害セルフヘルプの最終兵器「セルフ漢方」

更年期障害セルフヘルプの最終兵器「セルフ漢方」

東洋医学により、更年期障害を克服する。 こう言って、皆さんがまず初めに思いつくのが「漢方薬」なのでは

記事を読む

敵は更年期障害にあり

「ところで更年期障害って何???」~まずは敵を知るの巻~

多分、「更年期障害」だと判明した。(←ほとんど確定) 認めたくはないけど、このままで良いはずがない

記事を読む

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑