東洋医学「双龍門」とは?

『陰陽五行説』とは?

陰陽論と五行論という中国古代の二つの思想が結び付いたもので、陰陽は物事を陰と陽の二面からとらえる考え方になり、五行論は全ての要素を木・火・土・金・水の五つの要素に分類する考え方です。

中国の一番古い王朝の遺跡にも、亀の甲羅に文字が刻まれ残っている考え方で、中国の基本的な考え方であり、全ての文化の土台となっています。易学・四柱推命などの占いも陰陽五行説から派生しています。十二支も陰陽五行説と関連づけられています。

双龍門とは?

後漢王朝末期に皇帝を守護する役目をもった治療家もしくは侍医によって確立したもので、三人の大師のうち黄家派の流れを組む治療法で、約1,800年の歴史があります。師範代黄龍英先生が第76代目になります。

あん摩やマッサージは大きな面で治療を行いますが、双龍門では陰陽五行説を応用して経穴(けいけつ)(ツボ)を刺激し、より直接的に臓器に働きかけることで、様々な病気を治す事が可能です。

東洋医学とは?

西洋医学が人間の臓器や腕、足などパーツ毎に細かく分析し、部分に特化した治療法であるのに対し、東洋医学は体全体のバランスを調整して病を治療する方法になります。

西洋医学はミクロ、東洋医学はマクロの視点で治療をしていきます。例えば水虫とドライアイを治療する場合、西洋医学では皮膚科と視科に行く必要がありますが、東洋医学ではどちらも『肝』に含まれますので、『肝』のバランスを整える事で一度に治療する事ができます。異病同治(いびょうどうち)といいます。

東洋医学における『肝』とは?

東洋医学では筋肉、神経、筋膜、靭帯、腱、爪、目を含めて『肝』と呼んでいます。また胆のうと密接に連携し、生命活動に従事しています。

『肝』の機能について

血を蓄え、血量を調整します。胆のうと協力し、解毒、分解の機能も備えています。

『肝』を鍛えるとどうなるか

『肝』は判断力、計画性、ストレス耐性などの精神活動に関わり、『胆』は決断、勇気を生みだします。『双龍門気功法』では、『肝』を鍛える事で、『胆』も同時に鍛える事ができます。

『肝』が弱るとどうなるか?

精神:思考活動の低下、ぼんやり、無気力

血液:生理不順、視力障害、手足のしびれ、痙攣、めまい、気逆による吐血筋肉:しびれ感、痙攣、ひきつけ、爪の変形、目:目の充血、目のかすみ、目の乾燥、めまい

疏泄(そせつ):下痢、生理痛、おう吐、情緒不安定感、イライラ、怒りっぽい、抑うつ

胆:食欲減退、腹部膨満感、黄疸(おうだん)

東洋医学における『腎』とは?

東洋医学では腎臓、骨、軟骨、髄(ずい)、脳、すい臓も含めて『腎』と呼んでいます。

『腎』の機能について

精気を蓄え、発育成長、生殖機能、水分の代謝関係を担っています。

『腎』を鍛えるとどうなるか

『腎』は根気、忍耐力、持続力、精力に関わっています。また脳にも関わっているので、思考力の向上、ボケ防止などにも効果があります。

『腎』が弱るとどうなるか?

精:不妊症、発育不良、精液減少、インポ、早漏、冷え性、生理不順、性欲、減衰脳と骨髄:めまい、物忘れ、動作緩慢(どうさかんまん)、倦怠感耳:耳鳴り、大小便の異常

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑