暗殺拳で闘った孫堅の精鋭部隊の肉体鍛錬法

公開日: : 最終更新日:2014/09/07 東洋医学で勃起不全改善!甦れ漢たち

双龍門鍛錬法

東洋医学(中医学)のマスター双龍門第76代伝承者『黄龍英』先生に出会い、内臓(肝・心・脾・肺・腎)の問題を指摘され、東洋医学(中医学)の理論に基づき、体質改善を図ってきた自分。

徹底的な食事制限・管理を行ない、生活習慣の改善、気功も同時に実施。

順調に内臓(肝・心・脾・肺・腎)が回復してきたこともあり、東洋医学(中医学)のマスター双龍門第76代伝承者『黄龍英』先生に、新たな肉体鍛錬法を伝授していただいた。

それが1,800年の歴史を誇る『双龍門』の奥義。

暗殺拳を駆使して戦った孫堅の軍隊が肉体を鍛錬した方法。

その名も

『易筋洗髄経(えっきんせんずいきょう)』

なのである。

暗殺部隊の鍛錬法

まだ武器も少なく、人間の肉体のぶつかり合いで闘いを繰り広げていた戦乱の時代。

時代の覇者となるべく孫家の下で

「治療にもなり、暗殺拳ともなるものを創れ!」

という勅命に従い生まれた『双龍門』。

その中でも孫堅の豹虎騎隊という、エリート暗殺部隊が肉体の鍛錬法に使用していたのが、双龍門鍛錬法の一つ『易筋洗髄経(えっきんせんずいきょう)』。

彼らは『易筋洗髄経(えっきんせんずいきょう)』で肉体を極限まで鍛錬し、『氣』を極めることで、握手をするだけで相手の内臓を破壊できたという。

また防御の姿勢で身体を固め、相手が攻撃し身体に触れた瞬間、『氣』を流し、相手の内臓を攻撃。

攻撃を仕掛けた相手が倒れていく様は、さぞかし異様だったに違いない。

目にした者は、彼らは妖術で人の命を奪うと恐れていたのではないかと、容易に想像がつくのである。

『易筋洗髄経(えっきんせんずいきょう)』とは?

あまりに強大な力(ちから)のため、決して時代の表舞台に上がることなく、密かに伝え続けられてきた『双龍門鍛錬法』。

その鍛錬法の一つ『易筋洗髄経(えっきんせんずいきょう)』を東洋医学(中医学)のマスター双龍門第76代伝承者『黄龍英』先生から、特別に伝授していただいた。

その内容は13式の功法から成り立っている。

  • 韋駄天第一式(手首の鍛錬法)

  • 韋駄天第二式(肩の鍛錬法)

  • 韋駄天第三式(手首・腕・肩の鍛錬法)

  • 換斗摘星(首・肩・腰の鍛錬法)

  • 牽引九牛尾(下半身の鍛錬法)

  • 青龍飛翔(胸・背中・手・腕の鍛錬法)

  • 九鬼抜馬刀(首・肩・腰の鍛錬法)

  • 三盤落地(体幹部・太ももの鍛錬法)

  • 青龍爪牙(腰・下半身の鍛錬法)

  • 白虎撲食(腰・太ももの鍛錬法)

  • 打躬勢(腰・背中・太ももの鍛錬法)

  • 掉尾勢(腰・背中・脊柱各関節の鍛錬法)

  • 準備功および収功

『易筋洗髄経(えっきんせんずいきょう)』の特徴は、すべての動作をゆっくりと行なうことにある。

一つ一つの動作を動かす部位を意識し、全神経を集中させながら、呼吸法とともに実施することで、『氣』を取り込み、全身に無数に存在する『ツボ』を刺激し、内臓(肝・心・脾・肺・腎)を活性化していく。

内臓(肝・心・脾・肺・腎)が活性化することで、『血』が大量に生成できるようになる。

そして『血』が大量に生成できるようになると、生命維持に必要な量を上回り余剰分ができる。

余った『血』は筋肉という形に変えられ、身体に溜められていくことになり、結果、筋肉質になれるということなのである。

また内臓(肝・心・脾・肺・腎)を刺激することで、筋肉だけでなく、腱や靭帯・神経、皮膚、骨、血流も強化されていき、バランスよく健康的で強靭な肉体を創ることができるのだ。

戦乱の時代に密命を遂行するため、暗躍し続けたエリート部隊の鍛錬法。

人並みはずれた運動能力、密命を確実に遂行する精神力。

2つを支えた『双龍門鍛錬法』。

その鍛錬法の一つ『易筋洗髄経(えっきんせんずいきょう)』がついに日の目を浴びることとなったのである。

追伸

あそこをムキムキにしたい場合は【P強化部】に入部していただきたいと思う。

P強化部詳細資料PDF

『P強化部』の詳細資料PDFを確認してみる

なお、活動収益の大部分は、マレーシアジョホールバルに設立された、不妊症、子宮筋腫、生理痛、うつ病、更年期障害、不眠症の研究を行う「東洋医学研究所」の発展のために寄付することになる。

この記事を書いた人

ペニー 大佐
20年間、競技スポーツに携わり、最強の肉体は6つに割れた腹筋だと確信し、筋トレに励む日々。しかし30歳を超えてから、朝立ちがなくなり、夜の営みへの意欲も薄れてきた。

年齢のせいだと思っていた矢先、双龍門第76代掌門(継承者)『黄龍英』先生と出会い、「足の親指の第一関節外側部分にタコのようなものや、皮膚が異様に硬くなっている場合、男性機能が衰えている」という事実を聞かされ、自分の足の親指の第一関節外側部分を確認してみると、見事に両足の親指の第一関節外側部分に立派なタコができていることに気付き、愕然とし、男の自信を失いかける。

しかし、双龍門の秘術による男性機能回復法を『黄龍英』先生に伝授していただき、希望の光を見出すと共に、【P強化部】の立ち上げに参加し、ポコン総帥から大佐の称号を与えられる。

男性機能の衰えという悩みを秘め持つ「同士」と共に、天にそびえ立つ完全体(グレイト・ポコン)を目指し、啓蒙活動と、自己研鑽に励んでいる。

無料動画プレゼント

夜中に子供が急な発熱!その場ではおでこを冷やし、翌日病院で解熱剤をもらってくる・・・なんてことしてませんか?

実は、東洋医学の知識が少しあれば、『スプーン』を使って、しかもたった10分程度で熱を冷ますことが可能なのです。

今すぐ無料メルマガに登録して、動画プレゼントを確認してみてください。

無料動画プレゼントを今すぐ確認する

関連記事

えー!?首の筋肉もねじれるんですか!?

えー!?首の筋肉もねじれるんですか!?

金曜日、自分は会社が終わった後、急いでグランドマスターのいる八王子へ向かった。 八王子に向かった目

記事を読む

ED改善を妨げる白い悪魔とは?

ED改善を妨げる白い悪魔とは?

筋肉が身体につくかつかないかは、生命力強化を目指す我々にとっては死活問題。 そして生命維持という観

記事を読む

ED改善の食事法で体脂肪が激減!?

ED改善の食事法で体脂肪が激減!?

『シックスパック(6つの腹筋)』を具現化させる途中、夢半ばのところで、東洋医学(中医学)のマスター、

記事を読む

ED改善には覚悟が必要

ED改善には覚悟が必要

東洋医学(中医学)のマスター、双龍門第76代継承者『黄龍英』先生に身体を診てもらって以来、東洋医学(

記事を読む

双龍門足反射区健康法実践会に参加してきました

双龍門足反射区健康法実践会に参加してきました

2014年12月13日(土)。 【双龍門足反射区健康法】のイベントのお手伝いで、八王子へ。 少人

記事を読む

イチゴ狩り。以前はあんなに好きだったのに。。。

イチゴ狩り。以前はあんなに好きだったのに。。。

2015年2月7日(土)は朝からイチゴ狩りに駆り出され、群馬県渋川市にある『陽一郎園』というところに

記事を読む

ED改善で最強の肉体になれる理由

ED改善で最強の肉体になれる理由

最強の肉体になりたい。 今でも心の奥底でくすぶり続けている想い。 1,800年の歴史を誇る双龍門

記事を読む

ED改善を東洋医学で行なう理由

ED改善を東洋医学で行なう理由

東洋医学(中医学)の理論の基となっている陰陽五行説。 我々に馴染み深い中国史、『三国志』の時には、

記事を読む

娘が熱を出したので、小児科に行ってみたら。。。

娘が熱を出したので、小児科に行ってみたら。。。

先週、娘の調子が優れず、保育園をお休みしてた。 週末になっても、熱が上がったり下がったりを繰り返し

記事を読む

久しぶりにお酒を飲んだら。。。

久しぶりにお酒を飲んだら。。。

やってしまった。。。 ある週末の土曜日、自分が所属するソフトボールチームの新年会があり、久しぶりに

記事を読む

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑