泡醤油なんてわざわざ選ばないのがモテる男

公開日: : 最終更新日:2014/04/12 東洋医学が生み出した気功体操研究

泡醤油なんてわざわざ選ばないのがモテる男

先日Facebookで”舞妓さんの泡醤油”なる記事を発見。 元々は、舞妓さんの着物を汚さないために開発されたムース状の醤油という俗説があるらしく、今では一般向けにも販売中だそうだ。

こういった”便利な商品を多くの人に届ける”という思想の裏返しはほぼ利益の最大化。”便利”という言葉は、食・栄養に関しては身体にいい影響を与えることはまずない。コンビニ帝国の豪腕により、実際に利益を上げるためにあの手この手が使われている。

モテる男は当然のようにホームーページ先の原材料をチェックすると、予想通りに添加物だらけだ。

澱粉、粉末醤油、卵白粉、デキストリン、食塩、鰹節エキス、小麦繊維、酵母エキス、蛋白加水分解物、昆布エキス、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、酒精などなど。

身体への影響の一部をあげれば、

  • 酵母エキス・・元々は産業廃棄物だった食品の残りカスに含まれる蛋白質に、酸や酵素などを加え人為的にアミノ酸を作り出した調味料
  • 蛋白加水分解物・・タンパク質を塩酸で分解する際に多くの不純物発生。発がん性物質。
  • 調味料(アミノ酸等)・・味覚を狂わせるL-グルタミン酸ナトリウム入り などなど。

こんな化学調味料の物体を「美味しい!!」なんて記事を書ける記者の味覚を思わず心配してしまう。ポジショントークかもしれないけれど。

今では根菜や蕎麦を中心とした粗食に落ち着き、謎の新商品がでても見向きもしなくなったが、もてない男だった頃はこういった新商品がでる度に目新しさのあまり購入し、買ったからには全部使わなきゃと貧乏性も発揮して消費していた。

改めて思えば、”好奇心が強ければ強い程不健康になる”という、とても残念な道を通っていたのだ。

モテる男は日々東洋医学を源流とする『双龍門気功法』で肝臓腎臓を鍛えるが、同時に東洋医学の”医食同源”も意識をしながら食はもちろん調味料にすら万全に気遣い、無駄な物質をなるべく身体に入れないようにしたい。

どんな食生活を送るかという事は、どう生きるか、という事にもつながってくるのだ。

  ムース状になる「泡醤油」はおいしくて跳ねない!
  舞妓さんの泡醤油

この記事を書いた人

青木 四郎
『双龍門気功法』に出会うまでは、天然ボケ、物忘れが多い、遅刻が多い、仕事中も集中力が続かない、事ある毎に上司に注意されうつ気味、夜のスタミナに自信がない、好奇心が薄れ何をしても冷めている・・・と誰が見てももてない男の一員だった。

仕事で失敗しても上司に口ごたえすることもできずに、帰宅後発泡酒とハイボールを飲んでストレス解消しなまけもののような日々を送り、健康診断ではメタボ予備軍と言われダイエットに取り組むものの1週間と続いた試しがなかった。

が、『双龍門気功法』に取り組んでわずか4日後・・・明らかに下半身が今までと違う感覚を覚えた。眠れる獅子が悠久の時を待っていたかのように熱く燃え上がるかのように、仕事でも集中力の違いを感じるように。

現在は、『双龍門気功法』の鍛練を通じ昼も夜も余裕たっぷりにアグレッシブに活動できている実体験を元に、女性はもちろん、年齢、性別、趣味、職業、国籍を超えた「モテる男」の育成のため『モテる男の肝腎気功強化部』を立ち上げ、『双龍門気功法』の伝達に日々努めている。

無料動画プレゼント

夜中に子供が急な発熱!その場ではおでこを冷やし、翌日病院で解熱剤をもらってくる・・・なんてことしてませんか?

実は、東洋医学の知識が少しあれば、『スプーン』を使って、しかもたった10分程度で熱を冷ますことが可能なのです。

今すぐ無料メルマガに登録して、動画プレゼントを確認してみてください。

無料動画プレゼントを今すぐ確認する

関連記事

モテる男は医者と処方箋を混同しないからこそ健康でいられる

モテる男は医者と処方箋を混同しないからこそ健康でいられる

思えば物心ついた時から、たくさんの西洋の病院にお世話になっていた。 風邪をひいたら内科 アレルギ

記事を読む

penny

モチベーションアップって言葉が気にならなくなる程やる気がでる方法

「好奇心とモチベーションに持続力があれば、あらゆる難局は乗り越えられるんじゃなかろうか。」 東洋医

記事を読む

うつ病の彼女がいても手助けするのがモテる男

うつ病の彼女がいても手助けするのがモテる男

約3ヶ月ぶりに同年代の男4人で食事会をした時の事。 太陽光発電や新築住宅の話題で盛り上がり1時間程

記事を読む

モテる男はウコンで肝臓を痛める事はしない

モテる男はウコンで肝臓を痛める事はしない

もてない男だった頃の話。 行き当たりばったりで合コンを繰り返し、2次会を過ぎる頃から何度か記憶を亡

記事を読む

視力回復トレーニングの決定版は『虎の目』

視力回復トレーニングの決定版は『虎の目』

もしかしたら現代は、人類史上もっとも”視力”に悩まされている世代なのかもしれない。 仕事ではデスク

記事を読む

モテる男の条件は太ももがパンパンな事

モテる男の条件は太ももがパンパンな事

突然高千穂に行きたいと言い出したのは、中学からの同級生、近藤君だ。 宮崎にある高千穂は、天照大神や

記事を読む

モテる男はドライブデートでもソフトクリームを選ばない

モテる男はドライブデートでもソフトクリームを選ばない

愛しの彼女との共通の知人、カウボーイハット君が70万円で購入し、未だに元がとれていないと嘆いていたデ

記事を読む

彼女の手料理が無添加なら素直に喜ぶのがモテる男流

彼女の手料理が無添加なら素直に喜ぶのがモテる男流

「やっぱり女の子は料理できた方がいいですか~?」 地元行事の懇親会2次会の席で推定27歳、お触りな

記事を読む

呼吸法の体験はナルカミとフワフワ

呼吸法の体験はナルカミとフワフワ

「なんだか足がフワフワするの。」 秘かにとり行われる気功合宿にむけ、彼女の肝腎のポテンシャルを高め

記事を読む

モテる男はそう簡単にガンにはならない

モテる男はそう簡単にガンにはならない

Facebookのある投稿にふと目がとまった。 「2012年のがん診断は1400万人。2030年に

記事を読む

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑