【男性限定】もしも足の親指の第一関節外側部分が硬かったら!?

公開日: : 最終更新日:2014/08/07 東洋医学で勃起不全改善!甦れ漢たち

【男性限定】もしも足の親指の第一関節外側部分が硬かったら!?

男性のあなた限定のお話。

今すぐ足の親指の第一関節外側(靴に当たる部分)を、そっと手の指でなでるように触っていただきたい。

右足・左足両方の親指第一関節外側(靴が当たる部分)を慎重に触って確認。もし、その部分がつるつるであるならば、今日の話を聞く必要がないので、自分のやるべき事に、集中してほしい。

しかし、もしも親指の第一関節外側にタコのようなものができていたり、皮膚が異様に分厚く固くなっていたら、自分の話を一言一句漏らさず、真剣に聴いていただきたい。

自分の息子が元気を失ったのは年齢のせいではなかった

知人からある日突然宣告された戦士(おとこ)として受け入れがたい事実。まだまだ元気であると思っていた自分の息子(ポコちゃん)が、力(ちから)を失っているというのだ。

その理由。

東洋医学(中医学)のマスター双龍門第76代継承者『黄龍英』先生曰く、

「足の親指の第一関節外側(靴の当たる部分)にタコができていると、先っぽが固くなれないし、起き上がれない。」

と言うのである。

恥を忍んで正直に告白するが、30歳を超えてから、自分の息子(ポコちゃん)が、元気を失ってきた。20代の頃は毎日起きていた現象(朝立ち)が起こらなくなっていた。また20代の頃は、毎晩たぎる想いがあったが、30歳を超えた辺りから急に、意欲が失せるという事が頻繁に起こり始めた。

息子(ポコちゃん)が力(ちから)を失うと、本体である自分自身が自信を失い、やる気を失う。それは年齢のせいと考えていたが、本当は違っていた。

自分は大学生の頃から、足の親指の第一関節外側に、大きなタコができていたのだが、それは運動をしすぎたためにできたと思っていた。

しかし、本当は違っていたようなのだ。

なぜ親指の第一関節外側部分が硬くなるのか?

足の親指の第一関節外側(靴の当たる部分)の皮膚が硬くなってしまう理由。

  • 生まれつきなのか?
  • 運動のしすぎなのか?
  • 靴ずれなのか?

答えはどれも違っていた。

東洋医学(中医学)の理論をもとに、足の親指の第一関節外側部分(靴の当たる部分)が固くなってしまう理由を紐解いていく。少し難しい話になるが、重要な事なので聴いていただきたい。

足の親指には身体のエネルギーが流れる道があり、本流と支流をあわせて、3本の道が存在する。

3本はそれぞれ、肝臓、腎臓、脾臓の3つの臓器から伸びており、これら3つの臓器(肝臓・腎臓・脾臓)が正常に働いていれば、足の親指の第一関節外側表面は、つるつるのままになる。

しかし3つの臓器(肝臓・腎臓・脾臓)の内、どれか一つでも異常が起これば、足の親指の第一関節外側表面が硬く変化してしまう。

肝臓に『血』が不足するとオーバーヒート状態になり炎上し、肝臓から伸びる道の上にある前立腺は熱によって、役に立たなくなる。

腎臓が冷えてしまっても、逆に炎上してしまっても、同じような症状がでる。

腎臓はエネルギー(気)を溜める部分でもあるため、腎臓が冷えたり熱を持ったりすることで、エネルギー(気)が不足し、勃起不全という症状を起こす事になり、配偶者・パートナーを困らせることになるのである。

簡単に言うと、パートナーとの夜の営みの時、全く役に立たなくなるということ。戦士(おとこ)としての価値が失われてしまうということなのだ。

またそれだけでなく、我々にさらなる悲劇となる辛い症状をもたらす危険さえあるのだ。

親指の第一関節外側部分のタコを放置すると

例えば、脾臓がおかしくなると『血』が足りなくなり、鬱(うつ)状態に。

何もやる気が起こらない無気力になってしまえば、当然のことながら、心に抱いた目標は達成することができなくなる。

さらには、前立腺炎、睾丸炎、前立腺ガン、肝臓病、直腸ガンなど、様々な病気の原因になってしまう。

戦士(おとこ)の価値が喪失される上に、病魔に襲われるという、二重苦に苦しめられる事になるのだ。

失い欠けた力(ちから)を取り戻せる

その事実を聞かされたとき、自分の息子(ポコちゃん)どころか、足にも力(ちから)が入らず、足も息子(ポコちゃん)も、ショックで立ち上がることができなくなった・・・。(ガクリ)

しかし、東洋医学(中医学)のマスター双龍門第76代継承者『黄龍英』先生曰く、

「足の親指の第一関節外側部分にタコができたり、皮膚が硬くなってしまっていても、改善する方法がある」

と言うのだ。

・双龍門第76代継承者『黄龍英』先生

東洋医学(中医学)を自由自在に操り、陰陽五行説から派生する四柱推命鑑定を基に、身体の問題を全て洗い出し、西洋医学の世界では難病とされている

  • 癌(ガン)
  • 血小板減少性紫斑病
  • 脳脊髄液減少症
  • 小脳脊髄萎縮変性症
  • 眼の黄斑変性、青班変性、赤班変性
  • 白内障、緑内障
  • 再生不良性貧血、白血病
  • 筋無力症、繊維筋痛症
  • 肝硬変、肝炎
  • 魚鱗鮮
  • パニック障害
  • 精神分裂病(統合失調症)、躁鬱病
  • 喘息
  • ベーチェット病
  • ギランバレー症候群
  • 木村病、橋本病、バセドウ氏病

などの治療を行い完治させている。

WHO(世界保健機関)が認定する国際中医師(TCM)であり、日本では足つぼとして知られている中医足反射区療法の元祖『呉若石神父』の最後の弟子にして、1,800年前、後漢王朝末期に皇帝を守護する役目をもった治療家もしくは侍医によって確立し,三人の大師のうち黄家派の流れを組む治療法である『双龍門』の第76代正統継承者。

その瞬間、自分の目の前に希望の光が差し込むのが見えた気がした。

ポコン総帥の言葉

我々は戦士(おとこ)としての力(ちから)を失いかけている。

これは敗北を意味するのか?

否!

始まりなのだ。

無敵の勢力(精力)をもつ完全体の者たちに比べ、我々の力(ちから)は、30分の1以下にある。

にも関わらず、今日まで闘い抜いてこられたのはなぜか!

我々の闘う目的が人生の生き甲斐そのものだからである!

我らの愛する「相棒」が、死んでいくのを、何もしないで見守っていくだけでよいのか?

否!

我々は真の戦士(おとこ)になるため立ちあがらなければならない。

暗闇から抜け出し、これまで何度も味わい続けて来た「相棒」の力(ちから)不足という屈辱を、怒りの炎に変え、胸に秘め、新たな自分を創り上げるのだ!

天に向かってそびえ立つ、我が「相棒」になってこそ、我々のライフスタイルは輝きを増すのである。

今こそ我々は希望の未来に向かって立たせねばならぬ時!

「ジーク・ポコン!」

ポコン総帥の呼びかけにより、【P強化部】が結成された瞬間である。

双龍門の秘術を『黄龍英』先生が直接指導

足の親指の第一関節外側部分(靴に当たる部分)にタコができていたり、皮膚が異常に硬くなっている我々は、今こそ立ち上がる。

東洋医学(中医学)のマスター双龍門第76代継承者『黄龍英』先生が、双龍門の秘術を駆使し、誰でも「セルフヘルプ」する方法を特別に指導していただいた。

【P強化部セルフヘルプ方法】

  • カチンコチン食事法
  • カチンコチン生活習慣法
  • カチンコチンもみほぐし法
  • カチンコチンツボ押し
  • カチンコチン気功体操

など3時間にわたり、みっちりと直接指導していただいたのだ。

その模様は、プロ映像スタッフにより撮影され、【P強化部】パーフェクトマニュアルとしてまとめられている。

まずは詳細を確認頂きたい。

P強化部詳細資料PDF

『P強化部』の詳細資料PDFを確認してみる

なお、活動収益の大部分は、マレーシアジョホールバルに設立された、不妊症、子宮筋腫、生理痛、うつ病、更年期障害、不眠症の研究を行う「東洋医学研究所」の発展のために寄付することになる。

この記事を書いた人

ペニー 大佐
20年間、競技スポーツに携わり、最強の肉体は6つに割れた腹筋だと確信し、筋トレに励む日々。しかし30歳を超えてから、朝立ちがなくなり、夜の営みへの意欲も薄れてきた。

年齢のせいだと思っていた矢先、双龍門第76代掌門(継承者)『黄龍英』先生と出会い、「足の親指の第一関節外側部分にタコのようなものや、皮膚が異様に硬くなっている場合、男性機能が衰えている」という事実を聞かされ、自分の足の親指の第一関節外側部分を確認してみると、見事に両足の親指の第一関節外側部分に立派なタコができていることに気付き、愕然とし、男の自信を失いかける。

しかし、双龍門の秘術による男性機能回復法を『黄龍英』先生に伝授していただき、希望の光を見出すと共に、【P強化部】の立ち上げに参加し、ポコン総帥から大佐の称号を与えられる。

男性機能の衰えという悩みを秘め持つ「同士」と共に、天にそびえ立つ完全体(グレイト・ポコン)を目指し、啓蒙活動と、自己研鑽に励んでいる。

無料動画プレゼント

夜中に子供が急な発熱!その場ではおでこを冷やし、翌日病院で解熱剤をもらってくる・・・なんてことしてませんか?

実は、東洋医学の知識が少しあれば、『スプーン』を使って、しかもたった10分程度で熱を冷ますことが可能なのです。

今すぐ無料メルマガに登録して、動画プレゼントを確認してみてください。

無料動画プレゼントを今すぐ確認する

関連記事

玄米は筋肉を動かすために必要な栄養素の宝庫

玄米は筋肉を動かすために必要な栄養素の宝庫

先日、Facebook経由で自分に質問をいただいた。 内容は玄米食について。 自分は寒型なので、

記事を読む

東洋医学の秘密のツボを刺激してP強化する

東洋医学の秘密のツボを刺激してP強化する

東洋医学(中医学)のマスター、双龍門第76代継承者『黄龍英』先生直伝息子(ポコちゃん)化の秘術。

記事を読む

ED改善5つの戦術とは?

ED改善5つの戦術とは?

性豪軍に勝つために、我々が東洋医学(中医学)のマスター、双龍門第76代継承者『黄龍英』先生に授けられ

記事を読む

東洋医学(中医学)が世界から注目されている理由とは?

東洋医学(中医学)が世界から注目されている理由とは?

東洋医学(中医学)の理論の基となっている陰陽五行説。 我々に馴染み深い中国史、『三国志』の時には、

記事を読む

筋肉の『ねじれ』は顔のゆがみにつながる

筋肉の『ねじれ』は顔のゆがみにつながる

今回の筋肉調整では、本当に多くの学びをいただいた。 今回も初めて体験する『ねじれ』が多かった。

記事を読む

ED改善食で痩せすぎてしまった場合の対応策とは?

ED改善食で痩せすぎてしまった場合の対応策とは?

東洋医学(中医学)のマスター、双龍門第76代継承者『黄龍英』先生に、身体を診ていただいてから、1ヶ月

記事を読む

あそこも身体もムキムキにする食材とは?

あそこも身体もムキムキにする食材とは?

食欲の秋と言われるほど、この時期、豊富な食材が実り、旬を迎える。 自分の家の周りの田んぼでも、稲穂

記事を読む

久しぶりの易筋洗髄経(えっきんせんずいきょう)

久しぶりの易筋洗髄経(えっきんせんずいきょう)

「キタキタキタキタ!!」 自分のテンションが上がってしまった理由。 それは久しぶりに易筋洗髄経(

記事を読む

ED改善を東洋医学で行なう理由

ED改善を東洋医学で行なう理由

東洋医学(中医学)の理論の基となっている陰陽五行説。 我々に馴染み深い中国史、『三国志』の時には、

記事を読む

ED(勃起不全)改善の第一歩は断糖から

ED(勃起不全)改善の第一歩は断糖から

先日のイベント後、参加者の方とお話をする機会があった。 そのお話の中で、 「断糖って難しいですね

記事を読む

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑