モテる男の条件は肝臓と脾臓をケアする事

公開日: : 最終更新日:2014/05/08 東洋医学が生み出した気功体操研究

モテる男の条件は肝臓と脾臓をケアする事

ナッツの食べすぎで左脇の下に激痛が走ってから約1週間。

双龍門第76代師範代:王龍英先生に伝授頂いた脾臓を整える気功と、脾臓に関連する経脈が走る足の親指のコリコリマッサージを経て、瀕死の状態から蘇ったサイヤ人のようにいまではすっかり覇気が戻ったが、

もし仮に、左脇の下に激痛が走っていなかったとしたら・・・

僕はもともと消化器系があまり強くなく、ちょっと食べ過ぎると下しやすくなったり、トイレにこもる事が多かったりで、だからこそ早めに消化器系の脾臓と胃から「食い過ぎだってばよ」的なメッセージが届いたような気がするが、

世にも奇妙な物語的なパラレルワールドがあって、その世界では消化器系の脾臓と胃が頑丈だとしたら、そのメッセージが届く事もなく、ナッツ症候群はさらにエスカレートしていた可能性だって十分にありえるのだ。

肝脾不和証(かんひふわしょう)

そんな意識はもうとうなかったが、ひたすらナッツを食べ続けていた僕は、結果的に暴飲暴食と同じような状態になっていた。
食べれば食べる程消化器系(脾臓と胃)に負担がかかるのは当然で、東洋医学的にいうと”脾気虚(ひききょ)”という状態になる。要はエネルギー不足だ。

脾臓がエネルギー不足になると身体中様々な臓器に影響がでてくるが、例えば肝臓なら、血を全身に送る機能がうまく働かなく
なる。

脾臓のタグづけによって目的地まで栄養を運べたはずが、住所不定でどこに運べばいいかわからなくなり結果的に、

  • わき腹が痛くなったり、
  • イライラしたり、
  • 抑うつになったり、
  • 栄養がまわらず下痢になったり、
  • 食欲が減ったり、
  • 便秘になったりする。

東洋医学的にいうと、肝臓と脾臓のバランスが崩れているので、”肝脾不和証(かんひふわしょう)”となるのだ。

今回は脾臓からのメッセージにより早めに気づく事ができたが、仮にスイーツだったり酒だったりすれば、さらに慢性的にじわじわと内臓にダメージを与える事になってしまう。

もちろん何を食べようとどう生きようと本人の自由ではあるが、己の潜在能力を開花させ、ロマンに没頭するだけの体力、知力、行動力を備えたいと思うなら、東洋医学を源流とする『双龍門気功法』に取り組むと同時に、ぜひバランスのとれた食事をとるようにしたい。

間違っても夕食はビールとナッツふたつかみ、なんかにしてはいけないのだ。

モテる男は肝臓はもちろんの事、消化に関わる脾臓もしっかりケアするからこそ、いつでもフルスロットルで活動することができるのだ。

モテる男も活動の肝臓腎臓強化部

昼も夜もパワフルに活動で、女性にはもちろん、年齢・性別・職業・趣味を超えた”人間にモテる男”を共に目指そう。

参加人数は現在1,000人超。東洋医学を軸に日々活発な意見交換がされている。

生涯にわたりバイアグラ不要の充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。絶倫になりたいと思うなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

肝臓腎臓強化部に参加する

この記事を書いた人

青木 四郎
『双龍門気功法』に出会うまでは、天然ボケ、物忘れが多い、遅刻が多い、仕事中も集中力が続かない、事ある毎に上司に注意されうつ気味、夜のスタミナに自信がない、好奇心が薄れ何をしても冷めている・・・と誰が見てももてない男の一員だった。

仕事で失敗しても上司に口ごたえすることもできずに、帰宅後発泡酒とハイボールを飲んでストレス解消しなまけもののような日々を送り、健康診断ではメタボ予備軍と言われダイエットに取り組むものの1週間と続いた試しがなかった。

が、『双龍門気功法』に取り組んでわずか4日後・・・明らかに下半身が今までと違う感覚を覚えた。眠れる獅子が悠久の時を待っていたかのように熱く燃え上がるかのように、仕事でも集中力の違いを感じるように。

現在は、『双龍門気功法』の鍛練を通じ昼も夜も余裕たっぷりにアグレッシブに活動できている実体験を元に、女性はもちろん、年齢、性別、趣味、職業、国籍を超えた「モテる男」の育成のため『モテる男の肝腎気功強化部』を立ち上げ、『双龍門気功法』の伝達に日々努めている。

無料動画プレゼント

夜中に子供が急な発熱!その場ではおでこを冷やし、翌日病院で解熱剤をもらってくる・・・なんてことしてませんか?

実は、東洋医学の知識が少しあれば、『スプーン』を使って、しかもたった10分程度で熱を冷ますことが可能なのです。

今すぐ無料メルマガに登録して、動画プレゼントを確認してみてください。

無料動画プレゼントを今すぐ確認する

関連記事

いかなる場面でも覇気をだしながら取り組むのがモテる男

いかなる場面でも覇気をだしながら取り組むのがモテる男

女性にはもちろん、年齢、性別、趣味、職業、国籍を超えて、“人間にモテる男”を増やすため、今後のオフラ

記事を読む

モテる男の条件はバイアグラを飲まない事

モテる男の条件はバイアグラを飲まない事

タイで会ったリアーナ風の推定20歳ギャルとの一夜のロマンスを台無しにして以来、もてない男だった僕は、

記事を読む

遺伝子組み換え食品から内臓を守るのがモテる男

遺伝子組み換え食品から内臓を守るのがモテる男

先日Facebook経由でわかりやすい映像を発見した。 遺伝子組換食品は臓器の機能を変えてしまう

記事を読む

モテる男の気功は細胞レベルで活性化する

モテる男の気功は細胞レベルで活性化する

「それが”気”だよ。忘れないようにね。」 『タントウコウ』を何度か続けるうち、手がビリビリとしびれ

記事を読む

トライアンドエラーを繰り返して邁進するのがモテる男

トライアンドエラーを繰り返して邁進するのがモテる男

Vlog試験中数々の問題にぶつかった。 録画ができていない 画質がイマイチ 顔色がわるく見える

記事を読む

モテる男は彼女をキッチンドランカーにはさせない

モテる男は彼女をキッチンドランカーにはさせない

「専業主婦って意外とアル中多いんですよ〜。」 地元の懇談会で手配していた、お触りなしのスーパーコン

記事を読む

ナッツの食べすぎで痛恨の一撃を食らった男

ナッツの食べすぎで痛恨の一撃を食らった男

脇の下への痛恨の一撃を食らって以来ナッツ禁止月間継続中。失ってはじめてわかる口寂しさを身をもって

記事を読む

永遠のゼロから繋がる歴史を認識するのがモテる男

永遠のゼロから繋がる歴史を認識するのがモテる男

見た後はどうしても悲しくなるのでこれまで戦争映画は避けてきたが、東洋医学を源流とする『双龍門気功法』

記事を読む

祖母へのプレゼントは健康志向なのがモテる男流

祖母へのプレゼントは健康志向なのがモテる男流

数ヶ月前の事。 すっかり健康志向になった彼女から、ドラえもんもびっくりの便利アイテムの存在を知った

記事を読む

藤巻幸夫さんの死因を知り内臓ケアを怠らないのがモテる男

藤巻幸夫さんの死因を知り内臓ケアを怠らないのがモテる男

先日、結いの党・藤巻幸夫参院議員が亡くなったというニュースが流れていた。享年54歳。あまりにも若い。

記事を読む

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑