娘が熱を出したので、小児科に行ってみたら。。。

公開日: : 最終更新日:2015/02/21 東洋医学で勃起不全改善!甦れ漢たち

娘が熱を出したので、小児科に行ってみたら。。。

先週、娘の調子が優れず、保育園をお休みしてた。

週末になっても、熱が上がったり下がったりを繰り返していて、なかなか改善の傾向が見えず。。。

小児科に連れて行き、薬をいただいたのだが、娘は薬は断固拒否。

咳が止まらず、気管支炎になっているとの診断を受け、このままでは入院だよなんて言葉まで飛び出すありさま。

小児科の先生は薬を飲ませれば治ると思っているようで、どんなことをしても薬を飲ませようと、様々な提案をしてきたのだが。。。

小児科の先生が提案した薬の飲み方

自分は小児科の先生の言葉に唖然としてしまった。( ゚д゚)ポカーン

「アイスを食べない?アイスでサンドして飲ませてみて。」

とか、

「ジャムは?ジャムで包んで飲ませてみて。」

とか。

お医者さんの口から、普通に白い悪魔(砂糖・人工甘味料・スイーツなど)を積極的に活用する提案を受けると、

「本当に大丈夫なの?」

と思ってしまう。

(自分は東洋医学(中医学)に出会ったから疑問に思うが、そうでない人は普通にお医者さんの言葉を信用して。。。(ノ′Дヾ)ママーコワイョー!!)

そんな話を以前グランドマスターにしたことがあり、西洋医学の薬の成り立ちについて、お話ししていただいたことがあった。

グランドマスターに教えていただき、自分は初めて知ったのだが、そもそも西洋医学の薬の始まりは、人を治療するために作られたのではなく、人を殺すために開発されたもの。

グランドマスター曰く、

「西洋医学の薬のほとんどは、ユダヤ人大量虐殺で知られるアウシュビッツで創られたんだ。」

とのこと。

実はアウシュビッツは、人体実験をするために作られた実験場。

本当に毒ガスで人は殺せるのか?

を実際に大勢のユダヤ人を使い、実験を繰り返して、実用化に至ったとのこと。

その化学式を元に、西洋医学の薬の数々が作り出されたそうで。

そんなことを聞くと、薬を飲ませていいものなのかと。。。

グランドマスターの指示を実行したら娘の体温が。。。

西洋医学に対し、東洋医学(中医学)はというと、人を治療するために生まれた医学。

(というか一国の王が長生きするために作られた医学)

もともと西洋医学とは成り立ちと目的が違う。

なので、娘の症状をグランドマスターに伝え、アドバイスをいただき実行してみたところ、娘の熱が見事に下がったのだ!

よかった、よかった(=´∀`)人(´∀`=)

しかもそのアドバイスは、東洋医学(中医学)の筋肉理論によるもの。

「まず◯◯の筋肉を整えていく。次に■■と△△を温めていく。じんわり温めてあげるのがいいね。」

たったこれだけで、娘の体温が4日ぶりに下がったのだ。

恐るべし東洋医学(中医学)。

ということで自分は今後も東洋医学(中医学)の理解をますます深めていくことにしたのだ。

追伸

東洋医学(中医学)で大切な家族を守りたい!と思っている方は、グランドマスター『黄龍英(おうりゅうえい)』先生が『大切な人を守る』というテーマで語られた『本物の医療を求める東洋医学(中医学)座談会」の音声を確認していただきたいと思う。

音声参加可 大切な人を守る東洋医学 —本物の医療を求める東西医学対談会−

『大切な人を守る』ために詳細を確認してみる

この記事を書いた人

ペニー 大佐
20年間、競技スポーツに携わり、最強の肉体は6つに割れた腹筋だと確信し、筋トレに励む日々。しかし30歳を超えてから、朝立ちがなくなり、夜の営みへの意欲も薄れてきた。

年齢のせいだと思っていた矢先、双龍門第76代掌門(継承者)『黄龍英』先生と出会い、「足の親指の第一関節外側部分にタコのようなものや、皮膚が異様に硬くなっている場合、男性機能が衰えている」という事実を聞かされ、自分の足の親指の第一関節外側部分を確認してみると、見事に両足の親指の第一関節外側部分に立派なタコができていることに気付き、愕然とし、男の自信を失いかける。

しかし、双龍門の秘術による男性機能回復法を『黄龍英』先生に伝授していただき、希望の光を見出すと共に、【P強化部】の立ち上げに参加し、ポコン総帥から大佐の称号を与えられる。

男性機能の衰えという悩みを秘め持つ「同士」と共に、天にそびえ立つ完全体(グレイト・ポコン)を目指し、啓蒙活動と、自己研鑽に励んでいる。

無料動画プレゼント

夜中に子供が急な発熱!その場ではおでこを冷やし、翌日病院で解熱剤をもらってくる・・・なんてことしてませんか?

実は、東洋医学の知識が少しあれば、『スプーン』を使って、しかもたった10分程度で熱を冷ますことが可能なのです。

今すぐ無料メルマガに登録して、動画プレゼントを確認してみてください。

無料動画プレゼントを今すぐ確認する

関連記事

あそこも身体もムキムキにする食材とは?

あそこも身体もムキムキにする食材とは?

食欲の秋と言われるほど、この時期、豊富な食材が実り、旬を迎える。 自分の家の周りの田んぼでも、稲穂

記事を読む

半年前まで肉を食べるのはNGだった理由

半年前まで肉を食べるのはNGだった理由

最近は体調が回復して以来、毎日肉を食べている。 今は普通に肉を食べられているが、振り返ってみると、

記事を読む

えー!?首の筋肉もねじれるんですか!?

えー!?首の筋肉もねじれるんですか!?

金曜日、自分は会社が終わった後、急いでグランドマスターのいる八王子へ向かった。 八王子に向かった目

記事を読む

内臓(肝・心・脾・肺・腎)が弱って運気もダウン

内臓(肝・心・脾・肺・腎)が弱って運気もダウン

ある日の週の初めの月曜日。 ぐっと冷え込んだ朝。 いつも通り会社に出勤しようと、車にキーを挿し、

記事を読む

勃起不全を改善するには『血』が鍵を握る

勃起不全を改善するには『血』が鍵を握る

足の親指の第一関節外側部分(靴の当たる部分)に、タコのようなものができていたり、皮膚が異様に分厚く硬

記事を読む

漢方薬は妻に受け入れられるか!?

漢方薬は妻に受け入れられるか!?

東洋医学(中医学)のマスター、双龍門第76代継承者『黄龍英』先生に体を診ていただいてから1ヶ月が過ぎ

記事を読む

ED改善で最強の肉体になれる理由

ED改善で最強の肉体になれる理由

最強の肉体になりたい。 今でも心の奥底でくすぶり続けている想い。 1,800年の歴史を誇る双龍門

記事を読む

『氣』と一体感を味わった一日

『氣』と一体感を味わった一日

2014年7月26日。 ついにこの日がやってきた。 自分は運良く東洋医学(中医学)のマスター双龍

記事を読む

P強化で子作りにおける男の責任を果たす

P強化で子作りにおける男の責任を果たす

足の親指第一関節外側部分(靴に当たる部分)にタコのようなものや、皮膚が異様に硬くなっている場合、息子

記事を読む

真の漢(おとこ)を目指す【P強化部】とは?

真の漢(おとこ)を目指す【P強化部】とは?

我々の生命力(精力)は今、危機的状況にある。 足の親指の第一関節外側部分(靴の当たる部分)に、タコ

記事を読む

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑