うつ病になってしまう間違いだらけの食生活とは?

公開日: : 最終更新日:2014/08/21 東洋医学でうつ病は改善できる理由

うつ病になってしまう間違いだらけの食生活とは?

うつ病は確かに現代のストレス社会の産物の1つである可能性は高いが、それにしても昔と比べてなぜこんなにも多くの方が悩まされるようになったのであろうか?

それは陰陽五行説に基づく東洋医学を考えると明らかであるが、明らかに食生活に問題があると感じる。

本日は陰陽五行説については詳しく話さないが、食事は毎日、そして1日2~3回も摂取するもの、健康と関係ないはずはないであろう。

「腹八分に医者いらず」とは飽食をいましめた諺であるが、食べ物を通じて健康を達成するには、食べすぎないことのほかに、よい食品を選んで摂取するという視点を欠かすことができない。

つまり、食品の量とともに質が重要なのである。

そこで本日はある有名な漢方専門医が「現代の食生活、10の誤り」というのをあげていたので、以下にそのまま載せさせていただく。

  1. 朝食のとり方が少ない。

  2. 間食と夜食が多い。

  3. 糖分、脂肪が多い。

  4. インスタント食品、スナック食品が多い。

  5. 食物繊維が不足している。

  6. カルシウムが足りない。

  7. ビタミンB2が不足気味。

  8. 肉、鶏肉が多く、魚が不足。

  9. 塩分摂取が過剰である。

  10. 偏食の人が多い。

いかがであろうか。いかにも現代人の食生活に当てはまりそうな項目が多く、私もグランドマスターに出会うまではこのようなひどい食生活を送っていた。

実際にうつ病の患者さんたちに上の10項目をみせると、驚くべきことに半分以上の項目が当てはまっているという方が非常に多いことに気付く。

うつ病と食事はそれほど関係ない、などと話す精神科の大家もいるが、陰陽五行説に基づく東洋医学で考えても、また現場で患者さんに接していても、関係はあるというかむしろ非常に深い。

そこで上記の10項目について、次回より陰陽五行説に基づき解説していきたいと思うので、是非とも期待していただきたい。

追伸

すぐにでもうつ病を克服したい方は以下の5日間無料講座で必ず勉強していただきたい。

うつ病のためのクイックメール講座

この記事を書いた人

青木 四郎
『双龍門気功法』に出会うまでは、天然ボケ、物忘れが多い、遅刻が多い、仕事中も集中力が続かない、事ある毎に上司に注意されうつ気味、夜のスタミナに自信がない、好奇心が薄れ何をしても冷めている・・・と誰が見てももてない男の一員だった。

仕事で失敗しても上司に口ごたえすることもできずに、帰宅後発泡酒とハイボールを飲んでストレス解消しなまけもののような日々を送り、健康診断ではメタボ予備軍と言われダイエットに取り組むものの1週間と続いた試しがなかった。

が、『双龍門気功法』に取り組んでわずか4日後・・・明らかに下半身が今までと違う感覚を覚えた。眠れる獅子が悠久の時を待っていたかのように熱く燃え上がるかのように、仕事でも集中力の違いを感じるように。

現在は、『双龍門気功法』の鍛練を通じ昼も夜も余裕たっぷりにアグレッシブに活動できている実体験を元に、女性はもちろん、年齢、性別、趣味、職業、国籍を超えた「モテる男」の育成のため『モテる男の肝腎気功強化部』を立ち上げ、『双龍門気功法』の伝達に日々努めている。

無料動画プレゼント

夜中に子供が急な発熱!その場ではおでこを冷やし、翌日病院で解熱剤をもらってくる・・・なんてことしてませんか?

実は、東洋医学の知識が少しあれば、『スプーン』を使って、しかもたった10分程度で熱を冷ますことが可能なのです。

今すぐ無料メルマガに登録して、動画プレゼントを確認してみてください。

無料動画プレゼントを今すぐ確認する

関連記事

現代人の間違った食生活を陰陽五行説で斬る⑩

現代人の間違った食生活を陰陽五行説で斬る⑩

うつ病で苦しんでいる人は本当に多いと実感する。 しかもうつ病で苦しんでいる人に限って、正しい情報が

記事を読む

アトピー性皮膚炎はステロイドではなく足もみで改善させよう!

アトピー性皮膚炎はステロイドではなく足もみで改善させよう!

うつ病の患者さんの多くは様々な合併症で悩んでいるが、その合併症の代表格にアトピー性皮膚炎があげられる

記事を読む

現代人の間違った食生活を陰陽五行説で斬る⑨

現代人の間違った食生活を陰陽五行説で斬る⑨

うつ病はまさに現代病であるが、現代人と古(いにしえ)の人たちとの違いって何であろうか? 違いは何っ

記事を読む

うつ病にも効果的な気功を始めるなら、まずは皇健美気功から

うつ病にも効果的な気功を始めるなら、まずは皇健美気功から

私木村隆は都内の様々な企業で産業医やメンタルアドバイザーの役割を果たしている。 そして今日もうつ病

記事を読む

マクロビオティック (Macrobiotic) にこだわると、うつ病になってしまう?!

マクロビオティック (Macrobiotic) にこだわると、うつ病になってしまう?!

うつ病の予防にも改善にも食事は重要な役割を果たすと常々発信しているが、だからと言ってマクロビオティッ

記事を読む

うつ病に木村隆が向き合わなければならない理由

うつ病に木村隆が向き合わなければならない理由

うつ病で苦しむ人は私がこの文章を書いているこの瞬間にも増えており、もはや国民病になったと言えるだろう

記事を読む

うつ病に西洋医学が効かない時に頼る代替医療や民間療法の実情

うつ病に西洋医学が効かない時に頼る代替医療や民間療法の実情

うつ病は私木村隆の母をはじめとして多くの人が経験している病気であり、西洋医学による治療が必ずしも常に

記事を読む

現代人の間違った食生活を陰陽五行説で斬る⑥

現代人の間違った食生活を陰陽五行説で斬る⑥

うつ病の症状にイライラというものがあるが、うつ病じゃなくてもついイライラしてしまうことがあるのではな

記事を読む

うつ病克服のための「双龍門気功法」は7月26日にマスターすべし!!

うつ病克服のための「双龍門気功法」は7月26日にマスターすべし!!

うつ病の治療は様々であるが、陰陽五行説に基づく東洋医学において、食事や生活習慣と並んで効果的とされて

記事を読む

精神科のお薬が多剤併用されることにメスが!そして漢方薬にも影響が!!

精神科のお薬が多剤併用されることにメスが!そして漢方薬にも影響が!!

うつ病治療におけるスタンダードと言えば、抗うつ薬をはじめとする向精神薬、いわゆる西洋の精神科のお薬で

記事を読む

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑