「更年期障害の治療法」~西洋医学と東洋医学の違い①~

公開日: : 最終更新日:2014/04/12 東洋医学で更年期障害の予防と改善

「更年期障害の治療法」~西洋医学と東洋医学の違い①~

まずはじめに、西洋医学と東洋医学を比べるとどうしても西洋医学の否定をしてしまう表現もあるかと思う。西洋医学と東洋医学(中医学)の「治療目的の相違」や歴史をきちんと学び、活用することが「現代病」といわれている様々な病気を克服することに繋がると私は信じている。

又、当【東洋医学研究所「双龍門」】には、西洋医学の医師や薬剤師の仲間達が参加している。彼らは現実、日々、病の最前線で戦い、現在の西洋医学の医療に限界を感じてこのプロジェクトに参加しているのである。

これまでの「常識」が「非常識」に変わる時、人は恐怖を感じてしまうかもしれない。逆に私のように、新しい光と感じるかもしれない。感じ方は様々だし、活用するか・活用しないかも自由なのだ。

このブログを読んで、「西洋医学に裏切られた!」とか「でも、やっぱり西洋医学じゃなきゃ!」とか「東洋医学スゲースゲー」とか色々あると思うけど、まずは西洋医学と東洋医学の違いを知り、「自分はどのように活用するか」を考えることから始めてもらえたらいいなと思う。

単純に拒否したり、単純にのめり込んだりしない事が大事ではないかな。

西洋医学の成り立ちと治療

星占いの占星術師が病気の診断をし、キリスト教が人間のカラダの構造や理論を唱え、中国とヨーロッパとを行き来している行商人が薬をつくって売っていた。治療は外科が床屋さん、内科はお肉屋さん。このように「分業」した状態で「医者」が確立されていくのである。

当時は、「防疫」「予防」が中心で、病気が広がらないようにすることが大事。病人が1人出たら「焼き討ち」。村全部を取り囲んで一斉に火をかけて、中にいる人を全部焼いてしまう。これしか病気を防ぐ方法はなかったのだ。
衛生学にしても、地域全部の水を侵されれば、それらを全部干上がらせるしかない。

そんなかたちで発達しているため、「全て切って取る」それが表れてる医学なのである。

ところが、ある 1つのきっかけで変わってくる。

産褥熱(婦人科の病気で出産後、非常に高い熱が出て、その後出血が止まらず、急死する)がヨーロッパ中で大流行してしまう。

しかし、理由は単純だった。

出産は片手間でやっているお肉屋さん。肉をいっぱいつるした後で、しかもそこへハエもたかるわ蚊もいるわという状況、そこら辺に腐った肉も置いてある。そして、それらをいじってる手で片手間に出産させる…死なない方が不思議なくらいだ。

そこで劇薬を用いて辺りを消毒すると、ピタッと納まった。これは何らかのかたちで「何か」が介在し、外から悪いものが入ったのではないか?という考え方が起こる。そして、ウイルスや細菌を見つけ、それらを叩くことによって病気は治せるという結論がでたのが西暦1800年~1900年頃になる。

当時、世界を取り巻く環境は、ほとんど戦争中。戦争している中で「一人一人ていねいに診ていきましょう。」という医学では間に合わない。

戦争での医学の考え方は、兵隊がケガをしたら、その場で手を切る。足を切る。痛みがあるなら痛み止めの注射だけをある程度打ち、第一線で敵に突撃させる。

そう、西洋医学は戦争のための医学なのだ。

その場だけしのげればいい。兵隊はその場だけしのげれば、弾の代わりになる。

「さっさと治し、戦場へ送り出す。」為の対処療法が現在の西洋医学の根本なのだ。

考えてみると、

  • 風邪をひくと風邪薬を飲み、なんとか症状を抑え仕事(戦場)に行く。
  • ガンになるとガン細胞を切り落とす。

これらは根本治療ではなく、対処療法だ。

西洋医学では、更年期障害の様々な不快な症状に対する治療法は、減ってしまったホルモンを補給するという考え方だ。これも結局は対処療法である。

私が更年期障害の治療法を探していた時の違和感はこの「対処療法」にあったのだ。

【10年若返る】活動の肝臓腎臓強化部

昼も夜もパワフルに活動して、男性にはもちろん、年齢・性別・職業・趣味を超えた”人間にモテる女”を共に目指そう。

参加人数は現在900人超。日々活発な意見交換がされている。

10年若返るには『肝』と『腎』の強化が必須!!強く!美しく!なりたいなら『肝臓腎臓強化部』へ!!!

  肝臓腎臓強化部に

無料動画プレゼント

夜中に子供が急な発熱!その場ではおでこを冷やし、翌日病院で解熱剤をもらってくる・・・なんてことしてませんか?

実は、東洋医学の知識が少しあれば、『スプーン』を使って、しかもたった10分程度で熱を冷ますことが可能なのです。

今すぐ無料メルマガに登録して、動画プレゼントを確認してみてください。

無料動画プレゼントを今すぐ確認する

関連記事

若年性更年期障害が急増中!!!

若年性更年期障害が急増中!!!

最近は男性と同様に仕事をする女性が増えたり、過度なダイエットや不規則な生活をおこなうなどでホルモンバ

記事を読む

NewImage.png

更年期障害の熱型症状セルフヘルプ食

病を大きく分けると2種類 - 熱型 - 寒型 そして、近代の食事や生活習慣によって - 複合型 も、

記事を読む

「【双龍門流】更年期障害セルフヘルプ」の効果②

「【双龍門流】更年期障害セルフヘルプ」の効果②

更年期障害の主な症状である「ホットフラッシュ」(ほてりのぼせ)に悩んでいた私は奇跡的にマレーシアジョ

記事を読む

年末年始の暴飲暴食に「プチ断食」

年末年始の暴飲暴食に「プチ断食」

普段は食事に気をつけていても、年末年始のこの時期は友人や仕事のお付き合いや親戚縁者との会食でついつい

記事を読む

【東洋医学・双龍門】で更年期障害を克服して力強く、美しく!⑬

【東洋医学・双龍門】で更年期障害を克服して力強く、美しく!⑬

「双龍門」では、熱型(ねつがた)寒型(さむがた)と大きく2つのタイプにわけている。 ★ 熱型とは内

記事を読む

更年期障害の熱型を金属で攻略する!

更年期障害の熱型を金属で攻略する!

ご自身の型は、何型かおわかりになりましたか? そして、病の型に対しどのような食事をすべきか、理解して

記事を読む

仮想更年期障害例 その2

仮想更年期障害例 その2

今日は昨日に引き続き「仮想更年期障害症例その2」です。 「子供に暴力を振るってしまう50代の母」

記事を読む

「西洋医学と東洋医学の違い2」

「更年期障害の治療法」~西洋医学と東洋医学の違い②~

「西洋医学と東洋医学の違い①」で、西洋医学は戦争のための医学であり、その場だけしのげればいい、「さ

記事を読む

更年期障害の熱型主食は蕎麦なり

更年期障害の熱型主食は蕎麦なり

熱型のおかずは、チキンスープ・サムゲタン、ほうれん草・ニラ。 おかずがあれば主食がある。ご飯ものはど

記事を読む

双龍門流「プチ断食」体験報告

双龍門流「プチ断食」体験報告

年末年始におこなった「プチ断食」の体験報告。前回、「プチ断食」の記事をfacebookの肝臓腎臓強化

記事を読む

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑