本気で肉体改造したいのならば

本気で肉体改造したいのならば

そろそろソフトボールも区切りがつき、シーズンオフに入る。

寒い季節。

シーズンオフといえば、そう『肉体改造』!

プロ野球選手などは、シーズンオフに思い切った『肉体改造』に着手し、冬を越えると身体(からだ)が一回り大きくなるというのはよくあること。

(成功・失敗は別として(^◇^;))

シーズン中は体調管理に重点を置くため、思い切った『肉体改造』をすることはできにくい。

『肉体改造』は、身体(からだ)に過度の負担をかけることになるからだ。

しかしシーズンオフであれば、試合のことを気にすることはないし、思い切った食事制限やトレーニングを開始することができる。

ということで、自分も今年の冬は思い切った『肉体改造』をしてみようと考えているのだ。

【P強化部】肉体改造プログラム始動!

ではどんな方法による『肉体改造』なのか。

それは当然のごとく、東洋医学(中医学)の理論に基づいた『肉体改造』である。

まずは食事制限から始まり、次に『双龍門鍛錬法』で身体(からだ)を鍛え上げていく。

自分は『易筋洗髄経(えっきんせんずいきょう)』という特別な肉体鍛練法を伝授されているが、今回は【P強化部】の仲間も取り組める形で、実施・その模様を公開していこうと考えている。

なぜなら、先日行わせていただいた易筋洗髄経(えっきんせんずいきょう)実践資格者認定試験にて、参加者からは「双龍門気功法や『皇健美気功(おうけんびきこう)』、『双龍門鍛錬法』では身体(からだ)が引き締まらないという考えが垣間見えたから。

でも真実は違う。

『双龍門気功法』や『皇健美気功(おうけんびきこう)』、そして『双龍門鍛錬法』でも、しっかりやれば身体(からだ)は引き締まってく。

それを証明するための取り組みを開始しようと考えているのである。

毎日の食事はどんなものを食べているのか。

どのくらいの頻度・時間で、『双龍門鍛錬法』を行っていくのか。

などを【P強化部】の仲間と共に、実践していくという形。

そこで【P強化部】に参加されている仲間で、

「来年に向けて、絶対に身体(からだ)を引き締めてやる!」

という心意気があるものを募集させていただく。

【P強化部】肉体改造プログラムへの参加条件

ただ条件がある。

【P強化部】肉体改造プログラムは、【P強化部】専用Facebookグループに参加されている方限定で行う。

前述しておくが、内容はとても厳しいものになる。

まず食事は『断糖』していただくのは基本。

それができなければ、参加は辞退していただきたい。

自分はそこまで面倒は見られない。

『断糖』というハードルをクリアした者だけが、踏み入ることができる世界。

どれだけ筋肉質で引き締まった身体(からだ)への思いが強いかが試される。

「そんなことできない。。。」

そう認めてしまった時は、自分の健康と強靭な肉体への取り組みが終わる時。

一時的に辛いことでも乗り越える気持ち。

その火種が消えなければ、何度でも立ち上がることができる。

その時には

どんなに見苦しくても

どんなに卑しくでも

どんなに図々しくてもいい。

自分はまだできると、言い訳して立ち上がるぐらいの心意気を見せて欲しい。

それができないなら、『肉体改造』の門は叩かないことをお勧めする。

ここから先は、自分がどれだけ通用するかと試す場所ではない。

どんなことをしても、筋肉質で強靭な肉体を得るという気持ちがある者だけ、常軌を逸した人外だけが棲む場所。

常識にとらわれ、『断糖』するには自炊しかないからできない!と決めつける者は、絶対に超えてはならない境界線。

軽いノリで入ってきてはいけない。

その先は修羅の道。

自分と共に歩めるものだけ、挑戦していただきたい。

追伸

【P強化部】肉体改造プログラムに参加されたい場合、【P強化部】に入部することが条件となる。

P強化部詳細資料PDF

『P強化部』の詳細資料PDFを確認してみる

なお、活動収益の大部分は、マレーシアジョホールバルに設立された、不妊症、子宮筋腫、生理痛、うつ病、更年期障害、不眠症の研究を行う「東洋医学研究所」の発展のために寄付することになる。

この記事を書いた人

ペニー 大佐
20年間、競技スポーツに携わり、最強の肉体は6つに割れた腹筋だと確信し、筋トレに励む日々。しかし30歳を超えてから、朝立ちがなくなり、夜の営みへの意欲も薄れてきた。

年齢のせいだと思っていた矢先、双龍門第76代掌門(継承者)『黄龍英』先生と出会い、「足の親指の第一関節外側部分にタコのようなものや、皮膚が異様に硬くなっている場合、男性機能が衰えている」という事実を聞かされ、自分の足の親指の第一関節外側部分を確認してみると、見事に両足の親指の第一関節外側部分に立派なタコができていることに気付き、愕然とし、男の自信を失いかける。

しかし、双龍門の秘術による男性機能回復法を『黄龍英』先生に伝授していただき、希望の光を見出すと共に、【P強化部】の立ち上げに参加し、ポコン総帥から大佐の称号を与えられる。

男性機能の衰えという悩みを秘め持つ「同士」と共に、天にそびえ立つ完全体(グレイト・ポコン)を目指し、啓蒙活動と、自己研鑽に励んでいる。

無料動画プレゼント

夜中に子供が急な発熱!その場ではおでこを冷やし、翌日病院で解熱剤をもらってくる・・・なんてことしてませんか?

実は、東洋医学の知識が少しあれば、『スプーン』を使って、しかもたった10分程度で熱を冷ますことが可能なのです。

今すぐ無料メルマガに登録して、動画プレゼントを確認してみてください。

無料動画プレゼントを今すぐ確認する

関連記事

水も毒になる

水も毒になる

2015年1月24日(土)に行われた『筋肉調整』施術会は、5名の枠を用意させていただいたが、告知後3

記事を読む

妻に筋肉調整してみたら妻の態度が変わった!?

妻に筋肉調整してみたら妻の態度が変わった!?

日曜日はソフトボールを朝から夕方までやるというハードな1日だった。(~_~;) 朝7時30分に試合

記事を読む

ED改善は反発を超えれば誰でもできる

ED改善は反発を超えれば誰でもできる

自分は現役サラリーマンとして、平日の大部分を会社に拘束されている。 先日出勤しようとしたとき、娘に

記事を読む

ED改善させる足の親指モミモミとは?

ED改善させる足の親指モミモミとは?

足の親指の第一関節外側部分(靴の当たる部分)にタコができてしまっている自分は、息子(ポコちゃん)の元

記事を読む

ED改善ツボ押しで男の自信を取り戻す

ED改善ツボ押しで男の自信を取り戻す

【P強化部】にて、真の戦士(おとこ)を目指し、日々鍛錬することで、覇気を身に纏うレベルまで、自分自身

記事を読む

生命力を強化する調味料

生命力を強化する調味料

東洋医学(中医学)でいう『腎』は生命力を司るとされている。 生命力は筋肉を成長させるにも、次世代に

記事を読む

筋肉修行@八王子

筋肉修行@八王子

金曜日、会社の仕事が終了したと同時に、自分は急いで車に乗り込んだ。 そしてワクワクしながら、八王子

記事を読む

P強化部で漢(おとこ)として立ち上がれ!

P強化部で漢(おとこ)として立ち上がれ!

2014年3月某日、ボコン総帥の大号令の下、同じ悩みを秘め持つ「同士」が集結した。 彼ら共通の秘密

記事を読む

ED改善食で痩せすぎてしまった場合の対応策とは?

ED改善食で痩せすぎてしまった場合の対応策とは?

東洋医学(中医学)のマスター、双龍門第76代継承者『黄龍英』先生に、身体を診ていただいてから、1ヶ月

記事を読む

半年前まで肉を食べるのはNGだった理由

半年前まで肉を食べるのはNGだった理由

最近は体調が回復して以来、毎日肉を食べている。 今は普通に肉を食べられているが、振り返ってみると、

記事を読む

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑