現代人の間違った食生活を陰陽五行説で斬る⑦

公開日: : 最終更新日:2014/09/17 東洋医学でうつ病は改善できる理由

現代人の間違った食生活を陰陽五行説で斬る⑦

うつ病の診察を行っているときに、私はしばしば聞かれる、「木村先生、うつ病に良いサプリメントはありませんか?」と。

サプリメントの代表格と言えば「ビタミン剤」だが、その他にも100種類以上のサプリメントが乱立している今日においてうつ病に効果的なサプリメントはあるのだろうか。

さて「現代人の食生活、10の誤り」と題してシリーズ化しているが、前回のカルシウム不足は直接的には間違いということが判明した。

  1. 朝食のとり方が少ない。

  2. 間食と夜食が多い。

  3. 糖分、脂肪が多い。

  4. インスタント食品、スナック食品が多い。

  5. 食物繊維が不足している。

  6. カルシウムが足りない(×)

  7. ビタミンB2が不足気味。

  8. 肉、鶏肉が多く、魚が不足。

  9. 塩分摂取が過剰である。

  10. 偏食の人が多い。

今日は前回に引き続き特定の成分の不足、現代人は「ビタミンB2が足りない」という説について考えてみたい。

ビタミンB2は、若返り成分や美肌成分として有名であり、美容業界やアンチエイジング業界では、このサプリメントは必須とされている。

しかし、これは果たして本当だろうか?そして本当に現代人はビタミンB2が足りないことが様々な病気を引き起こしているのだろうか?

まずビタミンB2が多く含まれる食品についてみてみると、レバー・ウナギ・納豆などが代表的である。

陰陽五行説に基づく東洋医学でみてみると、レバーは肝臓であり、文字通り肝に良い食材である。

次にウナギは「土用の丑の日」に食べるものとされるが、この土用というのは陰陽五行説的には、土であり脾であるため、脾に良い食材である。

そして納豆であるが、豆類は内臓でいうと腎に良い食材である。

ん?肝に脾に腎?ビタミンB2を多く含む食材は内臓でみるとバラバラであることがわかる。

陰陽五行説に基づく東洋医学では、内臓のバランスが良くなるように食すことが大切であるが、ビタミンB2はあまり関係ないんじゃないかなと感じる。

現に私は現在健康であるが、納豆は毎日食べるものの、レバーやウナギは季節に1回食べればいい方である。

つまり自分の内臓を意識しつつ、納豆や卵などありふれた食材を摂っていれば、十分ではないかと感じるのである。

カルシウム不足と同じくだりになるが、レトルト食品やジャンクフードがあふれ、ありふれた食材すら食べなくなった人たちは確かに危ないだろう。

じゃあサプリメントのビタミンB2はどうだろうか?

結論から申し上げると必要ない!

ビタミンB2は水溶性ビタミンであり、多くとっても結局は尿に排泄されるだけである。

しかもサプリメントは科学的証拠に乏しいうえに、食材から抽出しているため本来食材が持っているすべてをカバーすることができない。

今回も前回のカルシウム不足と同様、ビタミンB2不足は現代人の健康を直接害するものには当てはまらず、当然サプリメントも摂る必要はないということで締めくくろう。

追伸

すぐにでもうつ病を克服したい方は以下の5日間無料講座で必ず勉強していただきたい。

うつ病のためのクイックメール講座

この記事を書いた人

木村 隆
医学部在学中より中国伝統医療、東洋医学(中医学)に興味を持ち、そのセルフヘルプ効力の程に感動を覚え、独学で勉強をすすめる。

現役の「精神科専門医」として都内有名大学病院で診療・研究を続けながらも、西洋医学のみのうつ病治療、日本の漢方薬治療に不全感を感じていた。本物の東洋医学(中医学)の師となるドクターを探し求める内にマレーシアジョホールバルで東洋医学(中医学)を用いた医療活動を行っているドクター黄龍英氏の噂を聞きつけ、教えを乞うために現地に訪れる。

実際の対話後、その治療技術と見識のレベルの高さに驚愕し、以後中国伝統医療である東洋医学(中医学)を真剣に学ぶ決意を固める。何よりも沢山の患者さんに「うつ病」を改善してもらうために。

無料動画プレゼント

夜中に子供が急な発熱!その場ではおでこを冷やし、翌日病院で解熱剤をもらってくる・・・なんてことしてませんか?

実は、東洋医学の知識が少しあれば、『スプーン』を使って、しかもたった10分程度で熱を冷ますことが可能なのです。

今すぐ無料メルマガに登録して、動画プレゼントを確認してみてください。

無料動画プレゼントを今すぐ確認する

関連記事

アトピー性皮膚炎はステロイドではなく足もみで改善させよう!

アトピー性皮膚炎はステロイドではなく足もみで改善させよう!

うつ病の患者さんの多くは様々な合併症で悩んでいるが、その合併症の代表格にアトピー性皮膚炎があげられる

記事を読む

東洋医学の理解に欠かせない陰陽五行説を理解する②

東洋医学の理解に欠かせない陰陽五行説を理解する②

うつ病を西洋医学的に自分で克服することは非常に難しいが、東洋医学的には自分・家族・恋人が自ら予防・克

記事を読む

現代人の間違った食生活を陰陽五行説で斬る③

現代人の間違った食生活を陰陽五行説で斬る③

うつ病について私は日々情報発信を行っているが、「うつ病はこころの風邪」であり、そして「風邪は万病のも

記事を読む

私の親戚がついに黄先生から直接施術していただいたエピソードを公開

私の親戚がついに黄先生から直接施術していただいたエピソードを公開

本日は私の親戚が最近、黄先生に診ていただいた話を公開しよう。 私の親戚は、数年前に直腸癌を患い、手

記事を読む

うつ病に漢方薬が有効であるという科学的に価値の高い論文が登場!

うつ病に漢方薬が有効であるという科学的に価値の高い論文が登場!

うつ病に対する東洋医学的治療の勢いが盛り上がってきている。 東洋医学は西洋医学が登場する千年以上も

記事を読む

マクロビオティック (Macrobiotic) は本当にハリウッドセレブなど欧米世界に受け入れられているのか?

マクロビオティック (Macrobiotic) は本当にハリウッドセレブなど欧米世界に受け入れられているのか?

うつ病はある意味すべての病気に関係していると考えているが、病気を語るうえでやはり原因は日常生活の中に

記事を読む

うつ病に木村隆が向き合わなければならない理由

うつ病に木村隆が向き合わなければならない理由

うつ病で苦しむ人は私がこの文章を書いているこの瞬間にも増えており、もはや国民病になったと言えるだろう

記事を読む

マクロビオティック (Macrobiotic) ではうつ病が良くならない理由

マクロビオティック (Macrobiotic) ではうつ病が良くならない理由

うつ病と陰陽五行説に基づく東洋医学の有効性について常日頃発信しているが、その中でも食事は重要な役割を

記事を読む

現代人の間違った食生活を陰陽五行説で斬る⑨

現代人の間違った食生活を陰陽五行説で斬る⑨

うつ病はまさに現代病であるが、現代人と古(いにしえ)の人たちとの違いって何であろうか? 違いは何っ

記事を読む

現代人の間違った食生活を陰陽五行説で斬る⑥

現代人の間違った食生活を陰陽五行説で斬る⑥

うつ病の症状にイライラというものがあるが、うつ病じゃなくてもついイライラしてしまうことがあるのではな

記事を読む

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑