現代人の間違った食生活を陰陽五行説で斬る⑨

公開日: : 最終更新日:2014/09/25 東洋医学でうつ病は改善できる理由

現代人の間違った食生活を陰陽五行説で斬る⑨

うつ病はまさに現代病であるが、現代人と古(いにしえ)の人たちとの違いって何であろうか?

違いは何って同じところを探す方が難しい、というツッコミが入りそうであるが、現代人も昔の人も同じ人間であり、そして脈々と遺伝してきているものがあるはずなのである。

すると、やはり人間が一日3回摂取するエネルギーの源、食事が、その違いに影響していると誰もが想像するのではないだろうか。

さて「現代人の食生活、10の誤り」と題してシリーズ化してきたが、残すところあと2回!になってしまった。

  1. 朝食のとり方が少ない。

  2. 間食と夜食が多い。

  3. 糖分、脂肪が多い。

  4. インスタント食品、スナック食品が多い。

  5. 食物繊維が不足している。

  6. カルシウムが足りない(×)

  7. ビタミンB2が不足気味(×)

  8. 肉類が多く、魚が不足。

  9. 塩分摂取が過剰である。

  10. 偏食の人が多い。

本日はNo.9の「塩分摂取が過剰である」ということについて考えてみたい。

厚生労働省が推奨する成人が1日に摂取する塩分量は、男性が10g未満、女性が8g未満とされている。

しかし、現代人は塩分を1日12~15g摂取しているので過剰とされるわけだ。

塩分が過剰であれば血圧が上がる、と連想するだろうが、日本高血圧学会では塩分を1日6g未満にすることを推奨している(苦笑)。

じゃあ現代人は塩分を本当に摂りすぎなのだろうか?そして塩分はどのくらい摂るのが理想的なのだろうか?

その昔、塩は貴重品とされ、なかなか取れないものであり、現代のように過剰摂取などは考えられなかった。

その時代に創られた陰陽五行説は、やはり塩が過剰であるという前提はそこにはなく、塩は腎に良いので摂取すべし、としているのだ。

しかし、時は現代になり、昭和の時代なら漬物や干物に塩分は多く含まれ、平成に入るとジャンクフードやスナック菓子に塩分は過剰に含まれている。

その結果、塩分が問題となるに至ってしまった、本来塩自体は悪いものではないのに・・・。

じゃあ我々どうすれば良いのだろうか?塩をとるのをなるべく我慢することに終始すべきなのか?

いやいや、まずすべきなのは、腎の強化である。

腎さえ丈夫であれば、多少塩分を摂ってもしっかりと全身を巡らし、排出してくれるので問題となることはない。

次にすべきことは、自身の体質にあった食事を強化することである。

自身の体質にあった食事を陰陽五行説に基づいて行えば、自ずと塩分が過剰になることはない。むしろ当初は味気ないと感じるくらいだろう。

最後にちょっとマニアックな人がすべきことは、塩選びである。

私も所属している肝臓腎臓強化部では塩について熱く語っている、「どの岩塩が体にいいのか」など互いに情報交換しているのだ。

やはり質の良い塩をとり腎を強化していれば、多少塩分を摂ってもビクともしない体になっているはずである。

最後に今日の結論として、現代人が塩分摂取が過剰であることは間違いないが、それが不健康を導いているということにはならないので「×」とさせて頂こう。

追伸

すぐにでもうつ病を克服したい方は以下の5日間無料講座で必ず勉強していただきたい。

うつ病のためのクイックメール講座

この記事を書いた人

木村 隆
医学部在学中より中国伝統医療、東洋医学(中医学)に興味を持ち、そのセルフヘルプ効力の程に感動を覚え、独学で勉強をすすめる。

現役の「精神科専門医」として都内有名大学病院で診療・研究を続けながらも、西洋医学のみのうつ病治療、日本の漢方薬治療に不全感を感じていた。本物の東洋医学(中医学)の師となるドクターを探し求める内にマレーシアジョホールバルで東洋医学(中医学)を用いた医療活動を行っているドクター黄龍英氏の噂を聞きつけ、教えを乞うために現地に訪れる。

実際の対話後、その治療技術と見識のレベルの高さに驚愕し、以後中国伝統医療である東洋医学(中医学)を真剣に学ぶ決意を固める。何よりも沢山の患者さんに「うつ病」を改善してもらうために。

無料動画プレゼント

夜中に子供が急な発熱!その場ではおでこを冷やし、翌日病院で解熱剤をもらってくる・・・なんてことしてませんか?

実は、東洋医学の知識が少しあれば、『スプーン』を使って、しかもたった10分程度で熱を冷ますことが可能なのです。

今すぐ無料メルマガに登録して、動画プレゼントを確認してみてください。

無料動画プレゼントを今すぐ確認する

関連記事

東洋医学の理解に欠かせない陰陽五行説を理解する③

東洋医学の理解に欠かせない陰陽五行説を理解する③

うつ病を自分・家族・恋人が自ら克服するには、やはり西洋医学ではなく、東洋医学に基づいたセルフヘルプし

記事を読む

私の親戚がついに黄先生から直接施術していただいたエピソードを公開

私の親戚がついに黄先生から直接施術していただいたエピソードを公開

本日は私の親戚が最近、黄先生に診ていただいた話を公開しよう。 私の親戚は、数年前に直腸癌を患い、手

記事を読む

アトピー性皮膚炎はステロイドではなく足もみで改善させよう!

アトピー性皮膚炎はステロイドではなく足もみで改善させよう!

うつ病の患者さんの多くは様々な合併症で悩んでいるが、その合併症の代表格にアトピー性皮膚炎があげられる

記事を読む

東洋医学の理解に欠かせない陰陽五行説を理解する④

東洋医学の理解に欠かせない陰陽五行説を理解する④

うつ病になったとき、まず病院に行くかもしれないが、精神科医師から処方されるお薬だけではなかなか良くな

記事を読む

マクロビオティック (Macrobiotic) にこだわると、うつ病になってしまう?!

マクロビオティック (Macrobiotic) にこだわると、うつ病になってしまう?!

うつ病の予防にも改善にも食事は重要な役割を果たすと常々発信しているが、だからと言ってマクロビオティッ

記事を読む

うつ病の型(熱型と寒型)を見極めるのは実は難しい?!

うつ病の型(熱型と寒型)を見極めるのは実は難しい?!

うつ病を陰陽五行説を基にした東洋医学でみてみた場合、熱型うつ病と寒型うつ病に大別されるという話をした

記事を読む

うつ病に木村隆が向き合わなければならない理由

うつ病に木村隆が向き合わなければならない理由

うつ病で苦しむ人は私がこの文章を書いているこの瞬間にも増えており、もはや国民病になったと言えるだろう

記事を読む

うつ病に対する西洋医学最新治療のどこが問題なのか?

うつ病に対する西洋医学最新治療のどこが問題なのか?

うつ病であった母の闘病記を通して私は精神科医になったのだと再度痛感したが、やはりこの経験は絶対に無駄

記事を読む

肝臓腎臓強化部女子会イベント報告

肝臓腎臓強化部女子会イベント報告

うつ病を引き起こす現代人の間違った食生活特集を日々発信しているが、本日は臨時バージョンというが番外編

記事を読む

この度改正された労働安全衛生法のストレスチェック制度と何か?

この度改正された労働安全衛生法のストレスチェック制度と何か?

うつ病になってしまった人の多くは、会社での過剰な残業やストレスの多い業務、そしてパワハラまがいの人間

記事を読む

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑