ED改善5つの戦術の一つ【気功体操】とは?

公開日: : 最終更新日:2014/05/24 東洋医学で勃起不全改善!甦れ漢たち

ED改善5つの戦術の一つ【気功体操】とは?

ED(勃起不全)改善のために行なう5つの戦術の一つ『気功体操』。

【気功】というと空想の世界だけの話。

東洋医学(中医学)のマスター、双龍門第76代継承者『黄龍英』先生に出会うまで、全く信じてはいなかった。

手をかざしただけで、ヒトが操り人形のように動かされたり、身体の症状が緩和されたり。

目に見えない力(ちから)で、ヒトを投げ飛ばしたり、動けなくしたり。

そんなパフォーマンスをテレビという媒体を通して見る度に、

「こんなのあり得ないでしょ」

と思っていたのだ。

幼い頃に築かれた常識

幼い頃に夢中になった『北斗の拳』や『ドラゴンボール』の中で主人公たちが使う特殊能力。

『北斗の拳』では、殺人拳として秘功を駆使し、『ドラゴンボール』では、【気】で敵を攻撃する。

「こんなことができれば・・・」

そう思って手から【気】が放たれるイメージで、形だけ真似てやってみたが・・・。

全く何も起こらず。

やっぱりこれは空想の世界だけの話で、実際には存在しないんだと、痛感した出来事だった。

そんな経験をしていたから、【気功】と言われても、

「どうせ効果なんてないでしょ」

と最初から決めつけていたのだ。

【気功】とは?

東洋医学(中医学)のマスター、双龍門第76代継承者『黄龍英』先生の口から話された【気功】の真実。

その一つ一つが自分の中で築き上げられた常識を覆す内容だった。

例えば、

・気功でヒトを投げ飛ばす

→パフォーマンスであり、 実際にやるには相当の年月がかかるため、 ほとんどが嘘。

・気功で症状を改善させる

→習得にはかなりの年月がかかる。『黄龍英』先生が行なっている施術。達人になると、握手をするだけで、相手の内臓を動かすことができる。

というのだ。

そもそも【気功】とは、筋肉、皮、骨、神経、血脈といったものの全てが五臓六腑に関係するという考えの基に成り立っている。

例えば、東洋医学(中医学)で言うところの【脾】は筋肉と関係があり、筋肉を動かすことで【脾】が強化できる。

そして神経や筋膜を動かすことで【肝】を強化でき、骨と関節を動かすことで【腎】が強化できると考えられている。

それに呼吸法を併せることで、エネルギーを体内に溜めるという役割を果たすというものなのである。

『ドラゴンボール』のように、【気】で敵を攻撃するという事はできないが、【気功】によりパワーアップする事は可能と言われても、実際、最初に目にしたときは、

「こんなので効果あるの?」

と半信半疑。

【気功】への疑いの気持ちを持ったままだったが、東洋医学(中医学)のマスター、双龍門第76代継承者『黄龍英』先生の揺るがない言動と、東洋医学(中医学)による体調改善で4ヶ月で体重が103kgから72kgへ減少し、持病であったアトピー、喘息、花粉症が根治した【P強化部】の設立者『ポコン総帥』の勧めもあり、とりあえずやってみることにした。

筋トレできないからしょうがなく【気功】

筋トレこそ最強の肉体鍛錬法である。
そう信じて疑わなかった自分。

そんな自分にとって、【気功】で筋肉を鍛えることができるという情報は、

「いやいや、そんなはずないでしょ」

という否定の気持ちでいっぱいだった。

しかし東洋医学(中医学)のマスター、双龍門第76代継承者『黄龍英』先生に、身体を診てもらった際、

「これじゃ、筋トレしても意味がないよ」

と言われ、しばらく筋トレ禁止の通告をいただいたため、このままでは筋肉が落ちてしまうという危機感から、何もしないよりは【気功】をやった方がいいと判断し、半信半疑ながらも取り組むことにした。

【気功】には2種類あり、動きのついた『動功』と、同じ姿勢を取り続ける『静功』がある。

そして【気功】を始める前には、『準備功』というスポーツでいう準備運動的なものと、終わった後には、『収功』という身体に【気】を収めるスポーツでいうクールダウンみたいなものがある。

特に『収功』は、【気功】をやった後、必ず行わないと身体に痛みが出たり、調子が悪くなったりするとのこと。

そんな注意点を踏まえながら、初めての【気功】に挑戦することになったのだ。

馬鹿にしていた気持ちが・・・

筋トレで身体を鍛えていたから、体力には多少自信があり、

「【気功】なんて・・・(へっ!)」

という馬鹿にした気持ちがあったが、やってみると全身から大量の汗が。

「単純な運動なのに、こんなにきついなんて!」

『準備功』の後に、全く動かず同じ姿勢を保つ『静功』の一つ『タントウコウ』を3分やっただけで、両脚はプルプルと小刻みに震え、額からは汗が流れ落ち、全身が熱を帯びてくるのがはっきりとわかった。

そして終了後も両脚の震えは止まらず、

「【気功】なんてと馬鹿にしてごめんなさいm(_ _)m」

と取り組む前とは180°考えが変わっていたのだ。

筋トレと【気功】の違い

筋トレと【気功】。

大きな意味で身体を鍛錬するという同じ目的を持っていてもその内容は全く違う。

筋トレは、筋肉を酷使することで、筋繊維に傷をつけ、回復させることで大きくしようとするもの。

つまり身体を傷つけ、体力を削って行うものである。

それに対して【気功】は、身体を動かすことで、五臓六腑を強化し、エネルギーを体内に蓄えるというもの。

その過程で、内臓(肝・心・脾・肺・腎)に関わる骨や皮、筋肉、筋膜、神経といったものも、同時に強化されるため、筋肉が大きくなるというものである。

筋トレは体内のエネルギーを使い果たして、その代わりに筋肉を大きくしようとするもので、【気功】はエネルギーを身体に充填することで、筋肉に栄養を与え、活性化しようとするもの。

同じ肉体鍛錬法であっても、全く逆の性質を持つものだったのだ。

追伸

ED(勃起不全)改善のための『気功体操』についてもっと詳しく知る事ができるのは、【P強化部】だけである。

P強化部詳細PDF

『P強化部』の詳細資料PDFを確認してみる

なお、活動収益の大部分は、マレーシアジョホールバルに設立された、不妊症、子宮筋腫、生理痛、うつ病、更年期障害、不眠症の研究を行う「東洋医学研究所」の発展のために寄付することになる。

この記事を書いた人

ペニー 大佐
20年間、競技スポーツに携わり、最強の肉体は6つに割れた腹筋だと確信し、筋トレに励む日々。しかし30歳を超えてから、朝立ちがなくなり、夜の営みへの意欲も薄れてきた。

年齢のせいだと思っていた矢先、双龍門第76代掌門(継承者)『黄龍英』先生と出会い、「足の親指の第一関節外側部分にタコのようなものや、皮膚が異様に硬くなっている場合、男性機能が衰えている」という事実を聞かされ、自分の足の親指の第一関節外側部分を確認してみると、見事に両足の親指の第一関節外側部分に立派なタコができていることに気付き、愕然とし、男の自信を失いかける。

しかし、双龍門の秘術による男性機能回復法を『黄龍英』先生に伝授していただき、希望の光を見出すと共に、【P強化部】の立ち上げに参加し、ポコン総帥から大佐の称号を与えられる。

男性機能の衰えという悩みを秘め持つ「同士」と共に、天にそびえ立つ完全体(グレイト・ポコン)を目指し、啓蒙活動と、自己研鑽に励んでいる。

無料動画プレゼント

夜中に子供が急な発熱!その場ではおでこを冷やし、翌日病院で解熱剤をもらってくる・・・なんてことしてませんか?

実は、東洋医学の知識が少しあれば、『スプーン』を使って、しかもたった10分程度で熱を冷ますことが可能なのです。

今すぐ無料メルマガに登録して、動画プレゼントを確認してみてください。

無料動画プレゼントを今すぐ確認する

関連記事

体の硬さと筋肉の『ねじれ』は関係している

体の硬さと筋肉の『ねじれ』は関係している

東洋医学(中医学)の筋肉理論を知ると体の硬さの原因まで特定できてしまう。 先日、グランドマスター『

記事を読む

ED改善で真の漢(おとこ)になるのはいつ?

ED改善で真の漢(おとこ)になるのはいつ?

この世には2種類の男性しかいない。 生命力(精力)を使いこなす男性と、生命力(精力)を枯渇させる男

記事を読む

筋肉修行@八王子

筋肉修行@八王子

金曜日、会社の仕事が終了したと同時に、自分は急いで車に乗り込んだ。 そしてワクワクしながら、八王子

記事を読む

あそこも身体もムキムキにする食材とは?

あそこも身体もムキムキにする食材とは?

食欲の秋と言われるほど、この時期、豊富な食材が実り、旬を迎える。 自分の家の周りの田んぼでも、稲穂

記事を読む

ED改善しながらムキムキになる方法

ED改善しながらムキムキになる方法

身体を徹底的に鍛え上げ、武器に変え、それぞれのフィールドで闘うアスリートたち。 自分もアマチュアで

記事を読む

半年前まで肉を食べるのはNGだった理由

半年前まで肉を食べるのはNGだった理由

最近は体調が回復して以来、毎日肉を食べている。 今は普通に肉を食べられているが、振り返ってみると、

記事を読む

双龍門鍛錬法ならいつでもどこでも

双龍門鍛錬法ならいつでもどこでも

平日の日中。 普段は工場系男子として働いている自分は、会社のタイムフレームの中で動いている。 一

記事を読む

NewImage.png

わくわくED改善生活

自分の「相棒」(ポコちゃん)の性能が著しく低下していることを認め、性豪軍に勝利し、我々のライフスタイ

記事を読む

自己啓発の違和感が東洋医学(中医学)で解決した件

自己啓発の違和感が東洋医学(中医学)で解決した件

自分は以前、自己啓発にはまっていた時期があった。 そのきっかけになったのは、自分が毎週欠かさず読ん

記事を読む

娘が熱を出したので、小児科に行ってみたら。。。

娘が熱を出したので、小児科に行ってみたら。。。

先週、娘の調子が優れず、保育園をお休みしてた。 週末になっても、熱が上がったり下がったりを繰り返し

記事を読む

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑