帝王学とは陰陽五行説 東洋人だからこそ知る必要がある

公開日: : 最終更新日:2014/12/02 東洋医学が生み出した気功体操研究

帝王学とは陰陽五行説 東洋人だからこそ知る必要がある

日時計から始まった陰陽五行説。

古来、天文学なんて学問はなかったので、日の満ち欠けを毎日観察し、冬至と夏至を発見し、農暦(旧暦)がつくられ、春夏秋冬が分類されていった。

季節ごとの移り変わりと人に与える影響、それを合理的に区分けしていったのが”陰陽五行説”であり、”易経”なのだ。

「万物は常に変化する。」

帝王学の鉄板であり陰陽五行説のベースである”易経”は英語では”The Book of Change”と呼ばれ、「万物は常に変化する。」という事を強くうたっている。

仏教にも、

  • 盛者必衰
  • 栄枯盛衰
  • 生老病死

など変化を表す言葉があるけれど、

元を辿れば仏教や神道、儒教、道教も陰陽五行説の影響を受けているのだ。

日本人が桜を好むのも、いつでも見れるものではなく、咲いては散る儚さを知り、変化しているからこそ愛着が湧くんだろうなと思ったり。

日本文化と陰陽五行のつながりはたくさんある、例えば、

  • 年賀状の干支は陰陽五行。
  • 七五三も陰陽五行。
  • 相撲の四隅にさがっている房も陰陽五行 (青・赤・白・黒)(黄は土で土俵)。
  • 還暦の由来も陰陽五行(十干を木火土金水に分類し、十二支と組み合わせると5×12=60)
  • 土用のうなぎ も陰陽五行
  • 曜日も陰陽五行(木火土金水+陰(月)陽(日))

神社や茶道にも大きく影響を与えている。

他にも身近なところでは、野球の阪神の球場”甲子園”の由来は、陰陽五行からついている。

(甲子園が完成したのは大正13(1924)年8月1日。この年は十干が”甲(きのえ)”で十二支が”子(ね)”だったので甲子園とつけられている。(本来は虎ではないのだ!))

戦前は”陰陽五行(易経)”を学習する機会も多かったよう。

(余談として、世界で活躍している華僑にとって”陰陽五行(易経)”は常識で、グランドマスターによれば、金融大国となった華僑の街シンガポールでは、陰陽五行をベースにして建物、立地が考えられているそう。)

明治維新やWW2以後急速に西洋文化が入ってきて、東洋思想は随分影を潜めたものの、ワクチンの副作用、薬害や医原病(死因の原因が医者)などの情報が広まるにつれ、東洋人の英知であり経験学である東洋医学(陰陽五行論)が徐々に見直されてきつつあるように感じる今日この頃。

近所の雑誌コーナーでも随分と東洋医学の特集を見かけるようになってきたし。

まだまだ”陰陽五行”とのつながり、“易経”とのつながりは浅いなぁと感じつつも、一過性のブームに終わらず、時間をかけて少しずつ浸透していけばなと思う。

グランドマスターから直に伝授頂いた『双龍門気功法』も当然ながら、東洋人の文化の源ともいえる、“陰陽五行”に基づいて設計されている。

単にポーズを真似るだけでももちろん効果はあるけれど、その思想、考え方を踏まえて体現するとその絶大な効果をより体感することができる。

陰陽五行を語りだすとどれだけ時間があっても足りないけれど、その片鱗だけでもトレーニングセッションでお伝えできれば幸い。

PS.トレーニングセッションの模様はいずれメールマガジンにて配信予定、ぜひチェックを。

>>東洋医学研究所公式メールマガジンに無料で登録する<<

この記事を書いた人

青木 四郎
『双龍門気功法』に出会うまでは、天然ボケ、物忘れが多い、遅刻が多い、仕事中も集中力が続かない、事ある毎に上司に注意されうつ気味、夜のスタミナに自信がない、好奇心が薄れ何をしても冷めている・・・と誰が見てももてない男の一員だった。

仕事で失敗しても上司に口ごたえすることもできずに、帰宅後発泡酒とハイボールを飲んでストレス解消しなまけもののような日々を送り、健康診断ではメタボ予備軍と言われダイエットに取り組むものの1週間と続いた試しがなかった。

が、『双龍門気功法』に取り組んでわずか4日後・・・明らかに下半身が今までと違う感覚を覚えた。眠れる獅子が悠久の時を待っていたかのように熱く燃え上がるかのように、仕事でも集中力の違いを感じるように。

現在は、『双龍門気功法』の鍛練を通じ昼も夜も余裕たっぷりにアグレッシブに活動できている実体験を元に、女性はもちろん、年齢、性別、趣味、職業、国籍を超えた「モテる男」の育成のため『モテる男の肝腎気功強化部』を立ち上げ、『双龍門気功法』の伝達に日々努めている。

無料動画プレゼント

夜中に子供が急な発熱!その場ではおでこを冷やし、翌日病院で解熱剤をもらってくる・・・なんてことしてませんか?

実は、東洋医学の知識が少しあれば、『スプーン』を使って、しかもたった10分程度で熱を冷ますことが可能なのです。

今すぐ無料メルマガに登録して、動画プレゼントを確認してみてください。

無料動画プレゼントを今すぐ確認する

関連記事

モテる男はお土産コーナーでも原材料をチェックする

モテる男はお土産コーナーでも原材料をチェックする

中学からの同級生近藤君のリクエストで、神話の地、宮崎は高千穂で2人ぶらり旅。ひとしきり落ち着いた後は

記事を読む

肝臓に熱がある状態で秘孔をつかれたらこんなことになってしまうのだ・・

肝臓に熱がある状態で秘孔をつかれたらこんなことになってしまうのだ・・

ついにというかようやくというか、先日ついに結納を終えることができた。 両家顔合わせの場で用意された

記事を読む

モテる男は顔の広い知人と交流を持つ

モテる男は顔の広い知人と交流を持つ

「仕事?お水やってます。」 東洋医学を源流とする『双龍門気功法』に日々とりくみ、肝臓を鍛えた事で運

記事を読む

モテる男はロマンをロマンで終わらせない

モテる男はロマンをロマンで終わらせない

先日友人の呼びかけで、全員同い年たった4人の男だけの食事会に参加した。 参加者は僕と、 新婚子

記事を読む

モテる男は自分の身体に無関心ではいられない

モテる男は自分の身体に無関心ではいられない

「いや、い、いい話を聞けたと思うんですよ。あとは、続けられるか、ですね~。」 地元で開催された健康

記事を読む

モテる男は人生を最後まで精力的に活動できる

モテる男は人生を最後まで精力的に活動できる

眠れる獅子の目覚め以降、『双龍門気功法』の効果と、『新・3大悪の帝国』の情報を伝え続けてきたせいか、

記事を読む

モテる男の条件は肝臓と脾臓をケアする事

モテる男の条件は肝臓と脾臓をケアする事

ナッツの食べすぎで左脇の下に激痛が走ってから約1週間。 双龍門第76代師範代:王龍英先生に伝授頂い

記事を読む

浮かれポンチを引き戻した現実世界

浮かれポンチを引き戻した現実世界

東洋医学を源流とする『双龍門気功法』を習得して早や1年。 ブログやFacebookを通して肝臓腎臓

記事を読む

モテる男が真の健康基準についてもの申す!

モテる男が真の健康基準についてもの申す!

世間一般で言われる健康の基準は、実のところあまりに低すぎる。 年に一回の健康診断で問題がなかった

記事を読む

『双龍門気功ー男祭りー』終了!

『双龍門気功ー男祭りー』終了!

2014年8月23日(土)。 暦は立秋を過ぎ、秋の雰囲気を漂わせる中、男たちだけの熱い祭典が行なわ

記事を読む

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑