もてない男はファーストフードが腐らない事を知らない

公開日: : 最終更新日:2014/04/12 東洋医学が生み出した気功体操研究

もてない男はファーストフードが腐らない事を知らない

先日Facebookで、マクドナルド、ロッテリア、モスバーガーのハンバーガーが何日間腐らないかという実験写真を発見した。

参照元のページに結果が載っているが、46日間たってもファーストフードのハンバーガー、ポテト共にまるで変化がない。

腐らないという事は、これらのパンズが一体いつつくられたのかという事も不明。

10日前か、20日前か、それ以上か・・・

およそ食べ物とは思えない物を食べる為に、モテる男の近所のショッピングモールでは、今でも連日マックに行列ができている。

モテる男のファーストフードの思い出

始めてファーストフードを食べたのは小学生の時。元旦にあわせてゴジラvsメカゴジラやらゴジラvsメカキングギドラやらドラゴンボールかドラえもんの映画を家族全員で見て、終わった後にファーストフードを食べるという謎の習慣が何年か続いていた。

ファーストフードを食べるのは年に1回きり。コンビニ帝国の存在を全く知らなかった当時、市内に行く度にファーストフードに行きたいと何度もせがんだが両親はかたくなに拒否していた。今思えば本当に両親に感謝したい。

ファーストフードは麻薬と同じように脳の快楽中枢を満足させると同時に、砂糖や精製デンプンが大量に含まれているためにあっというまに血糖値が上昇し、血糖値を下げるためにインシュリンが大量投入され、ブドウ糖が減少して低血糖症状が発生する。もちろん栄養なんてほとんどない。

もし子どもの言う通りにファーストフードに通い詰めていたら低血糖症になっていた可能性も充分にありえる。フロリダ州の医師ステファン・ジーランドは、1,200人の低血糖症の患者から症状を集計したそうだが、低血糖症の人達は、

  • 神経質 … 94%
  • イライラ … 89%
  • 消耗  … 87%
  • 冷や汗や身体の震え … 86%
  • いわれのない不安や持続性の心配 … 62%
  • 脈拍が速くなる … 57%
  • 心臓がドキドキする … 54%
  • パニック、呼吸が浅くなる … 37%

といった問題を抱えているようだ。

もてない男はファーストフードが腐らない事を知らない

幸運にもモテる男の両親は、子どもの頃に培った味覚を頼りにファーストフードを避けてくれたため、正常な味覚のままでいられたが、

連日マックに並んでいる親子連れや学生は、ファーストフードを食べる程中毒化し、味覚がおかしくなり、うつ気味になり草食化し、徐々にへたれなもてない男になるのは明白。

もてない男はファーストフードが腐らない事を知らないが、彼らにはその自覚はまるでなく、食の情報格差がますます開いている事にまったく気づいていない。まさに茹でガエルだ。

彼らがまったく気づいていない最中、モテる男は粛々と食を吟味し、『双龍門気功法』で日々内臓を鍛える事で、食と身体の情報格差をうまいことのりこなすのだ。

参照元:
  46日目 ファーストフードは腐るのか? ファーストフードで妊娠糖尿病
  これではもう食べれない?ファーストフードの悪評の数々
  ジャンクフードのとり過ぎと低血糖症、不安障害から非行へ
  あなたのお子さんは大丈夫?味覚は子供の頃に決まるらしい・・

モテる男も活動の肝臓腎臓強化部。

東洋医学を軸に昼も夜もパワフルに活動し、女性にはもちろん、年齢・性別・職業・趣味を超えた”人間にモテる男”を共に目指そう。

参加人数は現在900人超。日々活発な意見交換がされている。

生涯にわたりバイアグラ不要の充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。絶倫になりたいと思うなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

  肝臓腎臓強化部に参加する

この記事を書いた人

青木 四郎
『双龍門気功法』に出会うまでは、天然ボケ、物忘れが多い、遅刻が多い、仕事中も集中力が続かない、事ある毎に上司に注意されうつ気味、夜のスタミナに自信がない、好奇心が薄れ何をしても冷めている・・・と誰が見てももてない男の一員だった。

仕事で失敗しても上司に口ごたえすることもできずに、帰宅後発泡酒とハイボールを飲んでストレス解消しなまけもののような日々を送り、健康診断ではメタボ予備軍と言われダイエットに取り組むものの1週間と続いた試しがなかった。

が、『双龍門気功法』に取り組んでわずか4日後・・・明らかに下半身が今までと違う感覚を覚えた。眠れる獅子が悠久の時を待っていたかのように熱く燃え上がるかのように、仕事でも集中力の違いを感じるように。

現在は、『双龍門気功法』の鍛練を通じ昼も夜も余裕たっぷりにアグレッシブに活動できている実体験を元に、女性はもちろん、年齢、性別、趣味、職業、国籍を超えた「モテる男」の育成のため『モテる男の肝腎気功強化部』を立ち上げ、『双龍門気功法』の伝達に日々努めている。

無料動画プレゼント

夜中に子供が急な発熱!その場ではおでこを冷やし、翌日病院で解熱剤をもらってくる・・・なんてことしてませんか?

実は、東洋医学の知識が少しあれば、『スプーン』を使って、しかもたった10分程度で熱を冷ますことが可能なのです。

今すぐ無料メルマガに登録して、動画プレゼントを確認してみてください。

無料動画プレゼントを今すぐ確認する

関連記事

モテる男の条件は新たな出会いをビビらない事

モテる男の条件は新たな出会いをビビらない事

共通のロマンを持ったコミュニティに参加した事で、 翻訳の会社を立ち上げたアメリカ人 餃子の王将を

記事を読む

東洋医学の知名度は3時間スペシャルが行われる程知名度が高くなってきた

東洋医学の知名度は3時間スペシャルが行われる程知名度が高くなってきた

ついに時代が我々に追いついたのか・・ 最近そう思う事が頻繁にある。 先日も、東洋医学と西洋医学ど

記事を読む

モテる男の時間の使い方はまるで濃厚なエスプレッソ

モテる男の時間の使い方はまるで濃厚なエスプレッソ

モテる男は時間の使い方がうまい。集中力が高いのも要因の一つだが、そもそも考え方がシンプルである場合が

記事を読む

トランス脂肪酸を断固拒否するのがモテる男

トランス脂肪酸を断固拒否するのがモテる男

モテる男も活動中の肝臓腎臓強化部のメンバーより、仕事上つきあいのある西洋医や薬剤師に添加物等の話をし

記事を読む

泡醤油なんてわざわざ選ばないのがモテる男

泡醤油なんてわざわざ選ばないのがモテる男

先日Facebookで”舞妓さんの泡醤油”なる記事を発見。 元々は、舞妓さんの着物を汚さないために開

記事を読む

395

モテる男にバイアグラは不要。双龍門気功法で腎を鍛えるから

モテる男の気功強化部が目指すのは、昼も夜も精力あふれ活躍できる、男の中の男。モテる男にとって、夜が強

記事を読む

筋トレの16のデメリット 気功の5つのメリット

筋トレの16のデメリット 気功の5つのメリット

「筋トレ?あれ身体壊すだけだよ。」 前々から気になっていた、筋トレと気功の違いについて、グランドマ

記事を読む

モテる男は彼女をキッチンドランカーにはさせない

モテる男は彼女をキッチンドランカーにはさせない

「専業主婦って意外とアル中多いんですよ〜。」 地元の懇談会で手配していた、お触りなしのスーパーコン

記事を読む

視力低下を肝臓鍛錬で克服するのがモテる男

視力低下を肝臓鍛錬で克服するのがモテる男

モテる男の本職はデスクワーク。朝9時前に自席に座りノートPCの電源をつけると1時間近くずーっとカチャ

記事を読む

浮かれポンチを引き戻した現実世界

浮かれポンチを引き戻した現実世界

東洋医学を源流とする『双龍門気功法』を習得して早や1年。 ブログやFacebookを通して肝臓腎臓

記事を読む

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑