いかなる場面でも覇気をだしながら取り組むのがモテる男

公開日: : 最終更新日:2014/04/16 東洋医学が生み出した気功体操研究

いかなる場面でも覇気をだしながら取り組むのがモテる男

女性にはもちろん、年齢、性別、趣味、職業、国籍を超えて、“人間にモテる男”を増やすため、今後のオフライン活動の参考になればと思い、地元でタイミングよく開催されていた健康系セミナーに参加した時の事。

約3時間に渡り座学+実践があり、ふわふわと歩くような運動で、『双龍門気功法』にも通じる所が数多くあり勉強になったと同時に、東洋医学を源流とする『双龍門気功法』がどれだけ『肝』『腎』に直結しているのかと再認識しつつ、 セミナー終盤、10数名の参加者が順に体験後の感想を話していた時だった。

「いや、い、いい話を聞けたと思うんですよ。あとは、続けられるか、ですね~。」

と首をかしげながら自信なさげに語る分厚いメガネの男性。

思わず「ん?」と違和感を感じた僕は、東洋医学を源流とする『双龍門気功法』で培った『見聞色の覇気』を使い、“ザ・ワールド”で時間を止めたようにすかさずメガネ男子の呼吸、しぐさ、姿勢、態度、視線、肌のつや、服装、顔つき、言動、をチェック。

  • 呼吸は浅く、
  • 猫背で自信なさげ。
  • セミナー内容にしっくりきていないのか視線も下向きがち。
  • 服装は全身黒。
  • 放つ言動にも覇気を感じられない。

『肝』『腎』に加え脾臓も随分弱っているようだ。

僕にとっては貴重な体験で、これからのオフライン活動に積極的に取り入れたいと思えたが、メガネ男子は僕と同じくらいの体験価値を感じる事ができただろうか。

その答えはもちろん彼にしかわからないが。

モテる男はいかなる場合も気をたぎらせる

もしかしたら彼は、ゴールドエクスペリエンスのようなとんでもない特殊能力を持っているかも知れないが、少なくとも出会った当時、メガネ男子に覇気を感じる事はできなかった。

『肝』『腎』を鍛え、少しずつだが『見聞色の覇気』を使えるようになると、当人が秘め持つ内臓の強さというものを薄々と感じ取れるようになる。黙して語らずとも、覇気を持つ人はそのオーラがにじみ出ているのだ。

それに気づく人は気づき、出会ってわずか数時間で意気投合し、様々な情報や人脈が相乗効果に増える事もよくある。

貴重な時間、貴重な出会いを一時もムダにしない様、モテる男たる者、いついかなる場合でも覇気をたぎらせておきたい。

覇気をたぎらせる為の最も最短ルート、それが、約1,800年前の時の皇帝のためにあみだされた、東洋医学を源流とする内臓鍛錬法、『双龍門気功法』だ。

モテる男も活動の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活動で、女性にはもちろん、年齢・性別・職業・趣味を超えた”人間にモテる男”を共に目指そう。

参加人数は現在1,000人超。東洋医学を軸に日々活発な意見交換がされている。

生涯にわたりバイアグラ不要の充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。絶倫になりたいと思うなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

  肝臓腎臓強化部に参加する

この記事を書いた人

青木 四郎
『双龍門気功法』に出会うまでは、天然ボケ、物忘れが多い、遅刻が多い、仕事中も集中力が続かない、事ある毎に上司に注意されうつ気味、夜のスタミナに自信がない、好奇心が薄れ何をしても冷めている・・・と誰が見てももてない男の一員だった。

仕事で失敗しても上司に口ごたえすることもできずに、帰宅後発泡酒とハイボールを飲んでストレス解消しなまけもののような日々を送り、健康診断ではメタボ予備軍と言われダイエットに取り組むものの1週間と続いた試しがなかった。

が、『双龍門気功法』に取り組んでわずか4日後・・・明らかに下半身が今までと違う感覚を覚えた。眠れる獅子が悠久の時を待っていたかのように熱く燃え上がるかのように、仕事でも集中力の違いを感じるように。

現在は、『双龍門気功法』の鍛練を通じ昼も夜も余裕たっぷりにアグレッシブに活動できている実体験を元に、女性はもちろん、年齢、性別、趣味、職業、国籍を超えた「モテる男」の育成のため『モテる男の肝腎気功強化部』を立ち上げ、『双龍門気功法』の伝達に日々努めている。

無料動画プレゼント

夜中に子供が急な発熱!その場ではおでこを冷やし、翌日病院で解熱剤をもらってくる・・・なんてことしてませんか?

実は、東洋医学の知識が少しあれば、『スプーン』を使って、しかもたった10分程度で熱を冷ますことが可能なのです。

今すぐ無料メルマガに登録して、動画プレゼントを確認してみてください。

無料動画プレゼントを今すぐ確認する

関連記事

モテる男に甘ったるいクリスマスは不要

モテる男に甘ったるいクリスマスは不要

クリスマス当日。 改装後の博多駅は、白、青、紫がうまいこと調和された、キレイなイルミネーションにつ

記事を読む

健康診断のためになんちゃってスパートをかけないのがモテる男

健康診断のためになんちゃってスパートをかけないのがモテる男

桜の季節が到来するたび、現役サラリーマンであるモテる男の脳裏をよぎるのは健康診断だ。 毎年のように

記事を読む

すぐ怒る人は肝臓に負担がかかっているもてない男

すぐ怒る人は肝臓に負担がかかっているもてない男

「い〜な〜せだっね、夏を連れて来た人っ♪」 毎年恒例の地域行事に参加し、歓送迎会の3次会での出来事

記事を読む

睡眠薬に頼らずとも熟睡するのがモテる男

睡眠薬に頼らずとも熟睡するのがモテる男

「もう過剰摂取しちゃってます。」 Facebookを流し読みしていると気になる投稿が。どうやら不眠

記事を読む

彼女とのエッチをしっかり楽しむのがモテる男

彼女とのエッチをしっかり楽しむのがモテる男

「全然違ったよ!私宣言したいくらい!」 熊本から長崎へのドライブ中、東洋医学を源流とする『双龍門気

記事を読む

祖母へのプレゼントは健康志向なのがモテる男流

祖母へのプレゼントは健康志向なのがモテる男流

数ヶ月前の事。 すっかり健康志向になった彼女から、ドラえもんもびっくりの便利アイテムの存在を知った

記事を読む

断捨離を徹底的にこなすからこそモテる男たらしめるのだ

断捨離を徹底的にこなすからこそモテる男たらしめるのだ

年末恒例行事といえば大掃除だが、もてない男だった頃は、やけにモノが捨てれない性格だった。 冬休みに

記事を読む

気功耐久戦を見越してタントウコウに取り組むモテる男

気功耐久戦を見越してタントウコウに取り組むモテる男

「私たちは1日9時間気功やってたんだから。」 「本当の気功はまるで暴れ馬をコントロールするようなも

記事を読む

社長族のママはいくつになってもコスプレがお好き

社長族のママはいくつになってもコスプレがお好き

黒木メイサと藤原紀香を足したようなレースクイーンにもなれそうな美貌を持ち、夜はガールズバーで働く姉御

記事を読む

ワクチン予防接種の内実を知るのがモテる男

ワクチン予防接種の内実を知るのがモテる男

先日、ドラッグ帝国の稼ぎ頭”ワクチン予防接種”に関して、大変分かりやすい記事を見つけたので紹介したい

記事を読む

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑