男性不妊症とは子供ができないこと

男性不妊症とは子供ができないこと

男性不妊症とは子供ができないこと

今回もヤフー知恵袋の質問から・・・

これは思わず吹き出してしまった。質問内容だが・・・

頑張っているのに子供ができません。不妊症でしょうか?

はい!不妊症です(声を大にして・・・笑)

これが真面目な質問なのか、面白おかしく書かれたものなのかはわからない。ただ、なんとなく、本当っぽく答えも非常に丁寧に書かれていた。

もちろん、西洋医学的にな回答のみであるが・・・いわゆる2年間正常な性生活を営みながら、子供が出来ない状態を云々という事から始まり、女性の場合の対処法。男性の対処法が書かれているものだった。

このブログは男性不妊症に特化しているので、男性の対処法に注目しているのだが、ここでも無難に、検査から始まり、いつものお決まりコースである。

規則正しい生活、生活習慣の改善、漢方、サプリなど

もちろん、正しい事が書かれている。しかし、私がもし回答するならこう書くだろう。

はい、不妊症です。しかも原因はあなたです。検査は必要ありません。直ちに男性不妊改善6ヶ月間集中プログラムを実践して下さい。あなたが不妊症なのは間違いないことです。大切な2年以上を棒に振ってしまったかもしれません。とにかく急いで実践して下さい。同時に、あなたが30代後半であるならば、人口受精・体外受精・顕微授精を検討しなくてはならないかもしれません。こちらも急ぎ奥様の病院で相談を受けて下さい。

くれぐれも間違わないで下さい。あなたが不妊症です。間違いありません!

こう質問者に答えるだろう。実際はヤフー知恵袋では、他のサイトへの誘導が禁止されていうのでお伝えできない。男性不妊改善6ヶ月間集中プログラムの宣伝はともかく、肝心な事は、早く、出来るだけの手を打つという事なのだ。男性不妊改善6ヶ月間集中プログラムは、東洋医学をベースに自分で出来ることをまとめてある。だから時間勝負である不妊症との戦いでは、躊躇無く実践してもらいたいと思っている。害があっては問題だが、変なものを口に入れたりするわけでもなく副作用もないのだから、やらない理由がないのである。

とにかく早く行動する事が不妊症撃退への近道

この質問者には、一刻も早く不妊治療にのぞんでもらいたいものだが、このような質問をしている時点で難しいかもしれない。理屈はいいから、さっさと動けというのが私の率直な感想だった。そんな質問をしているひまはないのだから。

過去にもふれているが、不妊症は女性の問題ではない。むしろ男性の問題と捉えるべきである。女性の複雑な身体を正常化するよりも、男性の精の力を強化する方が、はるかに安価で早く不妊の問題を解決できると信じている。

とにかく、早く、できることをする。これが大切だ。

で、何をすればいいのかってことが、この男性不妊改善6ヶ月間集中プログラムにはしるされているのだ。男性不妊症は病気である。つまりあなたは病気なのだ。病気なら治しますだろう。そのためには治療方法が必要だろう。治療方法はいくつもあるのだ。もちろん、西洋医学での治療もその一つである。やれることを素早く始める。

不妊は男性の問題ですが、出来ることは限られている。やれることを早くやって欲しい。これが私の希望である。どんな名医も、どんな医療技術も、時に勝つ事は出来ない。一刻も早く男性不妊症の治療に取り掛かるべきである。

不妊は時間との戦いなのです!

【子供が欲しい】男性不妊改善6ヶ月間集中プログラム

http://toyo5.com/funin/intro.pdf

不妊症は男の病気だ!男が元気になれば男性不妊症は克服できる!

男性不妊症の原因として、主に以下の5つを紹介した。

精子がうまく作れない造精機能障害
精子をうまく送れない精路通過障害
精子がうまく働かない副性器機能障害
射精がうまくできない性機能障害
染色体の異常など  原因不明

しかし、これは西洋医学的な考え方だ。原因を特定しなければ解決できない医学の限界でもある。東洋医学(中医学)はもっと単純であるが、深い意味がある。

東洋医学(中医学)は複雑に考えない

東洋医学(中医学)は、気・血・津の流れをスムーズにし、自らの体調を整えることで免疫力を強化し人間の持つ自然治癒力を最大限発揮させることを目指す医学である。結果的に強い身体をつくることになる。健康でなければ育児も大変である。東洋医学で不妊撃退と健康体を手に入れて欲しい。

【子供が欲しい】男性不妊改善6ヶ月間集中プログラム

http://toyo5.com/funin/intro.pdf

不妊症は男の病気だ!男が元気になれば男性不妊症は克服できる!

この記事を書いた人

茂山 藍風
精子無力症および乏精子症という男性不妊症どストライクでありながら、41歳にして初めて自分の子供を抱く事ができた幸せ者。さらに2人目不妊の問題もなく、2年後には長男を授かる。

この幸せを味わえずに肉体的にも精神的にも経済的にも辛い思いをしている人のために何かできないかと考えていたところ、マレーシアの東洋医学(中医学)のグランドマスター黄龍英先生と出会う。

この出会いにより男性不妊克服のためのメソッドを授けられる。男性不妊症の存在を世に知らしめるとともに、一人でも多くの男性不妊を克服させる使命のために活動中。

無料動画プレゼント

夜中に子供が急な発熱!その場ではおでこを冷やし、翌日病院で解熱剤をもらってくる・・・なんてことしてませんか?

実は、東洋医学の知識が少しあれば、『スプーン』を使って、しかもたった10分程度で熱を冷ますことが可能なのです。

今すぐ無料メルマガに登録して、動画プレゼントを確認してみてください。

無料動画プレゼントを今すぐ確認する

関連記事

様々なお悩み相談と受け皿

男性不妊症に関しては・・・森三中の大島さんが妊娠

森三中の大島さん妊娠おめでとう。 このブログの記事を執筆中に非常に嬉しいニュースが飛び込んできた。

記事を読む

男性不妊症という言葉の認知度

男性不妊症という言葉の認知度

男性不妊症はポピュラーな病気である 私の住む静岡市では「妊活応援なび」というCMが流れている。奥さ

記事を読む

男性不妊症の治療方法ー西洋医学全般

男性不妊症の治療方法ー西洋医学全般

西洋医学的な男性不妊症の治療法はない 男性不妊症の原因として、主に以下の5つである。 精子がうま

記事を読む

男性不妊症の症状 セックスできない

男性不妊症の症状 セックスできない

ED(勃起不全)は男性不妊症の代表的症状 男性不妊症の原因として、主に以下の5つである。 精子が

記事を読む

東洋医学と西洋医学の根本的な違い

東洋医学と西洋医学の根本的な違い

東洋医学を考えてみよう。 東洋医学は「痛み」をとる医学ではない 東洋医学は長く重い歴史がある。し

記事を読む

東洋医学と陰陽五行説

東洋医学と陰陽五行説

東洋医学の概要についてはご理解いただいたと思う。今日は東洋医学の根幹をなす考え方の紹介をしよう。

記事を読む

男性不妊症の東洋医学(中医学)的改善の費用

男性不妊症の東洋医学(中医学)的改善の費用

東洋医学で男性不妊症を改善すると言っても、この日本でお話をした場合には東洋医学は「漢方」を意味するこ

記事を読む

男性不妊症とセックスレス

男性不妊症とセックスレス

男性不妊症の多くは〇〇○の回数が少ない 男性不妊症の多くは、東洋医学的には『腎』が弱い。というのも

記事を読む

不妊症治療は男性から行なうべき3つの理由

不妊症治療は男性から行なうべき3つの理由

男性不妊症を扱っている病院は以前に比べ増えている。しかしその取り組みは私に言わせれば不十分だ。子供が

記事を読む

男性不妊症の検査によってわかること

男性不妊症の検査によってわかること

私は不妊症治療のスペシャリストであり東洋医学の権威である黄龍英先生について学びを得ている。しかし、私

記事を読む

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑