男性不妊症だった男が学生だった頃

公開日: : 最終更新日:2014/04/12 東洋医学による男女別不妊症の治療

男性不妊症だった男が学生だった頃

男性不妊症という言葉さえ知らない者が多い中で、なぜ私がこのブログを通じて、貴男にこのことを伝えたいのかを書いていきたいが、その前に私自身の経験を見てもらった方が良いと思うので、私の事を少しお話ししておきたい。

精子無力症・乏精子症を乗り越えて41歳にして我が子に対面できた男性不妊克服のスペシャリスト 田村 茂

2014年1月現在43歳2児の父

検査の結果、精子無力症・乏精子症であると診断されたが、東洋医学に出会ったことで2011年、41歳の時に待望の第一子(長女)を授かる。東洋医学の前には二人目不妊の問題もまったく関係なく2013年には待望の第二子(長男)を授かる。
現在はイクメン生活を全力で満喫し、子供がいる幸せを噛み締めている。男性不妊の存在を世に知らしめるために活動する中で、不妊治療のスペシャリストのグランドマスター黄龍英先生と出会う。
ここで得られた訓え

  • 東洋医学の理論
  • 男性不妊の正体
  • 男性不妊の改善方法

を完全にお伝えすることができるようになる。
一人でも多くの方に子供のいる幸せを味わってもらうために活動中である。

これが私のプロフィールだが、今日はもう少し過去を少し振り返ってみたい。少々見苦しい部分もあるがご容赦いただきたい。

男性不妊症の男が学生だった頃

思えば学生時代、初めてお付き合いした彼女と毎晩のようにセックスを繰り返していた。しかし、若いにも関わらず、1日2回とか3回「した」という記憶がない。友人に聞けば、1日2回は当たり前という者が多かった。しかし私の場合、1回で気持ちも体も満足してしまうのだ。2回目は私の愚息が悲鳴をあげるのが自分でもわかっていたので、彼女からのアプローチがないようにさっさと着替えてしまうなどの策を施していた記憶がある。

具体的には痛いのだ。あそこが・・・

いま思えば、あの当時から男性不妊症だったということがわかる。しかし当時は、そんなこととはまったくわからず、妊娠させないように最大の注意を払っていた。

いたい、いたすぎる・・・すでに精子無力症や乏精子症だったとしたら。、まったく必要がなかったかも知れない(笑)

東京の大学に進学する事となり、人生初の一人暮らしを経験した。自由を満喫したが、同時に寂しさも感じ、毎晩のように飲みに行ったり、一人で飲んだりして、寂しさを紛らわせていた。

そして学生にありがちな昼夜逆転の生活。まともな食事は学食のみ。その学校へもまともに行かない怠惰な生活に身を染めた。

すると、体が変化してきた。まず一番ショックだった事。

毛が抜けた(笑)

笑い事ではない。だいぶ抜けてしまったのだ。

その他にも、中学校・高校の部活で鍛えた筋肉が落ち、ぶくぶくと太ってしまったりもした。また原因不明の便秘と下痢を繰り返すようになってしまった。

この時の不健康な生活が、男性不妊症への道だったのだと今では思う。私の場合は、少し極端かも知れないが、多くの男性諸君は一度は似たような経験をお持ちではないだろうか。

過去へ帰る事はできない。悔やんでも仕方のない事だ。しかし男性不妊症に悩んでいる貴男や、子供が欲しいと願っている貴男ならば生活を見直すべきだ。

ただ見直すばかりではなく、より効果的に取り組む方法は私がこれから伝えていく。楽しみにしていただきたい。

男性不妊克服のスペシャリスト 田村 茂

【子供が欲しい】男性不妊症撃破の肝臓腎臓強化部。

不妊症は男の病気だ!男が元気になれば男性不妊症は撃破できる!男が元気になるには『肝』と『腎』の強化が必須!

元気になりたい、きれいになりたい、健康になりたい者達が集うコミュニティー『肝臓腎臓強化部』

参加人数は現在900人超。日々活発な意見交換がされている。子供をつくる体になりたいなら『肝臓腎臓強化部』へ!ここで学べることは多い。

  肝臓腎臓強化部を覗く

この記事を書いた人

茂山 藍風
精子無力症および乏精子症という男性不妊症どストライクでありながら、41歳にして初めて自分の子供を抱く事ができた幸せ者。さらに2人目不妊の問題もなく、2年後には長男を授かる。

この幸せを味わえずに肉体的にも精神的にも経済的にも辛い思いをしている人のために何かできないかと考えていたところ、マレーシアの東洋医学(中医学)のグランドマスター黄龍英先生と出会う。

この出会いにより男性不妊克服のためのメソッドを授けられる。男性不妊症の存在を世に知らしめるとともに、一人でも多くの男性不妊を克服させる使命のために活動中。

無料動画プレゼント

夜中に子供が急な発熱!その場ではおでこを冷やし、翌日病院で解熱剤をもらってくる・・・なんてことしてませんか?

実は、東洋医学の知識が少しあれば、『スプーン』を使って、しかもたった10分程度で熱を冷ますことが可能なのです。

今すぐ無料メルマガに登録して、動画プレゼントを確認してみてください。

無料動画プレゼントを今すぐ確認する

関連記事

男性不妊症の原因 禁欲不足 禁欲過多

男性不妊症の原因 禁欲不足 禁欲過多

男性不妊症の原因は禁欲不足?禁欲し過ぎ? 日本人のセックスの回数は、欧米先進国をはじめ世界的にみて

記事を読む

男性不妊症の難しさ 病院との相性

男性不妊症の難しさ 病院との相性

ある女性の手記を読んでいて参考になる記事があった。この女性は、自身が不妊症であると認めてはいる。しか

記事を読む

男性不妊症 子供が欲しい若い年齢層が気をつけること

男性不妊症 子供が欲しい若い年齢層が気をつけること

ネットの検索などをみていると男性不妊症についてだいぶ認知されているような感覚を覚える。しかし実際には

記事を読む

不妊治療費の現実。40代で1000万円!?

不妊治療費の現実。40代で1000万円!?

不妊治療には1000万円の費用がかかる!? PRESIDENT 2014年3月31日号によれば、4

記事を読む

男性不妊症とED(勃起不全)

男性不妊症とED(勃起不全)

「ED」とは「Erectile Dysfunction」の略である。日本語では勃起不全といい、程度に

記事を読む

男性不妊症は男性の内性器の問題

男性不妊症は男性の内性器の問題

男性不妊症は内性器に問題がある 男性不妊症は内性器の問題であるが、そもそも内性器とはなんであろう。

記事を読む

男性不妊症と有酸素運動

男性不妊症と有酸素運動

生活習慣の見直しは必要。ただし常識が正しいとは限らない ヤフー知恵袋の質問の中で多いもので、生活習

記事を読む

男性不妊症と「気」

男性不妊症と「気」

そもそも「気」とはなんでしょう。気力の「気」、元気の「気」、勇気の「気」・・・私たちは何気なくこの「

記事を読む

男性不妊症の克服への道 定義

男性不妊症の克服への道 定義

不妊症の定義とは、一般的にはWHO(世界保健機構)が定める「特別の病気がなく健康な男女が避妊をせずに

記事を読む

自然妊娠にこだわる

自然妊娠にこだわる

私たちはトボトボと病院を後にした。形勢が逆転し、今度は妻に励まされる・・・つらい。 必死に先生に治

記事を読む

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑