「更年期障害は治るの?」~更年期障害治療法の巻~

公開日: : 最終更新日:2014/04/12 東洋医学で更年期障害の予防と改善

「更年期障害は治るの?」~更年期障害治療法の巻~

現在、更年期障害の治療法として、大きく3つの方法(下記参照)が主流となっているが、

wikiちゃんでも、

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。
信頼性に問題があるかもしれない資料に基づいており、精度に欠けるかもしれません。(2013年7月)
中立的な観点に基づく疑問が提出されています。(2013年7月)
正確性に疑問が呈されています。(2013年7月)
ウィキペディアの品質基準を満たしていないおそれがあります。(2013年7月)

となっており、はっきりしないのが現状のよう・・・

1、ホルモン療法

女性に対しても男性に対しても、ホルモン療法が有効とされるが乳がんの恐れがある。

その他、漢方薬やプラセンタ療法を使って治療することもある。

女性に対しては、閉経前後に体内で不足してきた女性ホルモン(エストロゲン)を、飲み薬(経口剤)や貼り薬(貼付剤)として補充する「HRT(ホルモン補充療法)」が行われる。

欧米ではすでに30年以上の実績があり、日本でも十数年来行われてきた療法で、更年期障害を改善しQOL(生活の質)を高め日常生活を快適に過ごすために有効かつ適切な療法として評価・活用されている。

HRTを継続して受けている間に、運動・食事・検診などにも注意するようになるという副次効果も推察されている。

月経の有無や症状の種類に応じ、エストロゲン単剤あるいはエストロゲン・黄体ホルモン配合剤などが使用される。

エストロゲンの補充によるさまざまな効果が女性の健康とメノポーズを考える会から紹介されている。

しかし、その利用方法や症状改善の効果については、まだ一般女性には的確な情報が充分に届いていない。

女性の健康とメノポーズを考える会からは「婦人科・更年期に詳しい医療機関」が紹介されている。

また同会では、7年間にわたる1万件を超える電話相談で得られた女性たちのさまざまな生の声(誰にもわかってもらえない更年期の悩みの数々)から更年期の症状を徹底紹介し、第一線の更年期専門医・各界一流の講師陣がバックアップ執筆した内容を一冊の本にまとめ頒布している。

日本ではこれまで経口剤、貼付剤が使用されてきたが、2007年に国内初の「肌にぬるプッシュ式ボトルのジェル剤型」エストラジオール外用剤「ル・エストロジェル」が新たに承認、発売された。

塗布跡が残らず皮膚刺激も少なく、毎日の使用が簡便で一定量が取り出せるのが特徴である。

男性に対しては、ほかにクエン酸シルデナフィルのようなED治療薬を使用することもあるほか、生活習慣を改めることにより症状が軽くなることもある。

各国での更年期医療事情調査結果

  • 日本:1.5%
  • アメリカ:40%
  • オーストラリア:66%
  • カナダ:45%
  • イギリス:37%
  • アイスランド:47%
  • フランス:41%
  • ベルギー:39%
  • フィンランド:35%
  • 台湾:17.4%
  • 韓国:8.8%

※日本でのHRT普及率は、他先進諸国と比べると極めて低く、アジアの中でも低い。

 「特定非営利活動法人 女性の健康とメノポーズを考える会」

ホルモン補充療法

ホルモン療法薬の主な副作用

2、プラセンタ療法

更年期障害の注射薬として、メルスモン製薬が作っているメルスモン注射薬がある。

1956年に厚生省より承認された注射薬であり、副作用がほとんどなく効果的な薬剤である。

3、漢方薬

漢方では、

-加味逍遥散(かみしょうようさん)
-桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
-柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
-女神散(にょしんさん)

などが用いられる。

更年期障害改善率

上記の他、「命の母」等のサプリメントとなっている。

ホルモン療法やプラセンタ療法の副作用も怖いが、治療代や薬代、サプリメント代と経済的にも痛い…それに、どの治療法もどこかスッキリしない気がする。

(これらが根本治療なのか?)

(違う!根本治療とは思えない。)

私は気休めではなく、この忌々しい「更年期障害」を根っこから治したいし、この世から「更年期障害」なんて言葉を消し去りたいのよ!

子供の頃から理屈ぽいこの私が納得でき、そして、忌々しい「更年期障害」を根本から治す方法が絶対あるはず!

普段はめんどくさがりな私も奮起すると行動は早いのだ。そして、忌々しい「更年期障害」退治の情報収集を始めることになった。

【10年若返る】活動の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活動して、男性にはもちろん、年齢・性別・職業・趣味を超えた”人間にモテる女”を共に目指そう。

参加人数は現在900人超。日々活発な意見交換がされている。

10年若返るには『肝』と『腎』の強化が必須!!強く!美しく!なりたいなら『肝臓腎臓強化部』へ!!!

 肝臓腎臓強化部に

無料動画プレゼント

夜中に子供が急な発熱!その場ではおでこを冷やし、翌日病院で解熱剤をもらってくる・・・なんてことしてませんか?

実は、東洋医学の知識が少しあれば、『スプーン』を使って、しかもたった10分程度で熱を冷ますことが可能なのです。

今すぐ無料メルマガに登録して、動画プレゼントを確認してみてください。

無料動画プレゼントを今すぐ確認する

関連記事

【双龍門】で更年期障害を克服して力強く、美しく!⑧

【双龍門】で更年期障害を克服して力強く、美しく!⑧

ダイエットの為に「野菜中心」「お肉は食べない」という方は要注意!! お肉を愛する人は美しい お肉

記事を読む

デリケートゾーンの老化度・ゆるみ度診断

デリケートゾーンの老化度・ゆるみ度診断

更年期世代になってくると気になるのが、「デリケートゾーンの老化」もあるのではないでしょうか? お風呂

記事を読む

【双龍門】で更年期障害を克服して力強く、美しく!①

【双龍門】で更年期障害を克服して力強く、美しく!①

西洋医学では、閉経(50歳前後)をはさんだ約10年間が「更年期」この期間に現れる不快な症状が「更年期

記事を読む

更年期障害の熱型主食は蕎麦なり

更年期障害の熱型主食は蕎麦なり

熱型のおかずは、チキンスープ・サムゲタン、ほうれん草・ニラ。 おかずがあれば主食がある。ご飯ものはど

記事を読む

更年期世代のダイエット

更年期世代のダイエット

世にある星の数ほどあるのではないかと思われる「ダイエット法」。 私もかつて、りんごダイエット、ゆで

記事を読む

「【双龍門流】更年期障害セルフヘルプ」の効果②

「【双龍門流】更年期障害セルフヘルプ」の効果②

更年期障害の主な症状である「ホットフラッシュ」(ほてりのぼせ)に悩んでいた私は奇跡的にマレーシアジョ

記事を読む

【双龍門】で更年期障害を克服して力強く、美しく!⑦

【双龍門】で更年期障害を克服して力強く、美しく!⑦

週1回以上のセックスが、安定した生理周期をつくり、「更年期障害」の主な症状である「ホットフラッシュ」

記事を読む

【東洋医学・双龍門】で更年期障害を克服して力強く、美しく!⑲

【東洋医学・双龍門】で更年期障害を克服して力強く、美しく!⑲

「更年期障害」の主な症状である「動悸息切れ」は『心』が大きく影響しており、『心』のサポート役が『肺』

記事を読む

「更年期障害セルフヘルプ」~土台作りの巻~

「更年期障害セルフヘルプ」~土台作りの巻~

『双龍門流・更年期障害セルフヘルプ』では,薬やサプリメントを使わずに食事や生活習慣の改善とツボ押し・

記事を読む

東洋医学の本流「更年期障害のツボ押し」

東洋医学の本流「更年期障害のツボ押し」

そして本日は、「ツボ押し」。 ツボ、専門用語では経穴(けいけつ)。 経穴とは、体の表面にあるエネル

記事を読む

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑