東洋医学研究所 メンバー紹介

東洋医学研究所 所長 黄 龍英(おう りゅうえい)

黄龍英

「双龍門」第 76 代掌門(継承者)

本場米国カルフォルニアの世界トップレベルの大学病院で「精神科」のお仕事に従事しながらも、本当に治せる医学を追求するために、中国伝統医療である東洋医学(中医学)の道に入る。

WHO(世界保健機関)のTCM条約に加盟していない日本国内では、中医学専門のドクターとしての医療活動に従事することができないことから、TCM条約加盟国であるマレーシアのジョホールバルに移住。

中国伝統医療を用いた東洋医学(中医学)専門病院を開業し、治療活動に日夜従事している。噂が噂を呼び日本から連日のように患者が先生の下に訪れる。

東洋医学研究所 副所長 児玉 穣(こだま みのる)

児玉穣

京都にて精神科クリニックを開業している現役精神科医。

うつ病、統合失調症、躁うつ病(双極性障害)、不眠症、パニック障害、摂食障害をはじめ、思春期の問題や、夫婦関係の問題、恋愛の問題、身体の悩みに至るまで、これまでに5万人の治療を行ってきた。

その中で、西洋医学のみの治療では改善できない症状があることを知り、そのジレンマに悩まされていた。

そんな時、黄龍英医師の治療のあまりのすばらしさに驚き、弟子入りを志願。黄医師より伝授された様々な技術をもとに、これまで治せずにいた患者さんたちの苦痛を取り除くことができるようになった。

現在は東洋医学(中医学)と西洋医学の融合により、本当の意味での治療とは何か、ということを常に追求し、患者さんに「病気をする前よりも元気になってもらう」ような医療を日々提供している。

日本精神神経学会専門医。

「双龍門」うつ病セルフヘルプ 木村 隆(きむら たかし)

木村隆

10数年のキャリアをほこる精神科医として、都内有名大学病院で診療・研究・教育に従事しながらも、西洋医学のみのうつ病治療に不全感を感じていた。

そのため日本固有の漢方医学を勉強するも効果はいま一つ、それでも連日100人ものうつ病患者さんに向き合わなければならない日々を送っていた。

そんな時、陰陽五行説を基にした中医学の権威である黄医師に出会い、その治療技術と見識のレベルの高さに驚愕し、以後それを国内で啓蒙する決意を固める。何よりも沢山の患者さんにうつ病を改善してもらうために。

  【うつ病克服のすべてが分かるメール講座】

「更年期障害」を克服し、奥義継承した女・紅夏(べにか)

紅夏

更年期障害のホットフラッシュ(ほてりのぼせ)や性欲減退に悩み、長年勤めていた会社を退職。

西洋医学のホルモン療法の副作用が怖く、サプリメントを飲んでもまったく効果がなく、「この苦しい時期を、じっと耐えるしかない」とあきらめていた。

けれども、食事、生活習慣、ツボ押し、気功体操を中心とした「双龍門」更年期障害セルフヘルプによって、たった2ヶ月で更年期障害を克服。

現在では、更年期障害の他、体力に自信のない方やリハビリ中の方でも体力アップできる気功(呼吸法)「双龍門」皇健美気功もマスターし、東洋医学を活用して「力強く!美しく!歳を重ねる」をテーマに活動中。

  【更年期障害セルフヘルプ】

双龍門気功法 青木四郎(あおきしろう)

青木四郎

集中力散漫、やる気が続かない、夜の生活も冴えないとうだつのあがらないサラリーマンだったが、『双龍門気功法』で内臓を鍛錬した事で一変。

まるで眠れる獅子が目覚めたかの様に仕事をバシバシとこなしたかと思えば、夜の生活も彼女から大絶賛される様になり、見知らぬ女性からアプローチされる事も増え、まさにモテる男となった。

現在は『双龍門気功法』を通して得た実体験を元に、やる気に満ちあふれ人生を謳歌したい現役サラリーマンのために日々研究及び活動中。

  【肝腎を究極まで鍛える双龍門気功法】

男性不妊克服のスペシャリスト 茂山藍風(しげやまらんぷう)

藍風

精子無力症および乏精子症という男性不妊症どストライクでありながら、41歳にして初めて自分の子供を抱く事ができた幸せ者。

さらに2人目不妊の問題もなく、2年後には長男を授かる。

この幸せを味わえずに肉体的にも精神的にも経済的にも辛い思いをしている人のため、黄龍英先生によって授けられた【双龍門】中医足反射区療法を駆使し、一人でも多くの男性不妊を克服させる使命のため活動中。

  【男性不妊改善6ヶ月集中プログラム】

生理痛改善の専門家 千歳めぐこ(ちとせめぐこ)

千歳めぐこ

薬剤師として10年以上、生理痛、子宮内膜症、子宮筋腫などの婦人科系の病気を含め、さまざまな病気の治療に関わっている。

自分自身も生理痛に苦しめられ、様々な薬を試しては挫折してきた辛い経験を持つ。

黄龍英先生から生理痛と「サヨナラ」する「双龍門」秘伝の奥義を伝授され、生理痛を克服。

世の中で生理痛に苦しめられている女性に生理痛と「サヨナラ」する方法を広め、「生理痛のない女」を増やすために活動中。

  【生理痛と永遠におさらば。生理痛セルフヘルプ】

ED改善部隊の赤い彗星 ペニー大佐(本名:福島健二)

ペニー大佐

20年間、競技スポーツに携わり、最強の肉体は6つに割れた腹筋だと確信し、筋トレに励む日々を送っていた。

30歳を超えてから、朝立ちがなくなり、夜の営みへの意欲も薄れてきた。

年齢のせいだと思っていた矢先、双龍門第76代掌門(継承者)『黄龍英』先生と出会い、慢性疲労の原因が男性機能(生命力)の衰えだということを知る。

「足の親指の第一関節外側部分にタコのようなものや、 皮膚が異様に硬くなっている場合、男性機能が衰えている」

という事実を聞かされ、自分の足の親指の第一関節外側部分を確認してみると、見事に両足の親指の第一関節外側部分に立派なタコができていることに気付き、愕然とし、男の自信を失いかける。

しかし、双龍門の秘術による男性機能回復法を『黄龍英』先生に伝授していただき、【P強化部】の立ち上げに参加。

男性機能の衰えという悩みを秘め持つ「同士」と共に、天にそびえ立つ完全体(グレイト・ポコン)を目指し、啓蒙活動と、自己研鑽に励んでいる。

  【P強化部】

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑