更年期障害と双龍門気功法

公開日: : 最終更新日:2014/05/22 東洋医学で更年期障害の予防と改善

更年期障害と双龍門気功法

更年期障害は、西洋医学では閉経前後のホルモン減少の為に起こる様々な不快な症状であり、治療法に関しては副作用のあるホルモン療法。
ホルモン療法を避ける場合は、漢方やサプリメント。もしくは、症状がなくなることをひたすら待つ。

正直、明確な治療法はない。

ただし、東洋医学的には明確に治療法が存在している。
東洋医学における更年期障害は、

  • 熱型うつ病
  • 寒型うつ病

の2種類に分けられた。
そして、セルフヘルプ法は熱型・寒型にそれぞれ

  • 食事
  • 生活習慣

があり、基礎になりうるものであった。
基礎は建築でいえば土台なので、やはりすべての人に知ってほしく、これまで惜しげもなく周知してきた。
しかし、そもそも東洋医学とは中国皇帝のための医療であり学問。一般大衆には知られることのない、いわゆる秘技と言われるものがたくさん含まれている。
食事・生活習慣をマスターすれば7割、しかし秘技までマスターすれば99%以上、更年期障害を自分自身で克服できるでしょう。
昨日は秘技第一弾、呼吸法について説明しました。
本日は秘技第二弾、「気功体操」についてお教えしようと思います。

双龍門気功法

「気功」というとどんなイメージを持ちますか?

私は気功と言えばテレビで特集している、気で人を飛ばしたりするものだった(笑)。専門用語でいえば「外気功」というのですが、テレビ的には見栄えがするもののはっきり言ってメチャ怪しい・・・。
しかし、ここで扱う気功はそれではなく、専門用語でいえば「内気功」なのです。
つまり内側にある内臓に対し気を通じて働きかけ、内臓を鍛えていくもの。内気功は中国政府から医学として認可され、世界医学気功学会なるものも開催され、その効果が認められている。
しかし、統一的な基準・管理が不足しているため、気功の質は玉石混合なのが実情なのです。

黄先生が継承している双龍門は、確かな実績と確実な効果をほこる気功法として知られている。そんな双龍門気功法の中で
更年期障害に特化したものをこの度紹介しましょう。

熱型、寒型にそれぞれ効果的な気功体操がある。

まず、熱型更年期障害の症状で代表的な、ホットフラッシュ(ほてり、のぼせ)の人は・・・(気功体操は、体を使って行うものなので、どうしても言葉では説明しづらい・・・)

ホットフラッシュ(ほてり、のぼせ)の気功法は、「シュー発声法」といい、肝の熱をとる気功体操。そして、「頭痛」の気功法は上体をねじり、経絡を伸ばす気功体操。
ともに昨日説明した、呼吸法と組み合わせてやると効果倍増である。
さらに熱型・寒型ともに改善していくとやはり腎の強化も必要になってくる。
腎の強化は更年期障害の「性欲減退」に効果的で、タントウコウといわれる気功法由来の立禅がおススメ。中高年で筋力や下半身が弱った方はもちろん、いまいち持続力や集中力がない場合も非常に効果的なのです。

まとめると熱型・寒型・腎強化という3種類の体操があることになります。
それぞれ1回あたり5分ほど行い、一日3~4回は行うことが望ましい。
この気功法、セルフヘルプにとって当然重要なものなのですが、うつ病が良くなった後、さらにステップアップしていくのにも
重要なものになってくる。

「双龍門」更年期障害セルフヘルプでは、黄先生自らが気功体操を行いつつ説明しています。
もちろん説明は言葉だけでなく、動画で見ることができるので理解が非常に深まるのは言うまでもないでしょう。

中国四千年の歴史の秘技、気功法。
その中でも信頼性の高い双龍門気功法。
そしてさらに更年期障害に特化した、黄先生監修の「双龍門」更年期障害セルフヘルプ気功体操。

もうやるしかないでしょう。

気功体操を早くはじめ、セルフヘルプした後にさらに豊かな人生を勝ちとるために。

◆◇エイジレスなパワフル・ウーマン◇◆

フェイス・ヒル
高校生の頃から歌手を目指して歌い始め、17歳の時に音楽会社重役のダン・ヒルと結婚。しかし歌手になる夢と家庭の主婦としての生活を両立させることが出来ずに1994年に離婚。そして大学卒業後に歌手としてのキャリアをスタートするためナッシュビルに移った。なお彼女は養女であり、1990年代の始めに実母と初めて対面した。
やがて彼女の声がワーナー・ブラザーズ・レコード重役の目にとまって契約、1993年のデビュー曲「ワイルド・ワン」がカントリー・チャート1位となる。その後1996年10月6日にティム・マッグロウ(英語版)と結婚し、現在3人の娘がいる。コンサートツアーの折、観客に不要本の提供を呼びかけ、会場の町の図書館へ寄贈するという、チャリティも行っている。

NewImage
引用元:美味しいお酒 に、Good!な洋画、そして 傍に いい女~^^~

【10年若返る】活動の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活動して、男性にはもちろん、年齢・性別・職業・趣味を超えた”人間にモテる女”を共に目指そう。
参加人数は現在1000人超。日々活発な意見交換がされている。
10年若返るには『肝』と『腎』の強化が必須!!強く!美しく!なりたいなら『肝臓腎臓強化部』へ!!!
->肝臓腎臓強化部に

無料動画プレゼント

夜中に子供が急な発熱!その場ではおでこを冷やし、翌日病院で解熱剤をもらってくる・・・なんてことしてませんか?

実は、東洋医学の知識が少しあれば、『スプーン』を使って、しかもたった10分程度で熱を冷ますことが可能なのです。

今すぐ無料メルマガに登録して、動画プレゼントを確認してみてください。

無料動画プレゼントを今すぐ確認する

関連記事

「更年期障害を克服」~更年期障害セルフヘルプの巻~

「更年期障害を克服」~更年期障害セルフヘルプの巻~

更年期障害セルフヘルプ 「更年期障害の不快な症状を食事・生活習慣・つぼ押し・気功体操で改善し、更に

記事を読む

更年期障害は複合型?

更年期障害は複合型?

皆さん、自分・家族・友人が、どちらの型か分かりましたか? 熱型なのか?寒型なのか? いや、よく分かん

記事を読む

更年期と湿度

更年期と湿度

私が住む北海道も気持ちの良い季節になってきました。長く雪に閉ざされるためか北海道の人々はガーデニング

記事を読む

更年期障害という「ピンチ」が「チャンス」に変わった!!

更年期障害という「ピンチ」が「チャンス」に変わった!!

10代は遊びまくり、20代は仕事しまくり、30代は結婚と出産で女としての喜びを満喫し、さあ40代!本

記事を読む

「更年期障害セルフヘルプ」~ツボ押しの巻~

「更年期障害セルフヘルプ」~ツボ押しの巻~

『双龍門流・更年期障害セルフヘルプ』では,薬やサプリメントを使わずに食事や生活習慣の改善とツボ押し・

記事を読む

双龍門流「プチ断食」体験報告

双龍門流「プチ断食」体験報告

年末年始におこなった「プチ断食」の体験報告。前回、「プチ断食」の記事をfacebookの肝臓腎臓強化

記事を読む

NewImage.png

更年期障害の熱型症状セルフヘルプ食

病を大きく分けると2種類 - 熱型 - 寒型 そして、近代の食事や生活習慣によって - 複合型 も、

記事を読む

デリケートゾーンの老化度・ゆるみ度診断

デリケートゾーンの老化度・ゆるみ度診断

更年期世代になってくると気になるのが、「デリケートゾーンの老化」もあるのではないでしょうか? お風呂

記事を読む

「更年期障害セルフヘルプ」~あなたはどのタイプ?の巻~

「更年期障害セルフヘルプ」~あなたはどのタイプ?の巻~

『双龍門流・更年期障害セルフヘルプ』では,薬やサプリメントを使わずに食事や生活習慣の改善とツボ押し・

記事を読む

「更年期障害は治るの?」~更年期障害治療法の巻~

「更年期障害は治るの?」~更年期障害治療法の巻~

現在、更年期障害の治療法として、大きく3つの方法(下記参照)が主流となっているが、 wikiちゃん

記事を読む

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑