モテる男は一国の主の様に己の身体を統率する

公開日: : 最終更新日:2014/04/12 東洋医学が生み出した気功体操研究

モテる男は一国の主の様に己の身体を統率する

昼も夜もアグレッシブに活動するために モテる男が取り組む『双龍門気功法』では、 気の生成や気の流れを潤滑にする目的がある。気にはいくつか種類があるが代表的なものをあげると、

  • 外的から自らを守る”衛気(えいき)”
  • 内臓を動かし気血水を動かす原動力になる”宗気(そうき)” ・
  • 血管内を流れ全身に栄養補給する”営気(えいき)”

などがある。自らの身体を国と例えれば、

  • 細胞・・国民
  • 皮膚や粘膜・・国境
  • 気血水(気は栄養にもなる)・・食料
  • 経絡・・気血水を運搬する道
  • “衛気”・・国を守る城壁であり護衛兵
  • “営気”・・運搬係

といったところか。気の流れが悪くなれば当然、気血水の運搬も滞る事になる。

東洋医学的には、気が不足すれば”気虚(ききょ)”となり、気の循環に狂いがでれば”気滞(きたい)””気陥(きかん)””気逆(きぎゃく)”といった状態に陥るが、 国民への栄養分である気血水の運搬が滞れば、国民がお腹をすかせて倒れたり逆ギレして反乱を起こそうとするのは至極当然の事なのだ。

モテる男は一国の主の様に己の身体を統率する

モテる男は自らの身体を一国の主のように統率するため、 日々『双龍門気功法』に取り組むことで気血水を滞りなく全国民へ分配し、難攻不落の要塞のように屈強な城壁を築き上げ、 そんじょそこらのウイルスなんぞには到底看破できない防御壁を築きあげる事で、国の平安をもたらすのだ。

時にインフルエンザワクチンをA型とB型摂取し、両方のインフルエンザにかかったという人の話を聞いたことがあるが何のことはない。ワクチンという異物混入で衛兵達の力がそがれ、城壁の防衛力が著しく低下したかもしくは、そもそも”衛気”が不足し城壁がもろかったのだろう。

俗にいうスイーツ男子の体の中はと言えば、まるで溶けた水あめのように経絡がべとべとになり、気血水の運搬に支障がでている。結果的に免疫力もやる気も精力も根性もない草食系男子になりさがる。

難攻不落の要塞の頂上からへなちょこ草食系の相手国を見下ろせば、大人の余裕で軽くあしらう事など造作もなく、峰不二子のようなニキータがどちらに惹かれるかといえば答えは明白。

昼も夜もアグレッシブに活躍できるモテる男は日々黙々と『双龍門気功法』に取り組むことで、まるで一国の主のように自らの身体を統率し、ますますモテる男へと進化をとげるのだ。

  『双龍門気功法による毎日の実施気功例』(真田孔明・作のPDFファイル)
  青木四郎の『双龍門気功法』レポート(PDFファイル)
  青木四郎への直メッセージはfacebook個人ページへ

この記事を書いた人

青木 四郎
『双龍門気功法』に出会うまでは、天然ボケ、物忘れが多い、遅刻が多い、仕事中も集中力が続かない、事ある毎に上司に注意されうつ気味、夜のスタミナに自信がない、好奇心が薄れ何をしても冷めている・・・と誰が見てももてない男の一員だった。

仕事で失敗しても上司に口ごたえすることもできずに、帰宅後発泡酒とハイボールを飲んでストレス解消しなまけもののような日々を送り、健康診断ではメタボ予備軍と言われダイエットに取り組むものの1週間と続いた試しがなかった。

が、『双龍門気功法』に取り組んでわずか4日後・・・明らかに下半身が今までと違う感覚を覚えた。眠れる獅子が悠久の時を待っていたかのように熱く燃え上がるかのように、仕事でも集中力の違いを感じるように。

現在は、『双龍門気功法』の鍛練を通じ昼も夜も余裕たっぷりにアグレッシブに活動できている実体験を元に、女性はもちろん、年齢、性別、趣味、職業、国籍を超えた「モテる男」の育成のため『モテる男の肝腎気功強化部』を立ち上げ、『双龍門気功法』の伝達に日々努めている。

無料動画プレゼント

夜中に子供が急な発熱!その場ではおでこを冷やし、翌日病院で解熱剤をもらってくる・・・なんてことしてませんか?

実は、東洋医学の知識が少しあれば、『スプーン』を使って、しかもたった10分程度で熱を冷ますことが可能なのです。

今すぐ無料メルマガに登録して、動画プレゼントを確認してみてください。

無料動画プレゼントを今すぐ確認する

関連記事

モテる男の条件は笑顔を大事にしている事

モテる男の条件は笑顔を大事にしている事

女性にはもちろん、年齢、性別、職業、趣味、国籍を超えて、"人間"にモテる男達の共通点は何かとふと考え

記事を読む

スパイスカレーに果敢に挑戦するモテる男

スパイスカレーに果敢に挑戦するモテる男

東洋医学に出会い、食への関心が高まる程に、ショックな事実にも出くわす事も多々あった。 例えばカレー

記事を読む

ノンアルコールビールは例え花見でも飲まないのがモテる男

ノンアルコールビールは例え花見でも飲まないのがモテる男

週3ビールとハイボールを欠かさず飲み、メタボまっしぐらだったもてない男だった頃、ダイエットと称してノ

記事を読む

モテる男はウコンで肝臓を痛める事はしない

モテる男はウコンで肝臓を痛める事はしない

もてない男だった頃の話。 行き当たりばったりで合コンを繰り返し、2次会を過ぎる頃から何度か記憶を亡

記事を読む

モテる男の気功は細胞レベルで活性化する

モテる男の気功は細胞レベルで活性化する

「それが”気”だよ。忘れないようにね。」 『タントウコウ』を何度か続けるうち、手がビリビリとしびれ

記事を読む

泡醤油なんてわざわざ選ばないのがモテる男

泡醤油なんてわざわざ選ばないのがモテる男

先日Facebookで”舞妓さんの泡醤油”なる記事を発見。 元々は、舞妓さんの着物を汚さないために開

記事を読む

モテる男の呼吸法は腎臓強化を併せ持つ

モテる男の呼吸法は腎臓強化を併せ持つ

世の中で、一体どれだけの人が、自らの呼吸に意識を傾けているだろうか。 この世の生物ほぼ全ての生命体

記事を読む

モテる男は瞑想より『タントウコウ』

モテる男は瞑想より『タントウコウ』

先日ある調べ物のため、グーグル先生と押し問答をしている最中、偶然目に入ってきた本があった。 “スタ

記事を読む

セックスの悩みは内臓を鍛えて解消するのがモテる男

セックスの悩みは内臓を鍛えて解消するのがモテる男

2012年9月1日は、僕と彼女が付き合い始めた記念日だが、もてない男だった僕にとっては、なんとも言え

記事を読む

モテる男はタモリさんのように超ロングスパンでロマンに取り組む

モテる男はタモリさんのように超ロングスパンでロマンに取り組む

エイプリルフールであってもいつもと変わらず淡々と愛犬イヴの散歩からの東洋医学を源流とする『双龍門気功

記事を読む

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑