筋肉の『ねじれ』を放置すると肝炎になる!?

筋肉の『ねじれ』を放置すると肝炎になる!?

2015年2月28日(土)は『筋肉調整』施術会のため、朝から八王子に向かっていった。

自分は『筋肉調整』を行う日は必ず気功をして身体(からだ)にエネルギーを貯めてから、施術をすることを心がけている。

それなので、土曜日も朝起きてすぐに、

準備功→虎の目→タントウコウ→絶倫功→収功

の順番で30分かけて気功を行った。

理想の術者の姿

自分が『筋肉調整』の日に、朝からエネルギーチャージするのには、もちろん理由がある。

『筋肉調整』では自分の手を使って、来てくださった方の身体(からだ)に触れ、筋肉の『ねじれ』を改善していくもの。

この時に自分がエネルギー不足の状態では、相手にいい影響を与えることができないと自分は考えている。

エネルギーがない状態で身体(からだ)に触れてしまうと、相手からエネルギーを吸い取ってしまうかもしれないから。

それでは本末転倒になってしまう。

元気になるためにいらしてくれたのに、逆に元気がなくなってしまっては意味がない。

筋肉というエネルギーの塊に活力を与え、活性化させるためには、術者である自分がエネルギーに満ちた状態でなければいけないと思っている。

『筋肉調整』という施術を通してエネルギーを与え、心身ともに元気になって、笑顔で帰っていただきたい。

これが自分の目指している術者の姿。

その姿に少しでも近づけるよう、『筋肉調整』を行わせていただいたのだ。

新記録達成

今回の『筋肉調整』は、6名の方からお申し込みいただいた。

ありがとうございます!

内2名の方は、一度受けていただいた方。

『筋肉調整』の効果を実感してくださったようで、今回も時間を創っていただき、施術を行わせていただいた。

(嬉しい限りです!!)

また遠方からいらっしゃった方も。

(自分も驚きです!ありがとうございます!)

で、これまで行なった『筋肉調整』は、最大で5名だったのだが、今回初めて6名の方の施術に挑戦。

自分の未熟さゆえに時間が押してしまい、次の方を待たせるという大失態がありながらも、なんとか6名の方に喜んでいただける状態で、施術を終わらせることができた。

6名というハードルを越え、新記録を達成することができたのは、正直とても嬉しい。

これで少しだけまた前進することができたのだ。

暖かくなって筋肉の『ねじれ』が悪化するケースも

今回も施術させていただいて、様々な筋肉の『ねじれ』方を体験させていただいた。

逐一グランドマスターに確認していただきながら、筋肉の『ねじれ』を改善。

春が近づき気温が上がってきたことで、筋肉も動きが良くなってきたのはいいのだが。。

今まで寒さで動きが制限されていた筋肉が、急に動きが良くなったために、『ねじれ』がひどくなるケースがあるようで(~_~;)

「まさかこんなところが!?」

という部分の筋肉が『ねじれ』でいて、とても勉強になった。

その『ねじれ』ていた部分とは、

『体幹』。

体の中心部分が大きく『ねじれ』ていて、「これではつらいよな~」と、自分は思うのだが、『ねじれ』ている本人はそれが普通なので、少し違和感があるぐらいにしか感じていないことが多く。。

で、そこを元に戻すと、

「おお!体が軽いです!!☆:.。. o(≧▽≦)o .。.:☆」

と喜んでいただけることがとても嬉しい。

しかし、この筋肉の『ねじれ』は、そのまま放っておくと大変なことに発展することが今回判明したのだ。

筋肉の『ねじれ』を放置しておくと肝炎になる∑(゚Д゚)

その大変なこととは、筋肉は筋膜というものが覆っているのだが、『ねじれ』を放っておくと、筋膜を通じて、神経にも影響が伝播。

東洋医学(中医学)では、筋膜、神経は『肝』に含まれており、最終的に筋肉の『ねじれ』の影響が『肝』に到達すると、『肝炎』を起こすというのである。

筋肉の『ねじれ』、あなどれない(~_~;)

でも誰もがあるのに、そのまま放置している筋肉の『ねじれ』。

大病になる前に対策をされることをもっと認知していただかないとなと思ったのだ。

この記事を書いた人

ペニー 大佐
20年間、競技スポーツに携わり、最強の肉体は6つに割れた腹筋だと確信し、筋トレに励む日々。しかし30歳を超えてから、朝立ちがなくなり、夜の営みへの意欲も薄れてきた。

年齢のせいだと思っていた矢先、双龍門第76代掌門(継承者)『黄龍英』先生と出会い、「足の親指の第一関節外側部分にタコのようなものや、皮膚が異様に硬くなっている場合、男性機能が衰えている」という事実を聞かされ、自分の足の親指の第一関節外側部分を確認してみると、見事に両足の親指の第一関節外側部分に立派なタコができていることに気付き、愕然とし、男の自信を失いかける。

しかし、双龍門の秘術による男性機能回復法を『黄龍英』先生に伝授していただき、希望の光を見出すと共に、【P強化部】の立ち上げに参加し、ポコン総帥から大佐の称号を与えられる。

男性機能の衰えという悩みを秘め持つ「同士」と共に、天にそびえ立つ完全体(グレイト・ポコン)を目指し、啓蒙活動と、自己研鑽に励んでいる。

無料動画プレゼント

夜中に子供が急な発熱!その場ではおでこを冷やし、翌日病院で解熱剤をもらってくる・・・なんてことしてませんか?

実は、東洋医学の知識が少しあれば、『スプーン』を使って、しかもたった10分程度で熱を冷ますことが可能なのです。

今すぐ無料メルマガに登録して、動画プレゼントを確認してみてください。

無料動画プレゼントを今すぐ確認する

関連記事

ED改善理論がわかると人の精力度がわかる

ED改善理論がわかると人の精力度がわかる

【P強化部】にて、東洋医学(中医学)という武器を搭載し理解する事で、我々には新たな能力が開花すること

記事を読む

ED改善で体もあそこもムキムキにできる理由

ED改善で体もあそこもムキムキにできる理由

東洋医学(中医学)では、身体の中で【脾】がどんな役割を果たしているのか解明されているが、西洋医学では

記事を読む

足の親指のタコが表すのはEDだけではなかった!?

足の親指のタコが表すのはEDだけではなかった!?

『右足の親指第一関節外側部分の皮膚が異様に硬くなっているか、タコのようなものができている場合、男性器

記事を読む

ED改善5つの戦術とは?

ED改善5つの戦術とは?

性豪軍に勝つために、我々が東洋医学(中医学)のマスター、双龍門第76代継承者『黄龍英』先生に授けられ

記事を読む

ライザップ(RIZAP)に潜む危険性

ライザップ(RIZAP)に潜む危険性

筋肉質で引き締まった身体(からだ)になりたいという願望は、誰もが心の奥底に持っている欲望だと自分は思

記事を読む

ED改善は誰にも知られずこっそりと

ED改善は誰にも知られずこっそりと

自分の男性機能が衰えているなんてことは、できれば誰にも知られたくない。 男性同士なら、笑い話にでき

記事を読む

漢になりたいなら血を増やせ!

漢になりたいなら血を増やせ!

我々の身体の中では、常にエネルギーが行き来している。 そのおかげで我々は、身体を動かすことができ、

記事を読む

東洋医学(中医学)が世界から注目されている理由とは?

東洋医学(中医学)が世界から注目されている理由とは?

東洋医学(中医学)の理論の基となっている陰陽五行説。 我々に馴染み深い中国史、『三国志』の時には、

記事を読む

ED改善を諦めた男の悲惨な末路

ED改善を諦めた男の悲惨な末路

自分が先日東洋医学(中医学)のマスター、双龍門第76代継承者『黄龍英』先生に施術をしていただいている

記事を読む

ED改善で『覇王色の覇気』を纏う

ED改善で『覇王色の覇気』を纏う

人を圧倒する力(ちから)を持つ。 自分は学生の頃から、人を圧倒する力(ちから)を持つということに憧

記事を読む

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑