砂糖の摂取量に惑わされずノンシュガーを貫くのがモテる男

公開日: : 最終更新日:2014/04/12 東洋医学が生み出した気功体操研究

砂糖の摂取量に惑わされずノンシュガーを貫くのがモテる男

2014年3月5日。WHO(World Health Organization:世界保険機関)により、糖分の摂取上限目安を半分にする案を発表した。成人の場合1日あたり約50g→約25gに減少するようだ。

まだ案の段階なので正式決定するかはなんともだが、仮に決定すれば、食品業界にかなりの影響を与える。

例えば缶のコーラ350gだと砂糖は39g。1本でアウト。全世界的にコーラは被推奨という風潮に変わる。(もちろん法的効力はないので飲む人はぐいぐい飲むだろうけど。)

さぞかし世界が健康に向かうかと思いきや、残念ながらそうはならない。

シュガーズに味覚を狂わされた人は相も変わらず甘い物を欲し、甘さを感じる商品を買い続けるために、せっかく真面目に甘さを控える商品をだしても、数が売れなくなるという流れが起こる。

代替プランはもちろん”人工甘味料”。

アスパルテーム、スクラロースを筆頭に、糖質を抑えながら強烈な甘さを感じさせる人工甘味料には、成長の遅れ、赤血球の減少、甲状腺の働きの衰え、マグネシウムとリンの欠乏、肝臓・脳の肥大、肝臓細胞異常、卵巣収縮、白内障の可能性が高まるという動物実験結果がでているのだが、

売りまくって利益さえでればいい大手食品企業は、人気女優を起用し可愛らしいCMをつくり、糖質を下げたから健康にいいですよという思いっきり詐欺的な宣伝を展開し、もてない男は当然気づかずあっさりとスイーツ帝国の術中にはまる。

モテる男の彼女の元職場の院長は、健康になりたいからとトクホコーラをがぶがぶ飲んでいたらしい。がっつりアスパルテームが含まれているのだが、まるで気づいていない。動物病院長ですらフェイクにひっかかっているのだから、一般のもてない男はさもありなん。

WHOの決定次第では、これからますます人工甘味料の拡大に拍車がかかり、シュガーホリック、シュガーハイに陥り、うつでインポなもてない男が増産されていく。

モテる男は世間の流れに完全にKY(空気読まない)でシュガーゼロを続け、東洋医学を源流にする『双龍門気功法』で内臓を鍛えあげ絶倫を維持する事で、昼も夜もアグレッシブな活動に終始する事ができるのだ。

  WHO 砂糖 1日の摂取指針
  コカコーラ1缶にどれだけ砂糖が入っているのか、一目で分かる写真
  人工甘味料が引き起こす深刻な健康被害
  WHO 提言 BBC版

モテる男も活動の肝臓腎臓強化部。

東洋医学を軸に昼も夜もパワフルに活動し、女性にはもちろん、年齢・性別・職業・趣味を超えた”人間にモテる男”を共に目指そう。

参加人数は現在900人超。日々活発な意見交換がされている。

生涯にわたりバイアグラ不要の充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。絶倫になりたいと思うなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

  肝臓腎臓強化部に参加する

この記事を書いた人

青木 四郎
『双龍門気功法』に出会うまでは、天然ボケ、物忘れが多い、遅刻が多い、仕事中も集中力が続かない、事ある毎に上司に注意されうつ気味、夜のスタミナに自信がない、好奇心が薄れ何をしても冷めている・・・と誰が見てももてない男の一員だった。

仕事で失敗しても上司に口ごたえすることもできずに、帰宅後発泡酒とハイボールを飲んでストレス解消しなまけもののような日々を送り、健康診断ではメタボ予備軍と言われダイエットに取り組むものの1週間と続いた試しがなかった。

が、『双龍門気功法』に取り組んでわずか4日後・・・明らかに下半身が今までと違う感覚を覚えた。眠れる獅子が悠久の時を待っていたかのように熱く燃え上がるかのように、仕事でも集中力の違いを感じるように。

現在は、『双龍門気功法』の鍛練を通じ昼も夜も余裕たっぷりにアグレッシブに活動できている実体験を元に、女性はもちろん、年齢、性別、趣味、職業、国籍を超えた「モテる男」の育成のため『モテる男の肝腎気功強化部』を立ち上げ、『双龍門気功法』の伝達に日々努めている。

無料動画プレゼント

夜中に子供が急な発熱!その場ではおでこを冷やし、翌日病院で解熱剤をもらってくる・・・なんてことしてませんか?

実は、東洋医学の知識が少しあれば、『スプーン』を使って、しかもたった10分程度で熱を冷ますことが可能なのです。

今すぐ無料メルマガに登録して、動画プレゼントを確認してみてください。

無料動画プレゼントを今すぐ確認する

関連記事

モテる男はタモリさんのように超ロングスパンでロマンに取り組む

モテる男はタモリさんのように超ロングスパンでロマンに取り組む

エイプリルフールであってもいつもと変わらず淡々と愛犬イヴの散歩からの東洋医学を源流とする『双龍門気功

記事を読む

モテる男の呼吸法はひと味もふた味も違う

モテる男の呼吸法はひと味もふた味も違う

「気功とは呼吸法なんだよ。」 マレーシア・ジョホールバルの総本山、双龍門第76代師範代:黄龍英先生

記事を読む

モテる男は一国の主の様に己の身体を統率する

モテる男は一国の主の様に己の身体を統率する

昼も夜もアグレッシブに活動するために モテる男が取り組む『双龍門気功法』では、 気の生成や気の流れを

記事を読む

モテる男は味覚が敏感だからこそ一流たらしめるのだ

モテる男は味覚が敏感だからこそ一流たらしめるのだ

年末になると毎年恒例の地元行事がいくつかある。近所のお参りスポットの準備もその一つ。 人一人がかが

記事を読む

モテる男はウコンで肝臓を痛める事はしない

モテる男はウコンで肝臓を痛める事はしない

もてない男だった頃の話。 行き当たりばったりで合コンを繰り返し、2次会を過ぎる頃から何度か記憶を亡

記事を読む

モテる男の条件は笑顔を大事にしている事

モテる男の条件は笑顔を大事にしている事

女性にはもちろん、年齢、性別、職業、趣味、国籍を超えて、"人間"にモテる男達の共通点は何かとふと考え

記事を読む

モテる男は自分の身体に無関心ではいられない

モテる男は自分の身体に無関心ではいられない

「いや、い、いい話を聞けたと思うんですよ。あとは、続けられるか、ですね~。」 地元で開催された健康

記事を読む

モテる男が真の健康基準についてもの申す!

モテる男が真の健康基準についてもの申す!

世間一般で言われる健康の基準は、実のところあまりに低すぎる。 年に一回の健康診断で問題がなかった

記事を読む

すぐ怒る人は肝臓に負担がかかっているもてない男

すぐ怒る人は肝臓に負担がかかっているもてない男

「い〜な〜せだっね、夏を連れて来た人っ♪」 毎年恒例の地域行事に参加し、歓送迎会の3次会での出来事

記事を読む

コンビニ給食が蔓延すればもてない男が量産される

コンビニ給食が蔓延すればもてない男が量産される

昨日、現役西洋医の木村たかし先生による投稿に思わず目を疑った。恐れていた事が、本当に起こりそうな予感

記事を読む

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑