気がつく日本語はたくさんあるのに

ki

「気」とは何か。

『双龍門気功法』を続け、その効果をまじまじと感じる程に、「気」とは何か、という事を時折り考えるようになっている。

古来の人たちは”気”をとても重要視していて、

「万物は全て”気”からつくられる」

と考えていたのだ。

“気”によって無から有(太極)が生まれ、”気”によって太極から陰陽が生まれ、この世界を構成していると。

地球も同じく”気”によって生まれ、”気”に包まれていると。

そう考えると改めて、日本語には”気”を含む言葉が無数に存在する事に気がつく。

例えば、”大気”や”空気”という言葉にも”気”という言葉が。

“空気”の中には窒素と酸素のほかに、

アルゴン、二酸化炭素、ネオン、ヘリウム、メタン、クリプトン、二酸化硫黄、水素、一酸化二窒素、キセノン、オゾン、二酸化窒素、ヨウ素、・・・

などいろんな成分が含まれているが、それを”空気”として一括している。

他にも、”気”の圧力で”気圧”、”気”の温度で”気温”、”気”の事象で”気象”、”気候”って言葉もあったり。

海の水が温められると”気化”して”水蒸気”と呼ばれたり。

“気”という言葉が形を変えていろんなところで使われているよなと、改めて感じたり。

もちろん自然の言葉だけではなく、普段使われる日本語にも、”気”という言葉は大量に含まれている。

例えば・・・

気のあう友人から久しぶりに合コンに誘われて、気乗りしないながらも気分転換と思い参加したら、

気品ある会場の雰囲気に呑まれ、気落ちしながらも勇気をだして女子の待つ席について。

気が緩まないよう気を使いながら気を引くよう会話してると、気に入るのはやっぱり気さくで気くばりができる人で。

そういう人には人の”気”が集まるから”人気”がでてきて。

一方で、悪酔いして空気が読めない気ままな気まぐれ女子に気安く無茶振りされて、思わず気がふれて一気飲みして気分が悪くなって、

気が滅入った事に気がついた気のおけない友人が気を利かせて「気を落とさないで。」なんて気にかけてくれて、ようやく気が晴れて気楽になって気持ちが良くなって元気がでてきたり。

・・・何が言いたいかというと、”気”がつく日本語は本当にたくさんあるということ。

そして、”気”に少し文字を足せば、当たり前に使う言葉がたくさんあるのに、”気”という一単語になった途端になぜか怪しいとかうさんくさいとか言われてしまうのはなんだかなぁと思ったり。

きっと、”気”を扱ったアニメの定番、ドラゴンボールの功罪か、と思ったりもしつつ、

『双龍門気功法』でしっかり気感を高めて、大気や空気を含む”気”を自在に使いこなせるようになれば、
それはそれは人生めいっぱい楽しめるよなぁと思うのであった。

青木四郎の『双龍門呼吸法(双龍門気功法)』レポート(PDFファイル)をチェックする

>>東洋医学研究所公式メールマガジンに無料で登録する<<

この記事を書いた人

青木 四郎
『双龍門気功法』に出会うまでは、天然ボケ、物忘れが多い、遅刻が多い、仕事中も集中力が続かない、事ある毎に上司に注意されうつ気味、夜のスタミナに自信がない、好奇心が薄れ何をしても冷めている・・・と誰が見てももてない男の一員だった。

仕事で失敗しても上司に口ごたえすることもできずに、帰宅後発泡酒とハイボールを飲んでストレス解消しなまけもののような日々を送り、健康診断ではメタボ予備軍と言われダイエットに取り組むものの1週間と続いた試しがなかった。

が、『双龍門気功法』に取り組んでわずか4日後・・・明らかに下半身が今までと違う感覚を覚えた。眠れる獅子が悠久の時を待っていたかのように熱く燃え上がるかのように、仕事でも集中力の違いを感じるように。

現在は、『双龍門気功法』の鍛練を通じ昼も夜も余裕たっぷりにアグレッシブに活動できている実体験を元に、女性はもちろん、年齢、性別、趣味、職業、国籍を超えた「モテる男」の育成のため『モテる男の肝腎気功強化部』を立ち上げ、『双龍門気功法』の伝達に日々努めている。

無料動画プレゼント

夜中に子供が急な発熱!その場ではおでこを冷やし、翌日病院で解熱剤をもらってくる・・・なんてことしてませんか?

実は、東洋医学の知識が少しあれば、『スプーン』を使って、しかもたった10分程度で熱を冷ますことが可能なのです。

今すぐ無料メルマガに登録して、動画プレゼントを確認してみてください。

無料動画プレゼントを今すぐ確認する

関連記事

トランス脂肪酸を断固拒否するのがモテる男

トランス脂肪酸を断固拒否するのがモテる男

モテる男も活動中の肝臓腎臓強化部のメンバーより、仕事上つきあいのある西洋医や薬剤師に添加物等の話をし

記事を読む

健康診断のためになんちゃってスパートをかけないのがモテる男

健康診断のためになんちゃってスパートをかけないのがモテる男

桜の季節が到来するたび、現役サラリーマンであるモテる男の脳裏をよぎるのは健康診断だ。 毎年のように

記事を読む

モテる男はゆでガエル症候群にはならない

モテる男はゆでガエル症候群にはならない

街中を車でドライブしていると、必ずと言っていい程目に入るファーストフード店。『新・3大悪の帝国』を知

記事を読む

遺伝子組み換え食品から内臓を守るのがモテる男

遺伝子組み換え食品から内臓を守るのがモテる男

先日Facebook経由でわかりやすい映像を発見した。 遺伝子組換食品は臓器の機能を変えてしまう

記事を読む

インポを乗りこえ人生をフルチューニングするのがモテる男

インポを乗りこえ人生をフルチューニングするのがモテる男

「男2人でしょ!?絶対タイだよタイ!」 2010年2月。 もてない男だった当時、年末に開催された

記事を読む

夜のダメ出しを食らわないのがモテる男

夜のダメ出しを食らわないのがモテる男

先日思わず目を疑う記事を見つけた。 オトコが萎える「エッチ中、女性にされたくない行動」という記事。

記事を読む

コンビニ給食が蔓延すればもてない男が量産される

モテる男の理想像はサウナで笑いながら語る老人

昼も夜も精力的に活動できるモテる男を増やすために、日々東洋医学を源流とする『双龍門気功法』で内臓を鍛

記事を読む

気功の効用はまだまだ序の口にすぎなかった・・・

気功の効用はまだまだ序の口にすぎなかった・・・

東洋医学研究所の研究員、紅夏さんと、双龍門第76代師範代:黄龍英先生のお弟子さんと、Vlogなど今後

記事を読む

モテる男のスタバでの振る舞い方

モテる男のスタバでの振る舞い方

愛しの彼女とレイトショーで映画を見た後、近くのスタバでお茶する事に。 新商品のソイキャラメルマキア

記事を読む

【告知】西洋医のドクターがプライドを捨てたとき、真のドクターに変貌を遂げる・・

【告知】西洋医のドクターがプライドを捨てたとき、真のドクターに変貌を遂げる・・

「どうせどこにでもあるような健康系のお話しでしょ?」 少子高齢化の波にのるかのように、健康系のセミ

記事を読む

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑