私の親戚がついに黄先生から直接施術していただいたエピソードを公開

私の親戚がついに黄先生から直接施術していただいたエピソードを公開

本日は私の親戚が最近、黄先生に診ていただいた話を公開しよう。

私の親戚は、数年前に直腸癌を患い、手術で癌をとり切ったのだが、術後数年たっても肛門神経痛や排便障害で悩んでいた。

そして私は以前よりその親戚に対し、その症状を含めて寒型うつ病によるものなので、寒型のセルフヘルプを行うべきだと伝えていた。

しかし、その親戚は「私は体調はあまり良くないけど、うつ病じゃないから」と言って、痛み止めや下剤など西洋医学のお薬ばかりを使っていた。

すると体調は日に日に悪くなるばかりだったので、私は自分で説得するよりも黄先生のお力を拝借しようと考え、現在東京に滞在している黄先生のところで施術していただくことにした。

黄先生は診察を通して、開口一番、「体が冷え切っているね」とおっしゃった。さらに「脾臓と腎臓が弱っているんだよね」ともおっしゃった。

その後、足反射区療法を行いながら、下記のような食事・生活習慣・ツボ押し・漢方薬のアドバイスをしていただいていた。

  • 人参やゴボウなどの根菜類や玄米(キビや粟を1割ほど足すと更に良い)を食べるべき。

  • あまり量を食べられないうちは、小分けにして回数を多めにしたら良い。

  • 少し食べられるようになってきたら、牛肉を食べると更に元気が出てくる。

  • また大豆、キノコ類、芋類そして味噌・醤油、さらには豚肉も、少し食べられるようになってきたらとるべき。

  • 食べてはいけないものは、甘いもの(スイーツ、チョコレート、ジュース、フルーツ)と生もの(お刺身、生野菜、サラダ)。

  • 飲料は、冷たいもの全般とアルコール、コーヒー、麦茶はすべてダメ。苦い玉露やストレートの紅茶がおすすめ。

  • 雨や湿気の対策をする。ユニクロのヒートテックなど何枚も着込んで体を温める。

  • ツボとしては、胸の間の胸骨のところと両膝の裏を、ホッカイロやドライヤーで温めると良い。

  • 漢方薬は人参湯と牛車腎気丸から開始する。

上記のようなアドバイスを黄先生からいただき、私の親戚は大満足して帰ってきたのは言うまでもない。

しかし、このアドバイスをざっと見てみて私はふと気づくことがあった。それは寒型うつ病のセルフヘルプと9割がた同じであるということだ。

うーん、やっぱり親類関係というのは悲しいかな馴れ合いみたいなものがあり、どんなに一生懸命私木村隆が説明しても暖簾に腕押しだったのだ。

それがグランドマスター黄先生が説明すると、親戚は目から鱗と言わんばかりに、先生のアドバイスを実行しているのだ。

このことは、私木村隆の後光が黄先生に及ばないことを表しているのかもしれないが、それだけではないと思う。

つまりうつ病の患者さんの家族・恋人であるあなたの言うことに耳を傾けない場合、権威者もしくは客観的な第3者に説明してもらうと同じ内容でも効果が絶大になる可能性があるということだ。

セルフヘルプを行ってくれないと嘆いているうつ病患者さんの家族・恋人には、私の親戚のエピソードを是非参考にしていただきたいと思う。

追伸

すぐにでもうつ病を克服したい方は以下の5日間無料講座で必ず勉強していただきたい。

うつ病のためのクイックメール講座

この記事を書いた人

木村 隆
医学部在学中より中国伝統医療、東洋医学(中医学)に興味を持ち、そのセルフヘルプ効力の程に感動を覚え、独学で勉強をすすめる。

現役の「精神科専門医」として都内有名大学病院で診療・研究を続けながらも、西洋医学のみのうつ病治療、日本の漢方薬治療に不全感を感じていた。本物の東洋医学(中医学)の師となるドクターを探し求める内にマレーシアジョホールバルで東洋医学(中医学)を用いた医療活動を行っているドクター黄龍英氏の噂を聞きつけ、教えを乞うために現地に訪れる。

実際の対話後、その治療技術と見識のレベルの高さに驚愕し、以後中国伝統医療である東洋医学(中医学)を真剣に学ぶ決意を固める。何よりも沢山の患者さんに「うつ病」を改善してもらうために。

無料動画プレゼント

夜中に子供が急な発熱!その場ではおでこを冷やし、翌日病院で解熱剤をもらってくる・・・なんてことしてませんか?

実は、東洋医学の知識が少しあれば、『スプーン』を使って、しかもたった10分程度で熱を冷ますことが可能なのです。

今すぐ無料メルマガに登録して、動画プレゼントを確認してみてください。

無料動画プレゼントを今すぐ確認する

関連記事

マクロビオティック (Macrobiotic) にこだわると、うつ病になってしまう?!

マクロビオティック (Macrobiotic) にこだわると、うつ病になってしまう?!

うつ病の予防にも改善にも食事は重要な役割を果たすと常々発信しているが、だからと言ってマクロビオティッ

記事を読む

うつ病は東洋医学ではどのように考えられるのか?

うつ病は東洋医学ではどのように考えられるのか?

うつ病を本当に克服したければ、真の東洋医学こそがその近道だと常日頃より発信している。そして真の東洋医

記事を読む

東洋医学の理解に欠かせない陰陽五行説を理解する③

東洋医学の理解に欠かせない陰陽五行説を理解する③

うつ病を自分・家族・恋人が自ら克服するには、やはり西洋医学ではなく、東洋医学に基づいたセルフヘルプし

記事を読む

肝臓腎臓強化部女子会イベント報告

肝臓腎臓強化部女子会イベント報告

うつ病を引き起こす現代人の間違った食生活特集を日々発信しているが、本日は臨時バージョンというが番外編

記事を読む

うつ病に漢方薬が有効であるという科学的に価値の高い論文が登場!

うつ病に漢方薬が有効であるという科学的に価値の高い論文が登場!

うつ病に対する東洋医学的治療の勢いが盛り上がってきている。 東洋医学は西洋医学が登場する千年以上も

記事を読む

うつ病になってしまう間違いだらけの食生活とは?

うつ病になってしまう間違いだらけの食生活とは?

うつ病は確かに現代のストレス社会の産物の1つである可能性は高いが、それにしても昔と比べてなぜこんなに

記事を読む

現代人の間違った食生活を陰陽五行説で斬る⑤

現代人の間違った食生活を陰陽五行説で斬る⑤

うつ病の患者さんと先日話していた時のこと、「先生、うつ病って食事と関係あるんですか?」という質問をい

記事を読む

うつ病の型(熱型と寒型)を見極めるのは実は難しい?!

うつ病の型(熱型と寒型)を見極めるのは実は難しい?!

うつ病を陰陽五行説を基にした東洋医学でみてみた場合、熱型うつ病と寒型うつ病に大別されるという話をした

記事を読む

精神科のお薬が多剤併用されることにメスが!そして漢方薬にも影響が!!

精神科のお薬が多剤併用されることにメスが!そして漢方薬にも影響が!!

うつ病治療におけるスタンダードと言えば、抗うつ薬をはじめとする向精神薬、いわゆる西洋の精神科のお薬で

記事を読む

東洋医学の理解に欠かせない陰陽五行説を理解する⑤

東洋医学の理解に欠かせない陰陽五行説を理解する⑤

うつ病だけでなく、あらゆる病気に対して、現在の日本では西洋医学が主流であり、それに対し国も保険診療と

記事を読む

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑