睡眠薬に頼らずとも熟睡するのがモテる男

公開日: : 最終更新日:2014/04/12 東洋医学が生み出した気功体操研究

睡眠薬に頼らずとも熟睡するのがモテる男

「もう過剰摂取しちゃってます。」

Facebookを流し読みしていると気になる投稿が。どうやら不眠症らしい。

薬に依存してきたアーティストしかり、西洋睡眠薬の常用、依存、大量摂取のデメリットを知るモテる男としてはいてもたってもいられず、「できるだけ薬はとらない方がいいですよ。」とコメントしないわけにはいかなかった。

最近では週刊誌などにも「クスリを飲むと病気になる」的な記事を目にするようになり、以前に比べれば少しずつ健全になりつつあると感じつつも、まだまだ知らない人は数多いのだ。

西洋睡眠薬は短期的にはぐっすり眠れるものの、いくつもの副作用・デメリットをかかえていて、

  • 依存性が強かったり、
  • 肝臓に負担がかかったり、
  • 記憶障害を引き起こしたり、
  • 幻覚、幻聴を引き起こしたり、
  • ちらっと探すだけでも様々な情報がひっかかる。

特に肝臓は身体全身の血液循環を統括しているため、負担がかかるほどこの循環に滞りができ、身体中いたるところに影響がでてくる。

例えばめまい、耳鳴り、不眠、生理不順、手足のしびれ、足がつったり、貧血などなど・・

肝臓にダメージが溜まるほど循環の機能が上手く働かず血が巡らずに『肝血虚(かんけつきょ)』になったり、それが進むと肝臓を冷やす為の水も不足する『肝陰虚(かんいんきょ)』になったり。

睡眠薬を飲んでも血液の循環は改善しないため徐々に睡眠薬がきかなくなり(と感じるようになり)、徐々にストレスもたまり、その状態でヤブ医者に相談すれば、「ウツの可能性があるのでお薬だしときますね~。」とさらに薬が増えるのみ。

現に先ほどの女性に東洋医学の視点も加えてほしいと伝えた翌日。

「病院に相談したら漢方じゃ無理!と、睡眠促進剤が追加されました・・」

という連絡が届いた。

睡眠促進剤はさらに肝臓に負担がかかる。結果、クスリは増え続ける事に・・・

以前にも記事を書いたが、行きつけの先生がどれだけいい人だからといって、処方される薬がいいものとは限らない。処方された薬は必ず副作用などチェックするクセをつけておく必要があるのだ。

不眠症についてはうつ病と同様大変根が深い問題のため、現在別プロジェクトで進んでいるのだが、つまるところ東洋医学でいうところの気血水をしっかりと循環させ、内臓がバランスよく活動していればそうそう不眠症にはならない。

東洋医学を源流とする『双龍門気功法』のうち、肝臓強化の『セイシュ』や『虎の目』でしっかりと肝臓を鍛え、気血水を循環させていれば、のび太君とまではいかずとも、しっかり熟睡できるはずだ。

関連記事

モテる男は医者と処方箋を混同しないからこそ健康でいられる

モテる男も活動の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活動で、女性にはもちろん、年齢・性別・職業・趣味を超えた”人間にモテる男”を共に目指そう。

参加人数は現在990人超。東洋医学を軸に日々活発な意見交換がされている。

生涯にわたりバイアグラ不要の充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。絶倫になりたいと思うなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

  肝臓腎臓強化部に参加する

この記事を書いた人

青木 四郎
『双龍門気功法』に出会うまでは、天然ボケ、物忘れが多い、遅刻が多い、仕事中も集中力が続かない、事ある毎に上司に注意されうつ気味、夜のスタミナに自信がない、好奇心が薄れ何をしても冷めている・・・と誰が見てももてない男の一員だった。

仕事で失敗しても上司に口ごたえすることもできずに、帰宅後発泡酒とハイボールを飲んでストレス解消しなまけもののような日々を送り、健康診断ではメタボ予備軍と言われダイエットに取り組むものの1週間と続いた試しがなかった。

が、『双龍門気功法』に取り組んでわずか4日後・・・明らかに下半身が今までと違う感覚を覚えた。眠れる獅子が悠久の時を待っていたかのように熱く燃え上がるかのように、仕事でも集中力の違いを感じるように。

現在は、『双龍門気功法』の鍛練を通じ昼も夜も余裕たっぷりにアグレッシブに活動できている実体験を元に、女性はもちろん、年齢、性別、趣味、職業、国籍を超えた「モテる男」の育成のため『モテる男の肝腎気功強化部』を立ち上げ、『双龍門気功法』の伝達に日々努めている。

無料動画プレゼント

夜中に子供が急な発熱!その場ではおでこを冷やし、翌日病院で解熱剤をもらってくる・・・なんてことしてませんか?

実は、東洋医学の知識が少しあれば、『スプーン』を使って、しかもたった10分程度で熱を冷ますことが可能なのです。

今すぐ無料メルマガに登録して、動画プレゼントを確認してみてください。

無料動画プレゼントを今すぐ確認する

関連記事

肝臓に熱がある状態で秘孔をつかれたらこんなことになってしまうのだ・・

肝臓に熱がある状態で秘孔をつかれたらこんなことになってしまうのだ・・

ついにというかようやくというか、先日ついに結納を終えることができた。 両家顔合わせの場で用意された

記事を読む

もてない男はファーストフードが腐らない事を知らない

もてない男はファーストフードが腐らない事を知らない

先日Facebookで、マクドナルド、ロッテリア、モスバーガーのハンバーガーが何日間腐らないかという

記事を読む

モテる男の気功はかめはめはではなく界王拳

モテる男の気功はかめはめはではなく界王拳

気功に関する情報収集をしている際にひとつの記事が目に止まった。中国人オタクから見る日本人アニメの「気

記事を読む

モテる男は影の努力を欠かさない

モテる男は影の努力を欠かさない

もてない男だった20代前半。 友達に連れられて、御茶ノ水駅付近に集まるウィンタースポーツ街を探索し

記事を読む

もてない男は経験に学び、モテる男は歴史に学ぶ

もてない男は経験に学び、モテる男は歴史に学ぶ

バブルを知らずにすくすくと育ったもてない男だった僕は、中学生の頃に起きた阪神大震災やサリン事件を筆頭

記事を読む

精神保健委員会のいいなりにならないのがモテる男

精神保健委員会のいいなりにならないのがモテる男

ドラッグ帝国の行脚は今日も淡々と続いている。 日本医師会の精神保健委員会は2014年3月、学校と精

記事を読む

トランス脂肪酸を断固拒否するのがモテる男

トランス脂肪酸を断固拒否するのがモテる男

モテる男も活動中の肝臓腎臓強化部のメンバーより、仕事上つきあいのある西洋医や薬剤師に添加物等の話をし

記事を読む

モテる男は彼女をキッチンドランカーにはさせない

モテる男は彼女をキッチンドランカーにはさせない

「専業主婦って意外とアル中多いんですよ〜。」 地元の懇談会で手配していた、お触りなしのスーパーコン

記事を読む

モテる男の呼吸法はひと味もふた味も違う

モテる男の呼吸法はひと味もふた味も違う

「気功とは呼吸法なんだよ。」 マレーシア・ジョホールバルの総本山、双龍門第76代師範代:黄龍英先生

記事を読む

モテる男の日常:沸き上がる情熱とKY(空気よめない)クン

モテる男の日常:沸き上がる情熱とKY(空気よめない)クン

『双龍門気功法』を習得して2ヶ月程経った時の事。 会社での付き合いで近くの焼肉食べ放題について

記事を読む

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑