LIFE!はアメリカ現代社会を皮肉っている by モテる男

公開日: : 最終更新日:2014/04/12 東洋医学が生み出した気功体操研究

LIFE!はアメリカ現代社会を皮肉っている by モテる男

先日、1947年の『虹を掴む男』のリバイバル作品LIFE!を観賞してきた。(原題はThe secret life of walter mitty.)

映像の美しさは予告でも垣間見え、監督兼主役のベン・スティラー(Benjamin Edward Stiller)による予告通りの壮大なアドベンチャーが繰り広げられるが、日々東洋医学を中心に情報を取り込んでいるモテる男としては、決して楽しいだけではなく、今の時代を反映したいろんな側面を含んでいる映画だと感じた。

現在のアメリカと言えば、超資本主義の代償にウォール街デモをはじめとする格差の拡大が急速に進み、フードスタンプに変わるSNAP(Supplemental Nutrition Assistance Program)(食券) を受け取り毎日ジャンクフードしか買えないような世帯が年々増加し、

アメリカ農務省のデータによると、SNAP対象者は2009年には約3400万人だったものが、2013年には約4700万人とたった4年で1000万人も増えていて、これからSNAPを大幅に削減予定で、さらに格差は拡大していく見込み。

野菜が高くて買えずにジャンクフードでしのぎ、添加物のジャブが毎日内臓に加えられ、次第に意欲もそがれやる気もそがれうつになり人生逆転アメリカンドリームのハードルがどんどん高くなっていく世界ってのが現実に存在していて。

今のアメリカは2010年に企業からの政治献金の上限撤廃と、PACという民間委員会を通す事で海外からも無制限に献金OKになった事で、多額の献金の代わりに多国籍企業側の都合のいい法律を通すために政府をもコントロールするコーポラティズムがつくりあげられた。

TPPももちろんその流れ。

そんな中で今回のLIFE!はただのリバイバルではなく意図的にアメリカ現代社会を描き、「本当にこれでいいのかい?」っと皮肉りながら「世界は広い。他の価値観もあんじゃないのかい?」っというメッセージがこめられているように感じた。

大きな流れの中で、己の信念に従ったLIFEの主人公、ベン・スティラー(Benjamin Edward Stiller)扮するウォルターのように妄想力、決断力、行動力、勇気を携え激動の荒波をうまいこと乗りこなすべく、モテる男は今日も東洋医学を源流とする『双龍門気功法』で内臓を鍛え、あらゆる活動のベースとなる体力をつけ、自らのロマン達成に邁進するのだ。

参照元:
  米国のフードスタンプの現状

モテる男も活動の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活動で、女性にはもちろん、年齢・性別・職業・趣味を超えた”人間にモテる男”を共に目指そう。

参加人数は現在980人超。日々活発な意見交換がされている。

生涯にわたりバイアグラ不要の充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。絶倫になりたいと思うなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

->肝臓腎臓強化部に参加する

この記事を書いた人

青木 四郎
『双龍門気功法』に出会うまでは、天然ボケ、物忘れが多い、遅刻が多い、仕事中も集中力が続かない、事ある毎に上司に注意されうつ気味、夜のスタミナに自信がない、好奇心が薄れ何をしても冷めている・・・と誰が見てももてない男の一員だった。

仕事で失敗しても上司に口ごたえすることもできずに、帰宅後発泡酒とハイボールを飲んでストレス解消しなまけもののような日々を送り、健康診断ではメタボ予備軍と言われダイエットに取り組むものの1週間と続いた試しがなかった。

が、『双龍門気功法』に取り組んでわずか4日後・・・明らかに下半身が今までと違う感覚を覚えた。眠れる獅子が悠久の時を待っていたかのように熱く燃え上がるかのように、仕事でも集中力の違いを感じるように。

現在は、『双龍門気功法』の鍛練を通じ昼も夜も余裕たっぷりにアグレッシブに活動できている実体験を元に、女性はもちろん、年齢、性別、趣味、職業、国籍を超えた「モテる男」の育成のため『モテる男の肝腎気功強化部』を立ち上げ、『双龍門気功法』の伝達に日々努めている。

無料動画プレゼント

夜中に子供が急な発熱!その場ではおでこを冷やし、翌日病院で解熱剤をもらってくる・・・なんてことしてませんか?

実は、東洋医学の知識が少しあれば、『スプーン』を使って、しかもたった10分程度で熱を冷ますことが可能なのです。

今すぐ無料メルマガに登録して、動画プレゼントを確認してみてください。

無料動画プレゼントを今すぐ確認する

関連記事

モテる男の条件はデスクワークでも身体を鍛えている事

モテる男の条件はデスクワークでも身体を鍛えている事

先日、本業の部署間交流を目的とした、フラバールのイベントがあった。フラバールという競技を始めて知り、

記事を読む

モテる男はいくつになっても亀仙人

モテる男はいくつになっても亀仙人

「ちょっとそこのお姉ちゃん。わしにひとつ、バイアグラを売ってくれんかの。」 友人の薬剤師から聞いた

記事を読む

彼女の手料理が無添加なら素直に喜ぶのがモテる男流

彼女の手料理が無添加なら素直に喜ぶのがモテる男流

「やっぱり女の子は料理できた方がいいですか~?」 地元行事の懇親会2次会の席で推定27歳、お触りな

記事を読む

モテる男は同じロマンを目指す仲間と語り合う

モテる男は同じロマンを目指す仲間と語り合う

モテる男の条件は、女性にはもちろんの事、年齢、性別、職業、趣味、国籍を超えて“人間”にモテる事。その

記事を読む

モテる男はゆでガエル症候群にはならない

モテる男はゆでガエル症候群にはならない

街中を車でドライブしていると、必ずと言っていい程目に入るファーストフード店。『新・3大悪の帝国』を知

記事を読む

人生勝ち組に入る為のモテる男の判断基準とは

人生勝ち組に入る為のモテる男の判断基準とは

某人気番組でのエピソード。 「俺なるべく薬飲まないようにしてるんですよ。自分の力で治してやる!って

記事を読む

モテる男が早起き後すぐにトップギアに入れられるたった1つの理由

モテる男が早起き後すぐにトップギアに入れられるたった1つの理由

やる気がでずうだつの上がらないへなちょこもてない男だった頃、どうにかして現状打開できないものかと片っ

記事を読む

モテる男が真の健康基準についてもの申す!

モテる男が真の健康基準についてもの申す!

世間一般で言われる健康の基準は、実のところあまりに低すぎる。 年に一回の健康診断で問題がなかった

記事を読む

理不尽な上司のままではモテる男にはなりえない

理不尽な上司のままではモテる男にはなりえない

先日ご紹介した、アラフォースキンヘッドの陽気なロックさんは、人生二度目の結婚式をシンガポールのマリー

記事を読む

モテる男は自分の身体に無関心ではいられない

モテる男は自分の身体に無関心ではいられない

「いや、い、いい話を聞けたと思うんですよ。あとは、続けられるか、ですね~。」 地元で開催された健康

記事を読む

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑