モテる男が早起き後すぐにトップギアに入れられるたった1つの理由

公開日: : 最終更新日:2014/04/12 東洋医学が生み出した気功体操研究

モテる男が早起き後すぐにトップギアに入れられるたった1つの理由

やる気がでずうだつの上がらないへなちょこもてない男だった頃、どうにかして現状打開できないものかと片っ端から自己啓発本やらライフハック的な本を読みあさっていた。

10冊を過ぎる頃から、
「あーこれさっきも書いてあったわー。」
と共通点が多い事に気づき、どれを読んでも対して変わらないって事にうすうす感づき、それ以来よっぽどの事がなければ自己啓発系の本は読まなくなったが、改めて思えば、いくつもの本に共通して書かれていたキーワードがある。

「早起き」だ。

もてない男が早起きできない理由

いったいこれまで何度早起きに挑戦し、挫折を繰り返してきただろうか。

1個4,000円以上もするけたたましい目覚まし時計「ライデン」を購入し朝6時にセット。まるでどこかで火事があったかのような爆音も数日もすれば慣れ、BGMと化し、自分が起きる前に両親が起きるというなんとも親不孝な朝を迎え続けていたが、

東洋医学に触れ内臓の特徴を知るうちに、もてない男だった頃に早起きできなかったのは当たり前だったのだとようやく気づかされたのだ。

毎日毎日がっつりパソコンに向かい酒を飲みながら延々ネットを見ていたのがその原因だ。

東洋医学的に、目と『肝』はつながっているため、パソコンやスマホで目を酷使するほどに『肝』に負担がかかり、もちろんアルコールを飲む程に『肝』で解毒する分負担はさらに増加。

『肝』は血を貯蓄する機能を持つが、本来の調子が出せなければ、全身に張り巡らされた血が、夜になっても『肝』に充分に戻せず、しっかりと休めないために熟睡できず、徐々に早起きが苦手になっていく。

最近の子ども達は夜ふかしが多いと聞くが、その原因の多くはパソコン、スマホにより目を酷使しているからだろう。(もちろん食生活も大きな要因。)

モテる男が早起き後トップギアに入れられるたった1つの理由

モテる男が起きてすぐにトップギアに入れられる理由、

それは、

もちろん、

ドドーン!

『双龍門気功法』だ。

『双龍門気功法』に取り組み、肝強化の『セイシュ』『虎の目』『カイゴウシリョク』に愚直に取り組む事で、『肝』の本来の機能を取り戻す事が可能。

気を充実させる事で血を脳にまで円滑に循環させるからこそたやすく早起きもでき、速攻でトップギアにギアチェンジ、1日の流れを瞬時にシミュレーションし、片っ端から片付ける凄腕となりえるのだ。

自己啓発本がどれだけ早起きを奨励していたところで、続けなければ宝の持ち腐れ。モテる男は内臓が充実しているからこそ、質の高い睡眠とセットで、朝からトップギアで活躍できるのだ。

添加物たっぷりのワンダモーニングコーヒーなんぞを飲むくらいなら、『双龍門気功法』で内臓を鍛えた方がよっぽど効率的だ。

PS.
『双龍門気功法』に既に取り組まれている方は、本日はBコースに挑戦しよう。

● Bコース(発生ありVer)

  • 『木醒水舞~準備功~』 5分
  • 『セイシュ』3分
  • 『虎の目』3分
  • 『シュー発声法』3分
  • 『チュー発声法』3分
  • 『開合試力(カイゴウシリョク)』3分
  • 『ねじり返り功』 3分
  • 『明鏡止水~収功~』 5分
     (合計28分)

● Bコース(発声なしVer)

  • 『木醒水舞~準備功~』 5分
  • 『セイシュ』5分
  • 『虎の目』5分
  • 『開合試力(カイゴウシリョク)』5分
  • 『ねじり返り功』 5分
  • 『明鏡止水~収功~』 5分
     (合計30分)

適切に『肝』を鍛える事で血行促進を促し、これまで早起きが苦手だった人にも効果がでてくるだろう。結局の所愚直に繰り返す事こそがモテる男への最短の道なのだ。

『双龍門気功法による毎日の実施気功例』(真田孔明・作のPDFファイル)

青木四郎の『双龍門気功法』レポート(PDFファイル)

青木四郎への直メッセージはfacebook個人ページへ

この記事を書いた人

青木 四郎
『双龍門気功法』に出会うまでは、天然ボケ、物忘れが多い、遅刻が多い、仕事中も集中力が続かない、事ある毎に上司に注意されうつ気味、夜のスタミナに自信がない、好奇心が薄れ何をしても冷めている・・・と誰が見てももてない男の一員だった。

仕事で失敗しても上司に口ごたえすることもできずに、帰宅後発泡酒とハイボールを飲んでストレス解消しなまけもののような日々を送り、健康診断ではメタボ予備軍と言われダイエットに取り組むものの1週間と続いた試しがなかった。

が、『双龍門気功法』に取り組んでわずか4日後・・・明らかに下半身が今までと違う感覚を覚えた。眠れる獅子が悠久の時を待っていたかのように熱く燃え上がるかのように、仕事でも集中力の違いを感じるように。

現在は、『双龍門気功法』の鍛練を通じ昼も夜も余裕たっぷりにアグレッシブに活動できている実体験を元に、女性はもちろん、年齢、性別、趣味、職業、国籍を超えた「モテる男」の育成のため『モテる男の肝腎気功強化部』を立ち上げ、『双龍門気功法』の伝達に日々努めている。

無料動画プレゼント

夜中に子供が急な発熱!その場ではおでこを冷やし、翌日病院で解熱剤をもらってくる・・・なんてことしてませんか?

実は、東洋医学の知識が少しあれば、『スプーン』を使って、しかもたった10分程度で熱を冷ますことが可能なのです。

今すぐ無料メルマガに登録して、動画プレゼントを確認してみてください。

無料動画プレゼントを今すぐ確認する

関連記事

モテる男は風呂上がりにコーヒー牛乳を飲まない

モテる男は風呂上がりにコーヒー牛乳を飲まない

テレビの影響か、親の影響か、はたまた友達の影響か。 物心ついた時から、銭湯に行けば必ず選んでいた飲

記事を読む

モテる男は同じロマンを目指す仲間と語り合う

モテる男は同じロマンを目指す仲間と語り合う

モテる男の条件は、女性にはもちろんの事、年齢、性別、職業、趣味、国籍を超えて“人間”にモテる事。その

記事を読む

モテる男は『新・3大悪の帝国』には屈しない

モテる男は『新・3大悪の帝国』には屈しない

昼も夜も精力的に活動し、女性だけでなく、年齢、性別、職業、趣味を越えた、”人間にモテる男”にとって、

記事を読む

気功の効用はまだまだ序の口にすぎなかった・・・

気功の効用はまだまだ序の口にすぎなかった・・・

東洋医学研究所の研究員、紅夏さんと、双龍門第76代師範代:黄龍英先生のお弟子さんと、Vlogなど今後

記事を読む

もてない男は経験に学び、モテる男は歴史に学ぶ

もてない男は経験に学び、モテる男は歴史に学ぶ

バブルを知らずにすくすくと育ったもてない男だった僕は、中学生の頃に起きた阪神大震災やサリン事件を筆頭

記事を読む

モテ気が見えなくてもモテるのがモテる男

モテ気が見えなくてもモテるのがモテる男

数ヶ月前、ある気功の本がでると知り、リサーチもかねて早速Amazonで購入した。 "恋愛のメカニズ

記事を読む

呼吸法でモテるには○○が不可欠!

呼吸法でモテるには○○が不可欠!

・・・ついに時代が我々に追いついたのか・・・ アラフォーあたりのモテる男愛用雑誌といえば”LEON

記事を読む

モテる男は味覚が敏感だからこそ一流たらしめるのだ

モテる男は味覚が敏感だからこそ一流たらしめるのだ

年末になると毎年恒例の地元行事がいくつかある。近所のお参りスポットの準備もその一つ。 人一人がかが

記事を読む

祖母へのプレゼントは健康志向なのがモテる男流

祖母へのプレゼントは健康志向なのがモテる男流

数ヶ月前の事。 すっかり健康志向になった彼女から、ドラえもんもびっくりの便利アイテムの存在を知った

記事を読む

双龍門気功法 第6回トレーニングセッション

双龍門気功法 第6回トレーニングセッション

2014年11月29日。 第6回トレーニングセッションが東京は秋葉原で開催。 当日はグランドマス

記事を読む

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑