東洋医学の理解に欠かせない陰陽五行説を理解する②

公開日: : 最終更新日:2014/08/06 東洋医学でうつ病は改善できる理由

東洋医学の理解に欠かせない陰陽五行説を理解する②

うつ病を西洋医学的に自分で克服することは非常に難しいが、東洋医学的には自分・家族・恋人が自ら予防・克服することは可能である。

その基になるのが陰陽五行説であるが、そもそも「陰陽説+五行説=陰陽五行説」である。

そして前回は陰陽説について語らせていただいたので、今回は第二回目として五行説を語らせていただきたい。

五行説

そもそも太古の人々にとって自然界は恐怖と恵みを自分達にもたらしてくれる畏怖の対象であった。

自然現象は時として人々の予測を超えて計り知れない厄災を引き起こしてきたことは歴史が証明している。

そんな時、古代の人々はどうにかして自然界に法則性を見出し、これから始まるであろう事態を予測し、できればそれを回避したいと考えたのであった。

代表的な自然現象が四季変化であるが、人々はそれを詳細に観察し法則を見出し、自然現象のみならず、医療や文化、政治や占いなどあらゆる事象に応用できるのではないかと考えた。

具体的には、まずあらゆる森羅万象は5つの要素に分類でき、その5つの要素が互いに変化したり、また相互に影響したりして成り立っているという1つのモデル系を仮説として立てた。

すると、これまで蓄積したあらゆる事実や経験則が、その仮説にのっとって考えればすべてクリアに説明できることが明らかとなり、これを五行説と名付けた。

五行説は、木・火・土・金・水という5つの要素から構成されているが、その一つ一つを簡単にみてみよう。

「木」は、木の花や葉が幹の上を覆っている立木が元となっていて、樹木の成長・発育する様子を表す。季節でいえば春であり、色でいえば青、内臓でいえば肝臓や胆嚢を表しているのが、「木」である。

「火」は、光り煇く炎が元となっていて、火のような灼熱の性質を表す。季節でいえば夏であり、色でいえば赤、内臓でいえば心臓や小腸を表しているのが、「火」である。

「土」は、植物の芽が地中から発芽する様子が元となっていて、万物を育成・保護する性質を表す。季節の変わり目である土用であり、色でいえば黄色、内臓でいえば脾臓や胃を表しているのが、「土」である。

「金」は、土中に光り煇く鉱物・金属が元となっていて、金属のように冷徹・堅固・確実な性質を表す。季節でいえば秋であり、色でいえば白、内臓でいえば肺や大腸を表しているのが、「金」である。

「水」は、泉から涌き出て流れる水が元となっていて、これを命の泉と考え、胎内と霊性を兼ね備える性質を表す。季節でいえば冬であり、色でいえば黒、内臓でいえば腎臓や膀胱を表しているのが、「水」である。

これらだけでなく、世の中のあらゆる出来事が五行に分類することができ、それによってあらゆる現象も説明することが可能である。

当然ながらうつ病をはじめとする病気や医療は、森羅万象に含まれているので、五行説を完全にマスターしていれば、その克服法を知るのは容易いことなのだ。

追伸

すぐにでもうつ病を克服したい方は以下の5日間無料講座で必ず勉強していただきたい。

うつ病のためのクイックメール講座

この記事を書いた人

木村 隆
医学部在学中より中国伝統医療、東洋医学(中医学)に興味を持ち、そのセルフヘルプ効力の程に感動を覚え、独学で勉強をすすめる。

現役の「精神科専門医」として都内有名大学病院で診療・研究を続けながらも、西洋医学のみのうつ病治療、日本の漢方薬治療に不全感を感じていた。本物の東洋医学(中医学)の師となるドクターを探し求める内にマレーシアジョホールバルで東洋医学(中医学)を用いた医療活動を行っているドクター黄龍英氏の噂を聞きつけ、教えを乞うために現地に訪れる。

実際の対話後、その治療技術と見識のレベルの高さに驚愕し、以後中国伝統医療である東洋医学(中医学)を真剣に学ぶ決意を固める。何よりも沢山の患者さんに「うつ病」を改善してもらうために。

無料動画プレゼント

夜中に子供が急な発熱!その場ではおでこを冷やし、翌日病院で解熱剤をもらってくる・・・なんてことしてませんか?

実は、東洋医学の知識が少しあれば、『スプーン』を使って、しかもたった10分程度で熱を冷ますことが可能なのです。

今すぐ無料メルマガに登録して、動画プレゼントを確認してみてください。

無料動画プレゼントを今すぐ確認する

関連記事

うつ病克服のための大きな武器である気功体操を始めるにはどうしたらいいのか?

うつ病克服のための大きな武器である気功体操を始めるにはどうしたらいいのか?

うつ病は国民病である上に、いまや慢性疾患と考えられており、しかもお薬による治療があまり効かないばかり

記事を読む

現代人の間違った食生活を陰陽五行説で斬る④

現代人の間違った食生活を陰陽五行説で斬る④

うつ病の代表的な症状は気分の落ち込みや興味・関心がなくなることであるが、食欲の低下というものも典型的

記事を読む

うつ病に対する西洋医学最新治療のどこが問題なのか?

うつ病に対する西洋医学最新治療のどこが問題なのか?

うつ病であった母の闘病記を通して私は精神科医になったのだと再度痛感したが、やはりこの経験は絶対に無駄

記事を読む

うつ病には運動療法よりも「気功」をすすめる訳とは

うつ病には運動療法よりも「気功」をすすめる訳とは

「うつ病を患ったら、仕事などのストレスから遠ざかり、心身ともにゆっくりと休養すること」、これはうつ病

記事を読む

うつ病を私がなぜ取り上げるのか

うつ病を私がなぜ取り上げるのか

うつ病の予防・克服のための学校を運営してしばらくたつが、改めて私がなぜうつ病を取り上げるに至ったのか

記事を読む

うつ病克服のための「双龍門気功法」は7月26日にマスターすべし!!

うつ病克服のための「双龍門気功法」は7月26日にマスターすべし!!

うつ病の治療は様々であるが、陰陽五行説に基づく東洋医学において、食事や生活習慣と並んで効果的とされて

記事を読む

マクロビオティック (Macrobiotic) ではうつ病が良くならない理由

マクロビオティック (Macrobiotic) ではうつ病が良くならない理由

うつ病と陰陽五行説に基づく東洋医学の有効性について常日頃発信しているが、その中でも食事は重要な役割を

記事を読む

マクロビオティック (Macrobiotic) を取り入れていたスティーブ・ジョブズ氏の死因を検証する

マクロビオティック (Macrobiotic) を取り入れていたスティーブ・ジョブズ氏の死因を検証する

うつ病に関するありとあらゆることを日々探求している私木村隆であるが、本日はうつ病とは一見関係なさそう

記事を読む

現代人の間違った食生活を陰陽五行説で斬る②

現代人の間違った食生活を陰陽五行説で斬る②

うつ病に限らず我々の健康を保つためには食事が重要であるのは言うまでもないが、その食事を我々はあまりに

記事を読む

東洋医学の理解に欠かせない陰陽五行説を理解する④

東洋医学の理解に欠かせない陰陽五行説を理解する④

うつ病になったとき、まず病院に行くかもしれないが、精神科医師から処方されるお薬だけではなかなか良くな

記事を読む

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑