バイアグラの副作用に怯えながらもやめられないドクター

公開日: : 最終更新日:2014/10/03 東洋医学が生み出した気功体操研究

バイアグラの副作用に怯えながらもやめられないドクター

「先生、変な錠剤混ざってたんですけどご存知です?」

「いや、何だろうね、見覚えないね。」

「じゃあ捨てておきますね~。」

「そうだね。」

これは知人の看護婦からきいた実話。

先生からの処方箋をうけ、いつものように錠剤をわけていると、見覚えのないクスリがじゃらじゃらと目に入った。

オレンジのクスリもあれば白い薬もあり、サイズも様々。今まで見た記憶もなく、どうにも検討がつかない。

ひとしきり患者さんへの応対がすんだあと、あらためて先生に聞いてみた。

看護婦「先生、あのおくすりなんだったんですかね?」

ドクター「・・あーあれね。実はね、、(小声で)バ、バイアグラだね。」

看護婦「えっ!?そうなんですかっ!!?」

ドクター「しーっ!しーっ!」

看護婦「・・なんでさっき言わなかったんですか?もう捨てちゃいましたよ。」

ドクター「・・だって嫁がそばにいたからさ。」

看護婦「(あぁ)・・先生、あれ飲んでるんですか?」

ドクター「いや、僕じゃなくて、浅間先生からお願いされてね。」

看護婦「浅間先生・・まだ30代だったような、、そうなんですか・・」

ドクター「・・・」

看護婦「・・・」

ドクター「・・・」

看護婦「・・・とってきたほうがいいです?」

ドクター「うん、ちょっと、ゴミ箱から探してきててもらえない?」

なんでもドクターの特権をフル活用して、オレンジ色のカメムシみたいな例のブツをあっさりと入手したそうで。

ドクターはもちろんバイアグラの副作用で心臓に負担がかけるというのは百も承知なので、その副作用を抑えるためにさらなる薬も調剤してあるそうで。

いや~怖い怖い。

何が怖いって、事あるごとにバイアグラに頼り続ける事になるって事。

その度にじわじわボディーブローのように肝臓腎臓にダメージが蓄積されていく事に。

医者の不摂生というかなんというか。

どうやら最近『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』というドラマが秘かに流行っていたらしく、そういうのを求める層は確実に存在してはいるんだろうけど。

地位も名誉も備えたお医者さんともなれば、それはそれは数多の昼顔が寄ってくるんだろうけど。

他人様の密会なり情事については本能と理性の間でうまいことやってくれればいいと思うけども、その度にバイアグラに頼るってのはねぇ。

それこそ夕日にでも向かって『双龍門気功法』に取り組んで『腎』をしっかり鍛えていれば、バイアグラなんぞに頼らずとも夜の帝王になれるというのに。

(そういえば最近『【秘】モテる男の肝腎気功強化部』にも、夜が強くなったというお便りいただきました、ありがたいことです。)

事ある毎に数千円発生するバイアグラセットに比べれば、『双龍門気功法』は本当にプライスレスだよなぁと思うわけです。

バイアグラドクターにも早く気づいてほしいのだけれど。

PS.

青木四郎の『双龍門呼吸法(双龍門気功法)』レポート(PDFファイル)

>>東洋医学研究所公式メールマガジン<<

この記事を書いた人

青木 四郎
『双龍門気功法』に出会うまでは、天然ボケ、物忘れが多い、遅刻が多い、仕事中も集中力が続かない、事ある毎に上司に注意されうつ気味、夜のスタミナに自信がない、好奇心が薄れ何をしても冷めている・・・と誰が見てももてない男の一員だった。

仕事で失敗しても上司に口ごたえすることもできずに、帰宅後発泡酒とハイボールを飲んでストレス解消しなまけもののような日々を送り、健康診断ではメタボ予備軍と言われダイエットに取り組むものの1週間と続いた試しがなかった。

が、『双龍門気功法』に取り組んでわずか4日後・・・明らかに下半身が今までと違う感覚を覚えた。眠れる獅子が悠久の時を待っていたかのように熱く燃え上がるかのように、仕事でも集中力の違いを感じるように。

現在は、『双龍門気功法』の鍛練を通じ昼も夜も余裕たっぷりにアグレッシブに活動できている実体験を元に、女性はもちろん、年齢、性別、趣味、職業、国籍を超えた「モテる男」の育成のため『モテる男の肝腎気功強化部』を立ち上げ、『双龍門気功法』の伝達に日々努めている。

無料動画プレゼント

夜中に子供が急な発熱!その場ではおでこを冷やし、翌日病院で解熱剤をもらってくる・・・なんてことしてませんか?

実は、東洋医学の知識が少しあれば、『スプーン』を使って、しかもたった10分程度で熱を冷ますことが可能なのです。

今すぐ無料メルマガに登録して、動画プレゼントを確認してみてください。

無料動画プレゼントを今すぐ確認する

関連記事

人口削減計画に屈せず東洋医学で内臓を鍛えるのがモテる男

人口削減計画に屈せず東洋医学で内臓を鍛えるのがモテる男

先日Facebook経由で、ある投稿が目についた。 政治や軍事等話題は多岐に渡り、全てをそのまま鵜

記事を読む

モテる男はロマンをロマンで終わらせない

モテる男はロマンをロマンで終わらせない

先日友人の呼びかけで、全員同い年たった4人の男だけの食事会に参加した。 参加者は僕と、 新婚子

記事を読む

もてない男はファーストフードが腐らない事を知らない

もてない男はファーストフードが腐らない事を知らない

先日Facebookで、マクドナルド、ロッテリア、モスバーガーのハンバーガーが何日間腐らないかという

記事を読む

泡醤油なんてわざわざ選ばないのがモテる男

泡醤油なんてわざわざ選ばないのがモテる男

先日Facebookで”舞妓さんの泡醤油”なる記事を発見。 元々は、舞妓さんの着物を汚さないために開

記事を読む

モテる男はお土産コーナーでも原材料をチェックする

モテる男はお土産コーナーでも原材料をチェックする

中学からの同級生近藤君のリクエストで、神話の地、宮崎は高千穂で2人ぶらり旅。ひとしきり落ち着いた後は

記事を読む

コンビニ給食が蔓延すればもてない男が量産される

コンビニ給食が蔓延すればもてない男が量産される

昨日、現役西洋医の木村たかし先生による投稿に思わず目を疑った。恐れていた事が、本当に起こりそうな予感

記事を読む

モテる男にとってコンビニの価値はトイレとATMだけ

モテる男にとってコンビニの価値はトイレとATMだけ

ネットバンクに入金するため、久しぶりに近所のセブンイレブンに向かった。 東洋医学(中医学)に出会う

記事を読む

花粉症の予防もかねて内臓を鍛えるのがモテる男

花粉症の予防もかねて内臓を鍛えるのがモテる男

モテる男が小学生の頃、それはそれは重度の花粉症に陥っていた。 学校に行くときも、授業中も、帰宅中も

記事を読む

モテる男はエステ嬢の尋問も華麗にかわす〜正しい水分摂取量

モテる男はエステ嬢の尋問も華麗にかわす〜正しい水分摂取量

東京に住んでいた20代前半の頃の事。 当時知り合ったエステ嬢の影響か、目の下のクマや鼻の毛穴の黒ず

記事を読む

藤巻幸夫さんの死因を知り内臓ケアを怠らないのがモテる男

藤巻幸夫さんの死因を知り内臓ケアを怠らないのがモテる男

先日、結いの党・藤巻幸夫参院議員が亡くなったというニュースが流れていた。享年54歳。あまりにも若い。

記事を読む

世界一痛いあしもみに意味はあるのか?
世界一痛いあしもみに意味はあるのか?

レッツ足もみ!ファンファンファン(笑) ひまでしたので「足もみ」と入

イベントのお楽しみは懇親会にあり!
イベントのお楽しみは懇親会にあり!

渾身の懇親会 イベントの開始時間が遅いこともあり、イベント終了頃には

イベントは参加することが重要です。
イベントは参加することが重要です。

気功&デトックスイベントレビュー1 こう見えてアロマとか好きです。単

タントウコウは正しく行なおう
タントウコウは正しく行なおう

外はバリカタ、中はモチモチ 今回のイベントは女性向けだと思っていまし

那波さんのイベント終了しました。
那波さんのイベント終了しました。

那波さん気功イベントレビュー 本日はブログ投稿日ではありませんが、興

基礎中の基礎は「継続」
基礎中の基礎は「継続」

いまさらですが・・・基礎が大切です。 那波さんが気功と香りと音のイベ

気功イベント&タントウコウの調整
気功イベント&タントウコウの調整

タントウコウの調整 私は気血水のめぐりのための足反射区健康法と氣の充

気功イベント開催!!
気功イベント開催!!

那波さんが4月に気功のイベントを行います。 気功に関しては彼女の方が

足反射区健康法でのしつけ(笑)
足反射区健康法でのしつけ(笑)

順番待ちができない子供たち・・・ 最近、ちょっと疲れています。 足反

足反射区健康法をしながら氣をこめる
足反射区健康法をしながら氣をこめる

足もみ人生 私の住む静岡にはタムタムという 足もみ屋さんがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑